2018年03月の記事 (1/3) | 魔法石の庭3rd
FC2ブログ

2018年03月の記事 (1/3)

ローズヒップオイルを酸化させない方法

 多分、とっくに酸化してるであろうローズヒップオイルですが……。
「他の、ホホバとかオリーブとかの酸化しにくいオイルと混ぜると、酸化が止まる。光毒性(日光に当たると肌に悪い)もなくなるし、臭い(ローズヒップはサバみたいな臭いがする)も、1%くらい精油を入れるといい」との情報から、「じゃあ、今持ってるマッサージオイルと混ぜたらどうよ?」と、やってみました。
881

 混ぜるのはこの2つ。ローズヒップは、1/3くらい残ってます。
 マッサージオイルは、肌に付けることを前提としているので、成分表を見るとオリーブオイル・えごま油・ホホバオイル・精油となっています。
 これを、ローズヒップの容器にとぷとぷと注ぎ、あとはシェイクするだけ!簡単!

 マッサージオイルは、体に使っていたので、顔に付けるのはどうかな~?と思ったのですが、これが結構良いです。
 塗ってる間、サバの臭いがしない~と。肌荒れするかも……とも心配したのですが、大丈夫。もっと早く気づいていれば、ローズヒップもみすみす酸化させずに済んだのに……と悔しがっています。

 こういった、キャリアオイルの弱点を別のキャリアオイルと混ぜることでカバーすることもできるんですね。
 逆に、混ぜてはいけない種類ってあるの?と思われるかもしれませんが、私は今のところないですね。マッサージオイルに色々入っていますが、そこにローズヒップを混ぜても特に気になりません。

 むしろ、光毒性のせいで夜間にしかローズヒップを使えなかったのが、日中も使えるようになって嬉しい!効果は、確かにローズヒップ100%より劣るかもしれませんが、それを補って余りある効果があると思います。
 
 いろんなオイルを少量ずつ買って、自分好みに混ぜて作るのも良いかもしれませんなあ……。化粧水作りも楽しいし。
 オイルって、あんまり消費しないんですよ。顔に付けるのも2~3滴ですしね。だから、ローズヒップなんかの酸化しやすいオイルだと、どうしても酸化させちゃうんですね。
 でも、この「酸化しにくいオイルと混ぜると、酸化が止まる」っていう方法を使うと、それぞれのオイルのいいとこ取りで使えるんです。

 そういえば、話変わるんですけど、母が裁縫を始めました。
 といっても、布買ってきて、型紙作って~という方法ではなく、いわゆるリメイクです。父の、使わなくなったシャツが20枚くらいあって、父は「捨てていいよ」と言ったらしいのですが、「こんなに良い生地のシャツなのにもったいない!」と母の「mottainai精神」に火が付き、ちくちくリメイクしています。
 今のところ、祖母と私と母で2着ずつ作っています。まあ、素人ですので、外に着ていくにはちょっと……と思いますが、部屋着としては涼しくて今の時期良い感じです。

 しかし、母が裁縫をねえ……。前までは編み物とかはしていたのですが、裁縫はもっぱら祖母が昔の足踏みミシンでやっていました。なので、裁縫とかはまったくノータッチだったのです。
 東北の叔母は、それこそ型紙から作るほど器用なので、「○○ちゃんに見せたら笑われるレベル」と母は自虐していましたが。
 
 なんか、母は、仕事辞めてから楽しそうです。お金はなくなったんでしょうけど、母が楽しそうなら、おかずが減ってもまあいいか、と思います。
スポンサーサイト



ボケの花が咲いたよ

 昨日の私→日本酒(アル添)飲んで、無事死亡。
 やっぱ、アルコール添加は私には合わん……。純米酒なら3~4杯飲んでも翌日には響かなかったのに。

 でも、1800mlを買っちゃったので、何も用事がない日に飲んでいきたいと思います。

 さて。ボケの花がどんどん咲いてきています。
880

 これを愛でながら酒飲むのがまた美味くてね……。ついつい2杯3杯と飲んでしまうわけですわ。以前までなら、部屋から見える景色に桜があったので、夜桜を見ながら飲めたんですけど。

 ボケって、花が散った後も実がなるらしくて、2度美味しいらしいです。
 実も、食べられるそうですよ。観て良し、食べて良し。
 
 白いボケって神秘的ですよね……。
 買ってきて1日で、蕾が何個も膨らんで、このように咲いてしまう花もあります。植物の花って儚いけど、それもまた良いです。桜も「3日見ぬ桜」といって、「3日で散ってしまう桜」の意味があります。今のうちに写真撮っておきましょうか……。でも私、古い写真消しちゃうから意味はないかも。ブログにアップロードしてある写真が最後ですよ。

 あと、メダカも元気です。
 今、何匹くらいかな……数えてないのでわからないのですが、ちょっと数は減りました。
 ミナミヌマエビが全滅したので、水槽の苔を取るのが結構大変です。ミナミちゃん、仕事してくれてたのね。

 定期的に水替えしてあげると、水槽が綺麗に保てるので良いと思います。
 まあ、本当は、バクテリアが沸くのを待って、バクテリアが分解して水質を保つって方法が良いんでしょうけど、私は水全取り替えしちゃいますねえ。それで、容態が急変するメダカは今のところいないような。
 
 時々、メスが追いかけてくるオスを嫌がって、ぴちゃんと跳ねるので、虫かご水槽は結構良いです。蓋付きだし。
 メダカも、恋をするんですよ。卵を産む際に、好みじゃないオスからは逃げるのです。そして、その群れの中に好みのオスがいない場合、卵詰まりして死んでしまうこともあります。
 命をかけたロマンスなんですね。

 ボケの花も、秋頃も見られるらしいので、剪定する際には花芽(見ればわかる、とのこと。先っぽが丸い)を切らないように注意、だそうです。
 うちのボケは、かなり強剪定されているので、私が手を加える必要はないかな、と思います。いやー、酒が進みますなあ!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

春を愛する植物たち

 何ヶ月かの時を超えて……今!盆栽復活!
879

 ボケの花です。本当は赤い花のが欲しかったのですが、赤は咲ききっちゃってましたから。
 白いボケも良いですね。まだ蕾が沢山付いているので、これから咲いてくれるのだと思います。

 今まで買ってきた&見てきたボケの盆栽って、ぽつぽつとしか花が咲いてなかったので、「ボケってこういうもんか」と思っていたのですが、こんなにばーっと咲くボケもあるんですね。幹も太くて、非常に質の良い盆栽だと思います。

 あとは、今年の冬を越せなかった植物を片付けて。私のプロフィール画像のハオルチアも枯れました。一ヶ月くらい水やらなくて、それでもぷくぷくしてたので、油断して「ならまだいっかー」と水をやらなかったら、ある日突然枯れました。
 後から考えると、「そりゃ枯れるわな」ってことですが。サボテンはまだ大丈夫です。思いっきり冷気当たるところに置いてあるのですが、枯れてませんねえ。

 それと、ぼちぼち桜が咲き始めました。でも、桜を見るところがだいぶなくなってきてしまったのです。
 昨夜、林先生の番組でやっていたのですが、「桜の害虫であるカミキリムシが繁殖しているため、他の地域の桜を守るために伐採されている」のだそうです。薬とかでやっつけられれば良いのですが、カミキリムシは木の内部に入り込んでしまうので、薬剤を散布しても効果はないのだとか。
 厄介な虫ですね……。
 これも昨夜のテレビ情報なのですが、「甘いトマトの水耕栽培」をしている女性農家さんが、「虫は、見たことある虫なら平気になりました」と言っていました。農家とかガーデニングしてると、虫とは切っても切り離せないですからねえ。
 そして、その女性農家さんは、雇っている人も皆既婚女性。そして、子供が小さい人ばかり。
「働きたい人が働けるような環境にしたい。そして、急に子供が病気をしても休めて、帰るのも定時の5時で終わり。それなら、そのまま保育園に迎えに行ける」のだとか。

 農家って休めなくて大変なイメージあるのですが、その女性農家さんはそういった農家のイメージを覆した人なのだそうです。
 
 さて、ボケですが、開花時期は3~5月、それと、10~12月と2回あります。
 バラ科なので、とげがあるようですが、私の買ってきたボケにはありません。ボケにもとげがない種類があるのかも。
 
 他の植物たちも、春の陽気で目を覚ましつつあります。水やりも、2日に1回だったのを、1日1回にしようと思います。
 アジアンタムは、ちりちりになったり芽を吹き返したりを繰り返していますが、根っこはまだ大丈夫な様子。
 ビカクシダが元気で、胞子葉をぐんぐん伸ばしています。
 春ですねえ……。皆、すくすく育てよ……と思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

大吟醸「日本盛」

 ついに手に入れました!大吟醸酒!

 大吟醸とか、吟醸とか、純米とか色々とありますが、その製法は米の磨き方にあります。
 米の、本当に中心まで磨くのが大吟醸。その間が吟醸。純米は、ほとんど磨かずに造ります。
 ただ、大吟醸だからってアルコール添加していないわけではなく、あくまで米の磨き具合によりますね。そこのところは、純米酒とか「純米」と付いていると、アルコール無添加になります。

 今回の大吟醸は、アルコール添加。まあ、1700円くらいだったので、そんなもんでしょう。
 878

「日本盛」の大吟醸ですね。
 というか、最近の私のブログが酒ブログになりつつあって、やだ……このブログ酒臭い……ってなるかもしれませんが、そんなの関係ねー!
 
 さて、吟醸酒には、独特の「吟醸香」と呼ばれる香りがします。
 私が飲んだ限りだと、フルーツみたいな……フルーツに甘酒を入れたみたいな、何とも言えない香りがします。
 なんか、酒の味というよりは、香水みたいな……。受け入れられない人には受け入れられない香りだと思うので、「大吟醸が臭くて飲めない」って人もいると思います。

 でも、これ、香料じゃないんですよ?純粋にお米の発酵した香りです。
 純米酒と吟醸が米の精製具合で変わるのに、香りもこれだけ変わるんです。日本酒って不思議ですよね。

 純米酒と吟醸だと、香りの抜け方がまず違います。
 純米酒があっさりしていて飲んでから香りが抜けるのが早いのに対して、吟醸は酒が胃に入ってからも香りが続きます。これも、好き好きですね。

 そういえば、スーパーでカート押しながらおつまみなんかを物色していると、知らんおっさんが横に来て、ぶつぶつ「これはダメなんだよなあ」とか言い始めました。
 私の経験上、そういうおっさんに職場にいるときのような空気対応をすると、ロクなことにならないのを経験上知っているので、すーっと離れました。金貰って職場行ってるのもしんどいのに、知らんおっさんの相手なんかしてられないです。
  
 で、その後も色々と商品を見て、それから会計に行ったら、なんと!おっさんが私の後ろにぴったり付いてきたではないですか!嫌な予感的中。
 でも、さっさと会計を済ませて、帰ってきました。60代くらいのおっさんは、何故30代くらいの女にまだ相手されるほどの魅力があると思ってるんだ……。そんなの無理に決まってるでしょ。年収2000万とかあるのならともかく。
 
 そうそう、吟醸酒の「吟醸香」は、それで胸焼けする人もいるそうです。というか、私も2杯くらい飲んだら胸焼けしました。
 吟醸酒は、一気に飲むものではなく、ゆっくりまったり飲むものなのかもしれませんねえ。

アルコール添加でも美味しければ良いのだ

 昨日の、焼酎の味しかしなかった、土佐鶴。
 今日飲んでみたら、ちゃんと米麹の味しました。そこにいたのねー!って感じです。

 でも、やっぱりアルコール添加は頭痛くなります……。単に寝過ぎっていうのもありますが。昨日、夜8時から11時まで寝てて、それでも今朝5時くらいまで寝ましたからね。
 美味しく飲めるんですけど、体質に合わない。まあ、あんまり飲み過ぎないってのも条件の一つかもしれません。

 アルコール添加っていっても、焼酎ですからね。そんなに化学物質とかではない。でも、酒はちゃんぽんすると酔いが回るっていうのは有名ですし、ちゃんぽん状態なのかなー?とも思います。
 
 そもそも、アルコール添加が悪い!と言い出したのが有名漫画「美味しんぼ」だそうで。
 美味しんぼはいろんなところにケンカ売ってるからなあ……と思いつつも、私は別に「アルコール添加は毒!体に悪い!」とは思ってません。ただ、私の体質に合わないだけってことです。
 
 そういえば、土佐鶴は、アマゾンでは2000円くらいしてました。私が1700円で買ったので、儲けたぜ!と。
 まあ……アマゾンの酒類は、今、プレミア付いてるものばかりですからね。そんなもんでしょう。皆さんも、地元の銘酒を手に入れたら、アマゾンで調べてみて、金額を見て悦に入る遊びをすると良いですよ。エアチャームみたいな?

 ともかく、土佐鶴は一晩寝かせると美味しかったです。アルコール添加は、大吟醸なんかにも添加されているので、高い酒は添加されてないってわけでもないですね。調べてみたら、八海山とか獺祭もアルコール添加されてるっぽいので。

 つまり、「こまけーこたぁいいんだよ」ってことです。
 酒が美味い。これ以上のことはないです。美味けりゃいいんです。

 ふー、ようやく頭痛いのもなくなってきました。やっぱ、寝過ぎで頭痛かったのか?
 だったら、アルコール添加酒も飲めるってことですが。可能性が広がるのは良いことです。
 しかし、これで大瓶3本目……。私はあんまり量は飲まないので、瓶1本で一週間は保ちます。あと、パック酒もあるので、何から手を付けたら良いのやら。
 頑張って飲もう。

 ともあれ、土佐鶴の新酒は美味しかったです。
 でも、何故に関東圏のスーパーで高知産の新酒が売ってるのだ……と疑問ですが。ずーっと前のやつじゃないよな?とラベルを見ても、昨年12月製造って書いてありますし、12月の酒なら新酒には間違いないです。
 今度は無濾過の濁り酒とかどぶろくにも興味あるんですが、アマゾンはプレ値ついてるからなあ。高いんですよ。
 地道に探すしかないですね。

アルコール添加の日本酒

 ちょっと遠くのスーパーで、こんなの売ってました。
877

 土佐鶴の新酒です。ちょっとサイトを見てみたら、12~3月の限定商品みたいですね。
 日本人は好きですよねー、「限定」とか「新酒」とか。まあ、私も日本人なんで好きなんですけどね!
 フランスでは、ボジョレーはあくまで「今年のワインの出来を見る試飲用」であり、日本のように1000円以上でありがたがって買っているのがばからしいみたいです。フランスは、ワンコインで買えるのがボジョレーだそうで。

 さて。
 土佐鶴ですが、これは純米酒ではありません。アルコール添加してあります。
 でも、新酒の魅力には敵わなかったよ……ということで、ちょっと試飲しました。

 ……うん、アルコール。それしか言うことはありません。
 そういえば、昔、じいちゃんが晩酌してた酒は、皆こんな味だったな、と懐かしくなります。やっぱ、じいちゃんの酒はアルコール添加だったのね。
 アルコール添加も、良いところもありますが、私としては「日本酒にアルコール添加すると、日本酒の香りが消えちゃうなあ」です。

 そもそも、アルコール添加の「醸造アルコール」とは、化学薬品とかではありません。
 醸造アルコールは、いわば「焼酎」です。トウキビなどから造られた焼酎を何パーセントか混ぜているのですね。

 アルコール添加する理由にもいくつかあり、
・口当たりを良くする
・これ以上発酵が進んで、酒が酸っぱくなるのを防ぐ
・アルコールでかさましする
 というのがあります。
 まあ、3つめは、現代ではあまり使われていない手法らしいですが。戦後の混乱期に、純米酒が手に入りにくい層の人がアルコールでかさましさせた酒を飲んでいたそうです。

 ただ、私は純米酒の方が好みですねえ……。
 ちなみに、この「土佐鶴」は中辛らしいですが、飲んでみた限りでは辛口でもいいような。
 焼酎は度数が高いので、アルコール添加されると日本酒も辛く感じるようになるんですねえ。

 そういえば、中島らもさんの「今夜、すべてのバーで」で、主治医と消毒用のエチルアルコールで乾杯する、というシーンがありました。
 その主治医曰く、「医者はこれを飲んでいる」と。ちなみに、飲むと目が見えなくなるのはメチルアルコールです。メチル=目が散る と覚えると良いでしょう。
 
 でも、アルコールだけって、美味しくなさそうですよねえ。
 やっぱ、美味しく飲んでこその酒だと思います。「酒なら何でも良い」になっちゃうと、立派なアルコール中毒ですよ。

日光匠蔵

 記事、2回も消えて私オワタ状態。
 3回も同じこと書くのだるいので、微妙に変えていきます。

 最近、コンビニのマヨコーンパンが好きです。というのも、マツコが「マヨコーンパン、一時期狂ったように食べてたわ」と懐かしがっていたので、試しに食べたらはまってしまったという感じです。
 マヨネーズとコーンの組み合わせを考えた人は神だと思います。というか、マヨネーズが美味しければ大体美味しいのだとは思いますけどね。マヨラーではないのですが、ブロッコリーとパンにはマヨネーズだと思います。

 あと、昨日はお酒飲んで寝てました。すみません。
875

 昨日一杯やり始める前に撮った写真です。
「日光匠蔵」の純米酒。あと、つまみにツナ缶。
「このツナ缶、油っぽいな」と思って食べてたら、ツナ缶って油抜きしてから食べるんですね。……無知。
 確か、金田一か何かで、「ツナ缶にこより状にしたティッシュを浸し、火を付けるとランプの代わりになる」というのがありましたが、そんな知識ばっかりや。お前は、そんな知識ばっかりや。
 そんなサバイバルな状況に陥ったら、まずツナ缶は食うだろ。ランプ以前に食うだろと。

 さて、この「日光匠蔵」、日本酒で言うと辛口です。
 瓶の酒は、そういう表記がしてないんですよねえ……。でも、焼酎よりは辛くないです。
 焼酎の甘口と、日本酒の辛口とでは、焼酎>>日本酒 って感じですね。
 日本酒の辛口ってあんまり好きじゃなかったんですけど、ウイスキーと焼酎を経てみると、日本酒は断然甘い!

 あー、でも、安い日本酒には、「糖類添加」とかもされてるんですよねえ。
 アルコール添加はまあ良いとして、糖類添加はどうなの……?とは思うんですけど。味が変わっちゃう気がしますねえ。
 すごい酒になると、アルコール添加・糖類添加・香料添加とか、もはやそれ、日本酒の本来の味ではないのでは……と思う酒もあります。なので、日本酒を始めたいのなら、純米酒かアルコール添加ぐらいにしておきましょう。私は、アルコール添加でも後から頭痛するので、純米酒を飲んでいます。

 こうして、空けないままパックや瓶が増えていくので、さらに汚い部屋が汚くなるわけですね。
 もうダメなのかもしれない。私はもう、片付けられないので良いです。もういいや。ずーっと汚い部屋で暮らすんだ。

純米酒「松竹梅」

 コンビニに売っていた、「松竹梅」の純米酒を頂きます。
 874

 この純米酒は、中辛で香りは淡麗となっています。
 パック酒は、こういうのがちゃんと明記されているので良いですね。今時のオサレな瓶の日本酒は、辛口なんだか甘口なんだか一目でわからないのが多いので。

 ちなみに、今まで紹介してきた日本酒は、ほとんどが純米酒ですが、別に純米以外でも美味しければ良いと思っています。
 皆さん、お好きな酒を飲めば良いんじゃないでしょうかねえ。
 私の場合、体質で、アルコール添加を飲むと、翌日頭痛がするので、純米酒を飲んでいますが、これは体質ですからねえ。だからって純米酒信者ってことではないです。アルコール添加でも美味しい日本酒はあると思いますし。

 あと、純米でも、辛口はあまり好きではありません。
 うちのじいちゃんが辛口好きだったのですが、子供の頃、ご相伴にあずかった際に、「辛い……」と思ってしまい、日本酒=辛いという図式が未だにあるんですよ。
 辛い日本酒は苦手です……。だから、今流行の「淡麗辛口」とかは好きじゃないです。なので、純米酒で、甘口~中辛程度となると、自然と飲める日本酒は限られてしまいますね。

 松竹梅の純米酒は、1000円くらいで手に入る、いわゆる「安酒」に入ります。
 でも、安くてもそれはそれで美味しいよね……と思います。以前、両親がお正月のお屠蘇用に八海山を買ってきたのですが、あれは私には合いませんでした。日本酒はホント好みですからねえ。

 さて、この松竹梅ですが、口に含むと、日本酒特有のすっきりとした透明感のある香りが広がります。できれば、飲む前におちょこやグラスから立ち上る香りを堪能して頂きたい。
 飲み込んだ後も、その爽やかな香りが立ち上ります。
 セブンイレブンのプライベートブランドの商品なのですが、美味しいです。松竹梅は老舗ですしね。

 ちなみに、私の飲んでいる「米だけの酒」は、意外と某所では高評価でした。「安くて、どこでも手に入るのに、美味しい」のだそうです。コスパが良いんですね。
 
 しかし、私、ちょっと前まではぐい飲み一杯でフラフラになるくらい酒弱かったんですけど、今はぐい飲み3杯くらいは余裕です。「酒は、飲めば鍛えられるってのは間違い」というのは、私もそう思っていますが、やっぱ好きなものを飲んでると大丈夫になるのかなあ、とは思います。好きこそものの上手なれって言いますしね。

プラチナルチル

 つ、ついに、プラチナルチルを手に入れてしまいましたよ!
 指輪ですが……高かった。でも、ダイヤとかパライバよりはマシなので、大盤振る舞いじゃ!がっはっは!
873

 一見、「ん?」ってなりますよね。ちなみに、両端はダイヤとルチルとセブンストーンリングです。
 水晶の中に黒っぽいのが見えるのが、ブルッカイト。そこから猫の毛のように繊細にシルバーの針が出ています。それが、プラチナルチルの特徴です。

 そもそも、ルチルというのは「金紅」という意味なので、それ以外の色のルチルはルチルって言わないんですけど……。まあ、そこのところは、今では日々新しいルチルが出てきていて、あんまり考えなくても良いようにはなってます。まあ、針入りの水晶全体をルチルクォーツと言っても別に良いんじゃないかと。今はね。後世になってからトパーズのように新しく名前を付けて貰えば。

 さて、プラチナルチルは、まさに「棚からぼたもち」の金運を司っていると言われます。
 財運の中では、横財運といって、お金に関するラッキーが向こうからやってくるという……怠け者にとってはこれ以上ない石です。高いですけどね。

 財運では、正財運(頑張れば頑張った分だけお金が増える)がタイガーアイ、もしくはシトリン。偏財運(ギャンブルとか。いわゆるあぶく銭)が金ルチル。そして、横財運(タナボタ的。お金の方からやってくる)がプラチナルチルだと言われますね。
 そして、高価な順にもタイガーアイ>金ルチル>>プラチナルチル です。プラチナルチルといってもグレードは様々ですから、プラチナルチルなんだか何なんだかわからないような石なら2000円くらいで買えます。でも、せっかくですから、綺麗なのが欲しいのは人間の性(さが)。私は、ブレスレットと指輪を見比べて、「ブレスはゴムブレスだから1年くらいで劣化するけど、指輪は劣化しない」と判断して指輪を買いました。

 でも、ホント、この指輪の針の出方が、うちのみーちゃんの毛色にそっくり。みーちゃんはシャムの血が入ってて、顔と耳が黒くて、その他は白っぽいんです。……年配の人(祖母とか祖母の友人とか)は、「こ汚い猫」と言ってますが、まあ、祖母もツンデレですからね。私に関してはヤンデレですけど。ゴミ袋漁るのって普通なん……?それが嫌なので、自分でゴミ捨てに行ってますが。

 プラチナルチルには、是非その能力を存分に発揮していただきたい。
 私は怠け者なので、楽して金が手に入るのならそれほど幸福なことはないです。楽して儲けたいのよ~。でも、株とかFXとかは手を出してません。ああいうのは情報戦ですからねえ。結局は頭良い人が勝つのよ。
 
 そういえば、「射幸心(いわゆるギャンブルを楽しむ精神)がないのは動物では猫だけだ」という興味深い実験結果が発表されていたそうです。
 人間から犬、鳥やマウスまでの幅広い動物で、「何も娯楽のない状態で、ボタンを押せば必ず餌が出てくる装置と、数回に一回の確率で餌が出てくる装置とでは、猫以外は数回に一回の装置の方を押し続ける」のだとか。対する猫は、「必ず餌が出てくる装置」を一回押して、満腹になるとぷいっと背を向けてしまったそうで。

 猫は、ギャンブルを理解できないバカか、それとも真実を確実に見抜く頭脳の持ち主なのかは今後の実験次第でしょうねえ。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
にほんブログ村

アル中予備軍の私より

 昨夜は、更新しないでごめんなさい。
 今日は仕事が……ってわけでもないです。仕事休みにしましたし。

 そう、昨晩は、日本酒3杯飲んでついつい気持ちよ~くなってしまいましてね。
 ぽかぽかしているうちに寝てしまった、という有様でした。

 酒ブログやっててなんですけど、以前、ふたばで紹介されていた吾妻ひでおの「失踪日記」が面白くてですね。
 手元に本はないんですけど、アマゾンで中古が安くなってたら買いたい次第です。

「失踪日記」には、吾妻さん自身が体験したアルコール依存症・絵が描けないのでお金がない・ホームレス、といった段階を踏んでしまっています。
 そういえば私、中島らもも読んでましたな。アル中は文豪。

 失踪日記内には、手が震えて「あはは、アル中かな?」と吾妻さんは笑うのですが、冗談じゃなくて、本当にアル中なのです。とにかく、寝ている時以外は飲む。コンビニで安酒の小さいパックを5本買って、手が震えているのを悟らせないようにさっとお金を渡します。
 で、公園で1パック飲んで、そうすると全能感が出てきて「なんでもこーい!」状態になって、市民プラザで無料の出し物を見ながら飲む、映画を観ながら飲む。そして、家に帰った後は既に酔っ払いができあがってしまっているので、寝込んでしまいます。
 それからは、アル中が更に悪化して、とにかく胃に何か入れると吐いてしまうので、飲むのは酒と水だけという状態に。

 いやー……こう書くと、なんか深刻そうな作品かと思われますが、何せエッセイ漫画ですし、そういうのが悲惨さを全く感じさせずにコミカルに書いてあるのです。
 私は、今のところは昼酒はなるべくしないようにしていますし、休肝日として1日空けたりします。でも、確かに飲んでると、ふわ~っとして気持ちよくなるんですよねえ。気をつけねば。

 さて。
 それでは、皆様、しばしお手を拝借。
 まだ日中なので、ジュースやお茶でも良いです。アルコールは節度を守ってね。
872

 乾杯!

 私?私は良いんです。休みだし。昼から酒飲むってのも乙なものですからねえ。
 これから、私がアル中になったら、「ほら言ったろー!」と笑ってくだされ。
 
 ちなみに、近年、女性のアル中患者ってのは増えてきているらしいですよ。女性も酒を飲むようになりましたしねえ。男性より女性の方がアル中になりやすいって統計もあります。
 気をつけたいものですね。