2017年05月の記事 (1/4) | 魔法石の庭3rd

2017年05月の記事 (1/4)

エアープランツ:土の要らない不思議な植物

 昨日なんですがね。職場まで母が送ってくれたのですが、いつも職場近くの社務所?みたいなところの駐車場で(といっても、車4台くらいで一杯になるくらいのレベル)母の到着を待っていたんです。
 そしたら、なんか知らんけど一人だけのガキ(私は、子供は子供と呼ぶけど、躾のなってない放し飼い野犬みたいなのはガキと思っている)が、自転車にまたがったまま、じっとこっちを見ていました。で、なんか知らんけど、自転車で社務所の周りをぐるぐる回っていて、またガン付けしてくる感じ。
 正直、その時点で嫌な予感はビシバシしてて、早くあのガキどっか行ってくれないかとスマホを見ているふりをしていたら、そのガキ、近くに寄ってきてはダン!と足を踏みならすのです。私がシカトしていると、また自転車で回ってきてダン!何回でも回ってきてダン!みたいなことをやってくるのでしたが、私はひたすらシカトしていました。

 母が来て、車に乗り込んで去る間も、ガキはじーっとこっちを見てて、きっしょく悪いガキだったなー……という感想を抱きました。
 っていうか、親戚のクソガキ共に、冠婚葬祭の時にちょっとニコッとして相手をしていたら(暇だったので)、それにつけあがったガキ共が毎週のようにうちに来て、部屋に入ってくるようになったので、そういうガキには自分が後々責任を負えないのなら、シカトするしかないんだよね。と思ってしまった次第です。
 
 まあいいや。
 で、母の送迎してくれる時は、ちょっと離れたショッピングモールに行くんですけど、そこのダイソーで良い感じのを見つけました。
712

 吊りかごにぶすっと挿してあるんですけど。シュガーバインの吊りかごです、はい。
 これ、「チランジア イオナンタ」といいます。近頃100均でも取り扱うようになった、いわゆる「エアープランツ」ですね。根から養分を吸収せず、どこにでも置いておける便利な草です。
 
 といっても、このエアープランツが売り出された当初のうたい文句、「水も土も要らない草」というのは、間違いです。
 確かに土に植える必要のない草なので、色々とディスプレイの幅は広がるのですが、水は要ります。エアープランツの表面は、蝶の鱗粉のようになっており、そこから水分を吸収します。
 なので、1~2週間に1回、もしくはこの季節は毎日でも良いので、霧吹きで株がびしょびしょになるまで水をかけてあげます。それと、1ヶ月に一度は、瓶や風呂桶などに水を張り、そこに浸ける「ソーキング」という世話をしなくてはなりません。
 そして、それらの水やりを行った後は、プランツを逆さまにして、ぶんぶんと振って、水気を飛ばします。特に、葉っぱと葉っぱの間に水分が残っていると、腐る要因になります。

 というのも、私、エアープランツ育てるの3回目なんですよね……。ずーっと初期の頃に、母からプレゼントされて、「水も土も要らないのか-」と放っておいたら枯れました。そりゃそうだ。
 2回目は、玄関に飾っておいたら、祖母に捨てられました。それもそうだ。
 3回目の今は、なんとかクランプ(新芽が出ること)状態に持ち込みたいところなんですけどねえ。

 株の入手方法は、100均・ホムセン・ネット販売がありますが、100均やホムセンの株はどうも、十分な世話がされていないので、ミイラ状態になっていることが多いようです。たまに、エアープランツマニアが大量に買っていくこともありますけど。
 このチランジアは、100均にしては元気な方でした。色艶も良いですしね。時々、100均では「300円商品」ということもありますが、エアープランツは大概100円で買えます。ちっちゃいですけどね。
 
 しかし、土が要らないということは、肥料も要りません。水だけ霧吹いて、時々ソーキング。そんな感じのゆるい育て方で良いので、なかなか人気があるようです。
 ちなみに、ソーキングの際の注意点は、ソーキングの最適な時間は6時間ということです。その倍、12時間以上水に浸けたまま忘れていると、哀れ溺死してしまいます。
 ソーキングもやりすぎには注意、ですね。

 盆栽やアジアンタムほどには手を掛けなくても良いけど、ちょっとは手を掛けた方が良くなる。
 そういう植物なんですね。なので、マニアも多いですよ。一時期、ダイソーがエアープランツの販売を始めた時は、置いて3日ほど経つと、もう売れてるって感じだったらしいですし。
 エアープランツ、おもしろす!
スポンサーサイト

シュガーバイン:吊りかごでインテリアに(ただし気難しい

 シュガーバインの全容が撮れません……。60cmも蔦が降りてると、確かに撮れないかもしれませんねえ。
709

 これが限界。引いて撮ると、汚い部屋が写っちゃうので嫌なんです。じゃあ掃除しろって話ですけどね。
 しかし、ネットでは、「60cmもあって300円とか裏山シス」って言われていたりします。なんで?と思ったら、普通は60cmも成長しない、ピンピン跳ねてるぐらいのシュガーバインらしいんですね。売られているのは。
 でも、そういうのは大抵雑貨屋などの、植物専門じゃない所で買ったものだと思うので、ホムセンなんかも巡回ルートにすると、もさもさのシュガーバインが売られている時期があると思いますよ。

 園芸上級者になると、「ホムセンの苗は弱っていたり、栽培方法が間違っているので、買わない方が良い」と言われていますが、私は別に大丈夫だと思います。ホムセンじゃなかったら、上級者さんはどこから買ってるのだろう……と思うんですけど、そこんところ答えてくれないんですよねえ。

 さて、シュガーバインをもっと近づいて写してみると。
708

 こんな感じですね。葉っぱが全部裏側になってますが……それぐらい、下の方が重いんですよ。だから、葉っぱがひっくり返っちゃうんですね。
 シュガーバインは、花言葉が「愛情」なので、結婚式のグリーン系ブーケなんかにも使われます。花嫁さんで、「緑系ブーケができて、シュガーバインが使われていたので『私も育ててます』とコンシェルジュに言ったところ、『シュガーバインが分かる花嫁さんは初めて』と驚かれたそうです。
 
 でも、書いた通り、雑貨屋なんかでは、涼しげなので夏前なんかには売られていたりするんですよねえ……。皆、育て方を調べたりしないのだろうか。ただの「インテリア」として扱うのも、まあ、分かりますけど、育て方を調べてみて、そこから植物趣味にどっぷりハマるのも人間、心が豊かになる気がするんですけど。

 さて、シュガーバインは、あんまり水をあげすぎても根腐れを起こすそうです。
 直射日光もダメ。夏以外の季節はカーテンのレース越しぐらいの光で過ごし、夏場は室内の明るい場所に移動させます。
 吊りかごがあれば、簡単に家具などに提げられるので、お勧めです。どうせ、伸びるし……。

 なので、吊りかごで飾ると、インテリアとしても機能します。ただ、シュガーバインは気難しいので、ちょっとしたことで枯れたり葉っぱを落としたりするので、大変は大変ですよ。

 でも、涼しげなので、買っちゃうんですよね~。これはもう魔力です。魅了のスキルを持っているのがシュガーバインとアジアンタムだと思っています。お互い頑張って育てましょうね。

シュガーバイン:60cm伸びる蔦

 うー……昨日、4時間くらいしか寝てなくて、頭痛いです。
 それまで10時間は寝てたからなあ……。急に睡眠サイクルが変わるって辛いですね。何だろう?5月病?もう6月ですが。

 で、今日、2つめの植物買い物。シュガーバインです。
707

 これだと直射日光が当たって良くないらしいので、この後吊りかごは室内に移動させました。
 うちのオサレ衣装置き(店の衣類ディスプレイみたいなやつ。正直、でかくて収納もあんまりできないのでめんどくさい)が初めて役に立ちましたよ……!吊りかごが室内に吊せますからねえ。

 あ、でも、統合失調症の陽性症状(ぽーんと「オラ悟空!いっちょ死んでみっか!」という気分になる)で、ネクタイで首を吊ろうとした時も、このオサレ家具だったっけ……。結局、死ぬ前に暴れて家具が倒れたので、死ななかったですけど。
 うちの前の主治医(すごくいい先生。自立支援もこの人が手配してくれた)に、「実は首を吊ってしまうんですけど……」と話したら、最初は「首が攣るの?薬のせいかな?」と勘違いされたので、「いえ、首をこう……(ジェスチャー)」とやったら、「ええ!?」とすごく驚かれて、「良くなってきてると思ったんだけどねえ……そっか……薬を変えようね」と言われ、めでたく「統合失調症」の病名と、メジャートランキライザーを出して貰えました。その薬で、今はなんとかなってます。

 さて、メンヘル話はどうでもいいや。読み飛ばした人はここから植物の話です。
 シュガーバインというのは、シュガー(砂糖)バイン(蔦)という意味です。その名の通り、葉の裏側に蜜線を付け、砂糖のように甘い蜜を出すのです。
 うちの方だと、3号ポットで300円くらいだったかな……。かーなーり茂っている方で、「ホームセンターの管理で、ずーっと日陰なのになんでこんなに元気なの!?」と思いましたが、シュガーバインは日光に当てると葉焼けするらしいんですよね。
 だから、夏場は明るい室内に置いた方が良いそうで。

 ちなみに、茂りすぎて、ホムセンの通路にまで枝が伸びていたので、ちょっと高めの位置にあった、元気そうな株を選びました。株によっては枝が思いっきり踏まれてるの見ましたし……。
 でも、ホムセンの管理はそれで良かったらしく、一つも茶色く枯れているものはなかったです。やっぱ、これからの季節は、多少日陰でも遮光した方が良いんですね。

 このシュガーバイン、1mくらい蔦が伸びています。普通、シュガーバインはメートル単位で計るものではなく、間延びしてしまったら下葉が落ちるらしいんですね。でも、この株は元気。3号鉢でもさすがシュガーバインだ、なんともないぜ!ってなってます。

 大手の植物育成サイトでは、「初心者向け・簡単」とされているようですが、掲示板では「何度買っても枯れる」「置き場所を変えると枯れる」「毎日水やってると根腐れする」と、結構難しい植物に入るようですね。今の季節では、毎日水をあげても良いらしいですけど、冬場なんて5日に1回とかの水やりで済んでしまうらしいです。
 しかし、冬場でも乾燥した部屋にあると、「葉っぱに異常が出て、色々試して根っこを調べたら、表面だけ湿っていて中の方まで水分が行き渡っていなかった」という話もあります。
 冬場は3日に1回くらいがちょうど良いのかも。

 しかし、このシュガーバイン、伸びます。もう60cmくらい伸びていて、「よっぽどホムセンの環境が良かったんだなあ」とは思います。
 写真に収めようとしても、収まりきらない蔦の量……。へへ、嫌いじゃないぜ!

 これからが植物の踏ん張りどころ。といっても、梅雨明けぐらいが「ここからが本当の地獄だ……!」なんですけどね。
 室内園芸は、面白いです。

タデの苔玉盆栽

 行きつけのホムセンで、こんなの買いました。
706

「苔玉盆栽」ってやつですかね。800円くらいでしたよ。
 これに植えられている植物は、ほとんどが「水切れ厳禁」なものらしく、だから苔と共生できるそうです。
 他に、「観葉植物の土」も見つけましたが、重いので今は買わなくてもいいかなー……と思いました。
 
 あと、シュガーバインも買ったのですが、その更新は夜に。
 
 さて、この樹木の名前は、「タデ」と書いてありました。タデというと、ことわざの「蓼食う虫も好き好き(辛いタデの葉を食べる虫もいるので、好みは人それぞれという意味)」のタデですね。
 そのことわざ通り、タデの葉には辛みがあり、日本料理に添えられていることが多いようです。魚の塩焼きとかね。特に、鮎との相性が良く、「タデ酢」といってタデの葉を刻んで酢に漬け込み、それを鮎料理に添えるのだそうで。

 「蓼食う虫~」ですが、外国から日本に里帰りした日本人妻たちが、「絶世の美女」だと思うのが「研ナオコ」さんだそうで。
 なんでも、海外では、アジア人女性は目が細くしゅっと幅が広くなっていて、肌の色が健康的に焼けていて(これは研ナオコさんには当たってませんが)、エラが張っていて、そばかすが浮いている女性が「アジアンビューティー」に感じるのだそうです。
 なので、日本人妻としてブログを書いている人は、「色黒だとか一重だとかコンプレックスを持ってるあんたたち!シンガポール(その人はシンガポール在住)じゃあ、それは美人の証拠よ!世界中探せばあんたの顔がどストライクだって男は沢山いるのよ!!だから胸張っていきなさいよ!!」と。

 実際、ロンドンハーツで、様々な国の男性に「女装した男性・ニューハーフ・女芸人」の中で最も美しいと思う顔を選ばせる時に、女芸人軍に必ずハリセンボンの春菜がいるのですが、アフリカ系の人が来ると「春菜!!あんたアフリカでは絶対王者なんだから!!」と出され、アフリカの人も必ず春菜を選ぶのです。なんでも、あっちの人は、ぽっちゃりが美女の証なのだとか。

 あー、さて。タデのことですね。
 最初、「タデ」で検索した時、「藍染めの原料」とか出てきたのですが、それはまた違う植物だそうです。藍蓼といって、草花なんですね。
 樹木のタデは、「ホンタデ」もしくは「ヤナギタデ」と呼ばれています。
 なかなか栽培している人は少ないのですが(栽培は容易だけど、庭木として植えてあるところが多いので、あんまりタデを中心には考えないらしい)、「湿潤な土壌を好む」とか「水はたっぷりと。直射日光には当てても良いけど、土壌を乾かさないように」とか書いてありました。
 
 ほえー……だから苔玉にしても大丈夫なんですねえ。苔玉の苔って、生きてるんですよ。生きてる苔を、丸く整えて、紐でぐるぐる縛ってあります。
 ハイゴケだったかミズゴケだったかが使われていたと思います。ただ、樹木が成長して頭が重くなるとひっくり返る予感……。そしたら、紐をほどいて土に植えた方が良いんでしょうかね。

 あと、色々ホムセンで苗を見ていたら、パクチーがありました。
 パクチーね……私は食べたことない、と思っていたのですが、匂いをかいだら、これ知ってる!となりました。
 なんだろう……アジアンのカップラーメンか何かで食べた記憶があります。うん、でも、嫌いな匂いじゃないですよ。「カメムシの臭い」って言われていたので、「あの臭いの香草が流行ってるって一体……」と思っていたのですけど、普通に美味しそうな匂いだと思います。
 アジアン料理店(特に、タイ料理)では、「パクチーとタイ料理は切っても切れない」と言われています。「パクチー増し増し」というメニューもあるそうですし。
 でも、うちの母は嫌いって言ってました。美味しそうだと思うんですけどねえ。そういえば、西原理恵子さんもタイで生活してた時に「マイサイ、パクチー(パクチーを入れるな!)」が一番最初に覚えた言葉だって書いてありました。嫌いな人はホント嫌いなんでしょうね。

イチゴ育成中5 それと、手相をちょっと

 昨夜、母と「浮気をする人の手相」の話をしていて、母の手相を見せて貰ったら……あ、アブノーマル線があるじゃない!!
 アブノーマル線というのは、人差し指と薬指の間をUの字に繋ぐ線で、「人と違う、変わった物事を好む」という線であり、また、「夜のプレイでもアブノーマルなプレイを好む」という線でもあるんですよねー……。
 正直、知りとうなかったばい。夜の生活のことは伏せて、「人と違うものが好きみたいだよ」と言っておいたんですけど。嘘ではない。

 あと、看護師だからか、モテ線もありました。モテ線は、運命線に斜めに入っている線のことです。母は「モテたことないわよ」と言っていましたが、物心ついてから、ストーカーみたいな人にいきなり腕掴まれたり、結婚したいという人が2人くらいいたと聞いているので、「逆サバだな」と思ったんですけど。
 
 ちなみに、私も浮気率高いらしいです。浮気ぼくろ(鼻の下にあるほくろ)ありますしねー。あと、手相ではモテ線と自由線がありました。モテ線って……ネット恋愛とか職場のおじさんに惚れられたりとか、嬉しくないんですけど。自由線というのは、「空の雲のように自由気ままにくらしたい人の線。習慣などに縛り付けられることを好まない」という線で、これは手のひらの結婚線などのあるずーっと下の方に表れる線です。
 あと、母と私で共通していたのは、「情熱線」と「頭脳線の長さ」。情熱線というのは、感情線の先がぐぐーっと急激に上がっている線で、その名の通り「情熱的で、一つのことに夢中になると周りが見えなくなる線」だそうです。
 しかし、私も母も頭脳線が長く、2又(私の場合、3又)に分かれているので、その線の意味を強めます。なので、一旦情熱的になっても、時々すうっと感情が冷めて、理論的になることがあるようです。

 さて、「ここは占いブログなのか?」って感じなのですが、イチゴの栽培の経過をば。
705

 紅茜、優秀です。ちょっと裏側からも日光を当てたら、こんなに赤くなりました。
 紅茜も、もう一個収穫したのですが、食べてみたら酸っぱいけど、ちゃんとイチゴの味がしました。四季なりはええのう……。
 ちなみに、酸っぱくて食べる気があまりしないイチゴは、ジャムにする以外に、深めの皿に適量を取って、スプーンで潰し、牛乳と砂糖をお好みの量加えることで、「ミキサーを使わないイチゴミルク」の完成です!
 イチゴミルク、美味しいんですよねえ。見た目も美味しそうなので、お勧めの食べ方ですね。

 でも、スプーンで潰す作業が結構つるつるして大変なので、最初からジップロックなんかのポリ袋に入れてもみもみすれば良いのかも知れません。
 元々、熟して柔らかくなってしまったイチゴを食べるための調理法ですからね。摘み立てはもみもみと、蓄積された怒りを叩きつけてジップロック越しに麺棒なんかで叩いても良いかも。

 で、思いついたんですけど、平野レミが以前ニンニクの皮むきでやってた、「ガラス製のボウルの底でガツン!」が応用できるかもしれませんね。うちで買ったイチゴは、そのままでも美味しかったので、全部食べてしまいましたけど。これからなるイチゴも、そんなに沢山採れる訳じゃないですからねえ。

 というか、庭のブルーベリーがものすごい勢いで実を付けているので、ちょっとびびります。ブルーベリーは収穫したらすぐ母がジャムにしちゃうんですけどね。
 ブラックベリーは……祖母が、「古い枝を切って新しい枝を残す」と再三言っていたのに、古い枝を残して新しい枝を切っていました。ばあちゃん……。
 でも、一応根元から花が咲いていますけど。さすがヨーロッパでは雑草扱い。たくましいですね。

箱庭療法に植物を

 うちのメインPCのCドライブがメモリ満タンになりそうだったので、色々と対処しました。
 ピクチャ関係をDドライブに移したり。ずーっとやってなかったディスククリーンアップしたり。TEMPファイル消したり。
 まあ、同じくCドライブの容量ないよー!って人は、「Cドライブ 容量不足」でググってくださいまし。

 それで、色々とPCもいじって、ついでに植物関連も整理したり机の上の半日陰組の鉢の下に敷いてる新聞紙を交換したり。

 新聞紙の交換ねー……半年ぐらいしてなかったんですよ。鉢動かすのがめんどくさくて……。
 で、元の新聞紙ボロボロでした。風化しとるがなって感じで。
 元々、「新聞紙を下に敷く」っていうのは2chか何かで見た技だったんですよねえ。「受け皿があったらいいけど、受け皿より植物の鉢が多くて受け皿が足りない場合、新聞紙を敷く。水も吸収するし、一ヶ月に一回くらいで交換すれば土や落ち葉も受け止められる」だそうで。
 
 でも、半年も敷いてた……。悲しい。
 植物趣味、冬の間は動きがないんで、ついつい適当になってたんですよねえ。
 あと、夏場も、最近は仕事以外は午前2~3時くらいに寝て、何回か起きて、結局夕方の5時くらいまで寝てますし。アカン……。
 何故アカンのかというと、夏場の植物は、多肉以外(多肉も種類によっては水を欲しがりますが、基本的には夏眠するので水は切っても構わない)は朝夕の2回、水やりをするのです。朝なんて寝ちゃうよ……。

 そういえば、ドルチェベリー、持ち直しました!
 葉ダニも付いてなさそう。しなっとなっていた葉っぱもシャキーンと元気を取り戻していました。

704

 うちの「机の上、森林化計画」は順調に作られています……ククク。
 私は昔から、築100年はする家に住んでいて、その家を取り囲むように、「屋敷林」っていうのがあったのですよ。
 屋敷林っていうのは、家を強風や台風などから守る、自然の壁みたいなものです。結構敷地があったので、幼い私からするとホントに森みたいな感じでした。
 そこには、野生のカブトムシとかクワガタとかがいて、たまーに近所の子が「カブトムシ採らせてくださーい」とやって来たりもしました。

 でも……でっかいクモとか、毒虫(イラガなどの毒のある毛虫)とか、蜂もいたので、危険と隣り合わせでしたけどね……。
 一度、マムシみたいな蛇がいて、弟が木の枝でいじっていたので、「待って!それマムシかも!」と止めて、蛇は逃がしました。

 私は、その生まれ育った屋敷林を箱庭にして再現したいのかも……とかは思います。
 一番輝いてた時期ですしねえ。一人で庭で遊んでた時が、一番幸せでした。

 あと、アズコンがしなしなしてきてるのは、暑さのせいです。
 なので、暑い時期は花芽が出てくる時期なので、丸刈りにしても大丈夫らしいです。

 しかし、アジアンタムが2鉢あるだけで、森度がぐんと上がりますね!一応私もメンヘラなので、箱庭療法を兼ねて自分の理想の森を作っていきたいと思います!

ミニモンステラがミニじゃなくなった件

 一度書いた記事が全部消えましたおわた。
 結構書いてたのに……無情すぎる。あと、fc2のブログで「移動しますか?」みたいなダイヤログが出るんですけど、あれは戻るキー2回押してると無意味なことに気がつきました。

 さて、できるだけ見なかったふりをしていたあれが、ものすごく育っていました。
703

 モンステラ・ミニマ、流通名はヒメモンステラです。
 ここにきてようやく匍匐植物の兆しをみせているのですが、秋に植え替えたばかりなんですよ、これ。
 支柱を見ても分かるとおり、秋頃はあの辺が頂点だったんです。今は、ぐにょぐにょ曲がりながら生育しています。

 ……全然ヒメじゃないじゃんって話ですが、普通のモンステラはもっとえげつない伸び方をします。葉っぱがもっとでかくて、ひょろーんと伸びます。どっちかというと、茎が生長して伸びるというよりも、茎から葉っぱがにょろーんと伸びて、そこから展開する感じですね。
 
 うちのヒメモンステラは、去年の秋頃に一回り大きい鉢に植え替えてから、水だけあげていたらこんなになりました。肥料とか、全然あげてません。水だけあげててもなんとかなる。それがモンステラ。
 
 さて、「ヒメモンステラ」と一口で言っても、何種類かのモンステラのことを指していたりします。
 いわゆる本物のモンステラは「モンステラ・ミニマ」。そして、もう一種類は「アダンソニー」。
 宝石用語で言う、「ブルームーンストーンとペリステライトとホワイトラブラドライト」みたいなものなのですが、育て方は一緒なので、「どうしてもミニマが欲しいんじゃ-!!」という人以外は、アダンソニーでも「ヒメモンステラだから」と育てても大丈夫です。どうせ見分けられる人なんてあんまりいないし……。

 そういえば、ドルチェベリーの鉢を見てみたら、葉っぱがうなだれていたので、「やっぱ水やりの回数増やすか……」と思っていたら、葉っぱの隅っこに蜘蛛の巣のような糸が。
 ぴんときて、葉っぱの裏側を見ると……。

 葉ダニだー!!(ドコドコドコドコ)
 そうか、葉ダニに養分を吸い取られていたのか……と、イチゴは受粉不良でなっていなかったので、薬剤を噴射。30分くらいしてから、とどめに風呂場でシャワー噴射して葉ダニを吹き飛ばしました。

 しかし、ドルチェベリーにばかり葉ダニ被害が行って、隣の紅茜は無事っていうね……。
 やっぱ、ドルチェベリー美味しいんだろうか?と思っています。

 ちなみに、紅茜は赤くなった実を食べてみたら、今度は無じゃなくなりました。ちゃんと、イチゴの味がしましたよ。甘くはなかったですけど、酸っぱさはありました。

 植物栽培も、夏になります。
 頑張って、夏越しさせるようにしますね!

ワイヤープランツ:もさもさにしたい

 ワイヤープランツというと、「可愛くて買ってくるんだけど、いっつも水切れでダメにしちゃう」という人もいます。
 しかし!実はそれで廃棄してしまうにはもったいないのです!
 ワイヤープランツは根茎植物なので、土の下の根っこさえ残っていれば、そのまま水をやっているとすぐに復活します。「飽きた」とかなら分かりますが、「育てたいけど枯らしちゃう」っていう人は、是非ちりちりになった枝を全部切って、根っこだけにしたら水やりを続けましょう。そのうち生えてきます。

 ちなみに、ワイヤープランツは、地味だけど花も咲くそうで、果実もなるみたいです。経験者からすると、「お菓子のグミみたいな実がなる」ようで、種さえ処理できれば甘くて美味しいとか。
 ただ、「タピオカみたいに紅茶とかジュースに混ぜたりしたいんだけど、種を出すのがめんどくさくてできない」って人もいました。また、食べた人の感想では「ブドウっぽい」とか。

 ワイヤープランツは、タデ科なのですが、タデ科の植物はほとんどが強い植物ばかりだそうです。
 ワイヤープランツも、鉢植えで育てている分には大人しいのですが、地植えすると本性出すタイプだそうで。「今時珍しい大和撫子」と思って結婚した女性が、実は我が強くて結局尻に敷かれてしまうみたいなものです。「さくら大戦」のさくらみたいな?
 もしかしたら、ワイヤープランツは鉢植えとかプランターとかで育てるのが一番大人しくしててくれるのかも……。
 そういえば、大手植物の育て方サイトでは、「地植えではなく、大きくてもプランターに植えることをお勧めします」って書いてあったっけ。

 鉢植えだと、もさもさ茂るので、剪定して丸くドーム状に仕立てることも可能だそうですが。
 あと、苔玉みたいにするとか。私はよく分からないのですが、そういう円状の仕立て方もできるそうですね。ただ、「そういうのは草花のプロがすることで、素人が変に仕立てようとしてもイメージ通りにはいかない」とも言われています。
 園芸趣味とか盆栽趣味だと、それこそ30年とか50年ものの大ベテランさんがいるわけで、確かにそういう人の作品を見て「自分もできるのでは?」とか思うのは早計かもしれませんね。

 まあ、「自分もできるのでは?」が始まりでも結構だとは思いますけど、「楽して金儲け」とかは考えない方が良いです。そんなおいしい話なんてないよ……。

 さて、上から見たワイヤープランツ。
702

 今度こそ真ん中に植えたはずなのに、また偏ってますね。
 もさもさに見えますが、横から見ると結構残念です。

 そういえば、ワイヤープランツって種類があるみたいですね。
 葉に白いところのある「斑入り」、葉っぱ自体がその形になる「クラブ」「ハート」など……。
 しかし、ワイヤープランツは簡単に先祖返りするので、結局は丸い葉っぱに戻ってくることもあるそうです。斑入りも、いまだにその維持の仕方が微妙で、「日光不足」という意見もあれば、「日陰で療養させた方が良い」との言葉もあります。
 まあ、「環境による」って話です。どうやったって先祖返りするときはする。そこを覚えておくと、「違うじゃん……」とがっかりする度が減ります。

 ちなみに、ワイヤープランツは、季節外なら100均にも売っています。100均は100均で独立してるところでも、100円で買えます。小さいですけどね。
 何故、テナントだと季節外なのかというと、大人の事情で季節だと同じテナントに入っている花屋などで売り始めるので、100均からはその時期は撤退します。
 もし、「100円でワイヤープランツが欲しい」となったら、花屋に置かなくなる時期を避けた方が良いですね。あと、ダイソーとかだと、比較的大きな株だと300円になっていることもあります。花屋では200円前後で売られているので、微妙な感じですね。

ワイヤープランツ

 夢がモリモリ♪状態の半日陰組に救世主が!!
701

 正直、「ついに買ったか」と思われるかもしれない、ワイヤープランツです。
 このワイヤープランツという植物、園芸家にとっては非常によく見る種類でもあります。100均でも売ってますしね。
 しかし、ワイヤープランツって、実は枯らすの簡単なんですよ。方法は一つ!水をあげないことです。

 ワイヤープランツは植物特有の「蒸散」という呼吸?みたいなのが非常に多いのです。理由は、葉っぱが茎に対して大きく広がるからだそうで。
 人間だったら、沢山汗をかく人は、沢山水分を摂りますよね?そんな感じです。なので、夏場なんかは普通に水やりしていても水切れを起こして、アジアンタムのように葉っぱがちりちりになります。

 もし、葉っぱをちりちりにしてしまったら、一旦葉っぱのある枝を切ってしまいます。ワイヤープランツもアジアンタムと一緒で、根っこさえ生きていればどうにでもなる植物です。もっと言えば、「仕立て直し」という作業があり、その場合、ワイヤープランツの枝を全部丸刈りにして、枝が全部同じ大きさになるようにするのです。

 ちなみに、写真のワイヤープランツは、買ってきてすぐ植え替えたものです。なんか、ワイヤープランツは根詰まりしていることが多いので、ポットで買ってきたら植え替えた方が良いそうで。
 大きい鉢しかなかったのでかなり大きめに植え替えたのですが、まあ、普通に育ててたらすぐ根が張るらしいので。
 
 というか。
 ワイヤープランツって、根茎植物なので、根っこからどんどん増えていきます。わかりやすいところで言うと、ミントとかスギナみたいなものですね。
 つまり、「地植え、ダメ、絶対」ってことです。地植えにしたら最後、根っこが残っている限り、何度でも復活します。ドラクエのラスボスみたいなもんです。

 実際、グラウンドカバーで地植えにした人が、「抜いても抜いても生えてくる。植えなきゃ良かった……」という声も多いのです。
 まあ、植える場所にもよりますけどね。広い場所があるのならワイヤープランツを植えてもどうにかなると思います。

 今回私が買ったのは、100均ではなく、ホムセンの200円くらいの株です。
 というのも、このワイヤープランツが花屋などに出てきたら、100均の株が姿を消すのです。……そりゃあ、同じテナントですけど。
 多分、「大人の事情」ってやつでしょう。

 さて、水やりの頻度ですが、常に土が湿っていても根腐れになるので、割り箸を挿しておいて、それを引き抜いてみて、土が乾いているかどうかを確かめる方法があります。
「そんなのめんどい」という人は、とりあえず夏場は朝夕で1回ずつ、と覚えておけば良いと思います。
 
 あと、置き場所は、今の季節は明るい室内か、一番良いのが半日陰だそうです。
 また半日陰かよ!!って感じですが、植物ってそういう感じらしいですね。まあ、慣らしてしまえば日陰でも育つそうですが、一度は葉っぱが落ちたりするそうなので。
 
 また、森状態にしたいですねえ……。ワイヤープランツは匍匐性なので、垂れ下がるのですが。
 もさもさにして、私の目指す「森林系窓辺」にしたいですね。

家電のシンプル化

 我が部屋に~扇風機が~きた~!!

 うん、夏本番になる前に買えて良かったです。出戻ってからずーっと部屋に扇風機なくて、親に申告しても「冷房あるだろ?」と言われ、却下されていたという……。
 まだいまいち使い方とかよく分かってないのですが、使っていくうちに慣れようと思います。

 あと、扇風機組み立ててる間、「これってプラモっぽい……」とか思っていました。でも、ああいうの組むのって「運」としか思えない。それほど不器用なので、組み立てている間、何度も挫折しかけました。豆腐メンタルめ。
 なんとか組み立てて、今は部屋にあるのですが、写真はありません。ないです。だって、背景にゴミ屋敷が映り込むから……。
 皆さんは、「ゴミ屋敷とか言って、実は綺麗にしてるパターンでしょ?」とか思うかも知れませんが、本気でゴミです。扇風機置くのに片付けていたら、2010年の飴とか出てきました。……どういうことなの。

 それと、紅茜ですが、赤い実がなったので収穫して食べてみました。
 すると……無。酸っぱさも甘さもありません。本気で無。……まあ、花もイチゴも観賞用みたいな感じですしね。無でも良いです。

 ちなみに、今回買った扇風機は、3000円ぐらいの、山善のやつです。なんか、高さ調節しようとすると10cmくらいしか上がってこないんですけどね。大丈夫かこれ。
 でも、羽も大きいし、私でも一目で分かるようなシンプルな機能しかついていないので、私は好きです。最近の、すごい色んな機能ついてるのとか、ついていけん。プラズマクラスターって何。

 一応試運転したのですが、羽を逆に付けるとかというミスもなく、普通に回りました。ので、一安心です。
 この夏は、涼しかったら扇風機付けて、暑くて耐えられなかったらエアコンと、使い分けていけそうですね。

 あと、同時期に電子レンジも届きました。これ、一昨日あたりにレンジが壊れて、母から「レンジ壊れました」と通達が出されましたよ。
 今度のレンジは、至ってシンプル機能です。オーブンとかなし。でも、オーブンなんて使ってなかったしなあ……。
 
 なんか、余計な機能をそぎ落とせば、お手頃価格で買えちゃうのが良いですね。
 機能が一杯あって、説明書がスマホの説明書ぐらい厚いと、それだけでやる気なくしますしね。シンプル・イズ・ベストですよ。

 家電って、行き着く先はそうなるんじゃないでしょうか?よく使う機能とか、便利機能なら良いんですけど、「半年に一回使うぐらいの機能があってもなあ……」ってことになります。
 特に、うちのばあちゃんはメカとか全然な人なので、わかりやすい方が良い、というのもあります。

 あと、深夜植物巡回してたら、葉っぱがへなっとなってきているのが多かったです。この季節、朝晩2回の水やりしないと無理っぽいですね。すぐ用土が乾いちゃいます。
 でも、朝眠くて起きられん……。しかし、植物の為には起きなければ。

 頑張って起きるのだ~!!そして水をやるのだ!そして再び寝るのだ!ダメ人間!!