黒人医師による差別公開 | 魔法石の庭3rd

黒人医師による差別公開

 久しぶりにモンステラ(大)の根っこを見てみたら、えらいことになっていました。
531

 上から斜めに伸びているのと、奥のやつ、二本とも気根です。なんか、以前は「カタツムリに寄生する虫みたい……」とか思っていたのですが、ここまで伸びると「ゴボウみたい」ってなりますね。
 ちなみに、ゴボウは、戦前に欧米から捕らえた捕虜にゴボウ料理を食べさせたら、「木の根を食わせるという虐待を行った」として処罰されたという話があります。日本人はその頃、サツマイモの茎までを食べていた頃ですから、捕虜としては破格の扱いだったんですけどね。あっちの人ってゴボウ食べないのか……。

 これだけ立派な気根が生えるというのも、モンステラの特徴の一つなのだとか。
 というのも、モンステラは野生ではこの気根を使って別の木に巻き付きながら成長するので、立派でがっしりとした気根が生えてくるのは自然のことらしいです。
 見栄えがあまり……という人は、切ってしまっても構わないそうですが。

 もっと大きくなると、さらに気根が増えます。だいたい、一節に一つ、気根が生えるそうです。
 このモンステラは、多分ペルツーサかな?と予想していますけど。現在、二本でモンステラというと、このペルツーサが最も流通している種類だそうです。

 今日辺りから、アメーバのニュースサイトで、こんな記事を読みました。
 飛行機の中で、ドラマなんかではよく「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか?」という場面がありますが、とある女性医師が手を上げたところ、乗務員が「ああ、もう大丈夫なので、お手を戻してください」と。
 しかし、再度アナウンスが流れ、医師は再び、今度は乗務員の集まっている所まで行って「私が診ます」と言ったところ、同じ乗務員に「あなたではなく、本物の医師を探しています。医師免許はお持ちですか?」と。

 その女性医師が戻って医師免許を持ってこようかと思っていると、白人の男性がやってきて、「僕が医師です」と名乗ると、あっさりとその場を通されたそうです。

 そう。その女性医師は、黒人だったのです。それで、医師はぷつりと切れて、「あなたはスチュワーデスとして最低なことをしている。白人の医師を求めているのならアナウンスで言えば良い、できるものなら!黒人だから医者になれないなんてことはないし、あってはならないことだ!」と。
 その騒ぎで、やっとその乗務員は「大変失礼な真似をしました……」と謝罪。そして、謝罪金としてマイルを差し出すことを提案しましたが、「私は金が欲しくてそういうことを言ってるんじゃない。あんたの航空会社に対して、人種差別をした乗務員がいるという研修制度に文句をつけてやりたい」と言います。

 現在、その黒人医師は航空会社を相手取って裁判中だそうです。
 また、この出来事で、ツィッター上では「黒人医師による団体を作ろう」「差別のない医療機関を」といった動きが高まってきています。

 他の記事を読むと、日本人も「イエローがいる」とわざわざのぞき込んできた子供がいたり、ひったくりに遭い、怪我をしているのにパトカー内で「あなたは日本人?中国人?ビザは就労ビザじゃないんだろ?困るんだよね、最近不法ビザでアメリカに来る東洋人が多くて」と言われたり。
 後者は、それまでたどたどしい英語でやりとりしていましたが、ぷっつんと切れてから、自分でも驚くほど流暢な英語で「それは私がオリエンタル(東洋人)だからですか?オリエンタルは不法ビザを使っていて、ひったくりに遭っても構わないと?警察がそう言うんですか?疑うのなら就労ビザを持ってきて見せますよ。私が、きちんと法の下で働いていることをあなたたちに見せて上げます!パトカーで送って貰わなくても結構です!ここで下ろしてください!その前に、あなたたちの所属と名前を教えてください!」とまくしたてたそうです。
 
 人種差別っていうのは、日本にいると単一国家の時代が長かったからか、あまり話題になりませんね。
 しかし、そういう差別はまだ海外では根強いそうです。実際、日本のアニメや漫画が好きな外国人の中では、「うちは親が白人主義だから、有色人種の作った作品を観ることを禁じられてるんだ。だから、親が寝た後にこっそり観てる」なんて子もいるらしいですし。
 もちろん、「区別」と「差別」は違います。でも、差別というのもなかなか根深い問題なんだなあと思います。

 でも、ちょっと前までは、黒人差別はもっと酷かったらしいですけどね。未だに白人主義の人間とかいるんだ……って思ってしまったのですが、そういう家庭も中にはあるんだろうなあ。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示