2016年12月の記事 (1/4) | 魔法石の庭3rd

2016年12月の記事 (1/4)

これで私もゴスロリちゃんだ!(ババア無理すんな

 うちの家は農家なので、結構季節の行事はちゃんとしている感じなのですが、私は……別に、なくてもいいかな?と思っているゆとり世代です。……ゆとり。今の40台前半まではギリギリゆとり!!

 それでもまあ、お正月とか年越しは、なんか、違う世界に行くみたいでわくわくしますね。しかし、12月と1月のお父さんお母さん出費ラッシュはどうにかならなかったものかね。キリストって本当は2~3月が誕生日説とかあるみたいですし。今のクリスマスは、実はケルト系のお祭りで、当時は人間を犠牲に捧げていたっていうね。北欧で、ジンジャークッキーを人型にしてツリーに飾るのは、その名残だとされています。

 でもまあ、クリスマスツリーって、てっぺんの星はベルツヘルムの星といって、キリストが誕生した証の星らしいですね。良い具合にキリスト圏と文化が混ざった結果みたいです。
 そんなこと言ってたら、ソロモンの鍵(有名な魔導書)に出てくる悪魔では、悪魔、というかただ単に慈善作業で召喚した人のために無償で働いてくれる悪魔なんかもいるんですよねえ。まあ、キリスト教が「地母神とか土着神は全部悪魔!」としちゃったからなんですけど。

 そんなわけで、今日はゴシックアクセサリー。正月も来るって言うのに、こんなん付けてて平気か?と思いますけど、日本でアクセサリーとして付ける分には良いよね。
605

 右のペンダントトップは、魔術系最大手の魔術堂さんからむか~し買った、「ブラッディムーンの吸血鬼ゴシックデザイン」。魔術堂さんは検索して見つけてね。
 裏返して見たところ、フィンランド製と書いてありました。思いっきりケルト系ですがな。
 魔術堂さんも、ケルト系のアクセサリーとか魔導書もそろえてあります。
 一緒に写っているのは、蛇のリング。これも、キリスト教からすると「知恵と策略の悪魔」とされており、ルシファーと同一視されることも多いそうです。

 しかし、東洋の文化では、「蛇は脱皮をして生まれ変わる」ということで、おめでたい縁起物とされています。
 実際、うちの母と祖母は蛇が大嫌いなんですけど、蛇に危害を加えるのはダメ!と言っています。
 なんでも、巨大な蛇が家の周りにいたら、それは家を守る主なので、みだりに接触したりいじめたりしてはいけないそうです。
 家を守るは虫類っていうと、ヤモリが有名ですが、ヤモリは害虫を補食するので家守=ヤモリの名がついています。

 ……そういえば、私、amazonでブルーダイヤの蛇リング注文してしまいました……。年明け営業で、さらにセミオーダー(リングの号数とか)なので、届くまでに2週間ほどかかるんですけどね。
 ブルーダイヤが欲しかったの!トリートメントダイヤって書いてあったけど、そんなん知るか!ダイヤはダイヤだ!

 でも、指輪で蛇モチーフ2個付けてると、重いですかね?ゴスロリちゃんだったら似合うのかもしれませんけど、こちとら外出時にはいっつもジーンズとダウンコートなので、コンビニとかスーパーとか行く時は普通にノーブラパジャマを下に着ています。
 もこもこだったらわかんないよね……。さすがに、仕事に行くときはコート脱ぐのでばっちりブラもしていきますけど。そういう問題か?

 でも、ダウンって、意外とデブに優しいです。体の線隠れるし、ダウン着てるだけで「着太りかな?」と思われるマジック。もちろん、太りすぎてたらアカンのですけどね。

 私は、学生時代に神話とか魔術系統を読んでいる時期があったのですが、ほとんど卒業しました。本も、かなりの数を破棄しましたけど。
 今ある本は、神話と、黒魔術の本が一冊ずつ。それも、本棚で「多分読まない部類」に仕分けたので、魔術関連とは遠ざかっています。

 でも、ゴス系アクセサリーはこっそり買っています。私は魔術とは切り離せないのかねえ。

 そういえば、お互いに読み合っているブロガーさん(かなりアクティブな方で、占星術とかもやっている)で、「山羊座の月はモテへん」という……。
 うーん。山羊座って、大器晩成のホロスコープなので、年取ってからモテるんじゃないかな。50になってから、おじさんにモテてもしゃーないわ!って感じかも知れませんが、私は30半ばでおじさん方にロックオンされています。山羊座の月って、おじさん好みの女なのか?っていうか、10~30ほど離れている年齢差で、どうにかなると思っているのが理解しがたい。
 ホロスコープも、読み解いていくと面白いとは思いますが、私は触り程度の知識しかないですけどね。
スポンサーサイト

自然界でモテる方法→デブになれ

 また無料漫画なんですけど、「社畜!修羅コーサク」という漫画が面白いです。
 コミックスは出てるんですけど、電子書籍なら、数十ページ無料で試し読みできます。詳しくはググると出てきますので。

 さて、内容はといいますと、東京から修羅の国・ファック岡の墓多(はかた)に転勤になったコーサク。様々なアクシデントが襲いかかるものの、東京で培った社畜精神で数々のアクシデントを華麗に突破する――という話です。
 例をあげますと、巨大台風のなかを出勤(都会のビル風に慣れている)・先輩からの風呂焚き釜の指導(「なるほど!ためになるなあ!」と言いつつ、大してメモ書きしていないのがポイント)・お局(ゴリラ)の求愛を「残念ながら、今日セックスすると最悪の運勢になると出ています」と、お局の占い好きを察して断るなど……。

 タイトルは島耕作のパロディなんですけど、中身は面白いです!福岡の人は、これで「バカにされた!」と怒るのだろうか……。

 そういえば、そろそろ年の瀬ですね。家の中がバタバタする時期でもあります。
 うちは、毎年30日に餅つき機2台回して餅つきするんですけど、やっぱつきたてのお餅は美味しいですね。農家だから、餅米を安く手に入れる事ができるのですよ。

 勝手にこっちでフォローしている、twitterの女性ゲーム翻訳者さん(私はこの人のことを結構本気で尊敬しています)のツイートで、「正月は飴餅を食べろ……」というツイートが流れてきて、「なにそれ!?」ってなりました。
 東北出身の母も知らなかったので、仙台以降北の地域限定なんでしょうかね?

 飴餅というのは、なんでも「水飴に焼いた餅をドボンと入れて、煮て食べる」だそうで。甘そう……でも、あんこよりかは甘くないか。
 おそるおそる食べてみたい気はするんですけど、水飴あったかな?生理前の「甘いもの食いたい病」で水飴舐めてた記憶がありますが。

 私はバリバリの昭和生まれなんですけど、幼い頃は普通に臼と杵で餅ついていました。餅つき器があまり浸透していなかったのと、子供に合わせて「イベント」にしたかったのかも。
 残念ながら、杵は重くて持てませんでした。後ろから父か祖父が支えて、「よいしょー!」とついておりましたよ。

 さて、今日の水槽。
602

 平和すなあ。
 ところで、「大ミナミは例外なくメス」って情報があったんですけど、本当でしょうかね?
 確かに、生き物の間では、卵を守らなくてはならないメスの方が巨大化しやすいっていうのがあるんですけどね。オスは、メスに対しては「ザー○ンタンク」扱いで、あんまり偉くないそうです。種を貰えばそれでいいやっていう。
 アンコウなんかは、メスが「産む機械」で炎上した大臣がいますが、アンコウに限っては、オスは種を提供すると、すぐにメスの体に同化します。そうすると、オスの自由意志が全て奪われ、ただ、メスの繁殖のためだけの「産ませる機械」になるのですね。
 男性の皆様は、それが楽で良いのか、じょうだんじゃねえ!って思うかも知れませんけど、自然界にはそういう種類の魚もいるのです。

 そういえば、人間でも、古代には「アマゾネス」という女性戦士だけの集落があり、そこに迷い込んだ男性は例外なく「種を貰うためだけ」に逆レイプされるそうですよ。
 マゾ男性にとっては夢のような話ですけど。でも、アマゾネスって、筋肉隆々のマッチョガールだそうですが。
 この風習に関しては、鈴木央さんがおねショタ作品で描いていたりしますね。

 ともかく、自然界ではメス側に選ぶ権利がある、ということは多々あります。
 猫のオス猫同士のケンカも、必ずしも勝った方がモテるわけじゃないんですよ。負けた方がメス猫のタイプだと、傷ついたオスを舐めてあげたりもするそうです。
 ちなみに、猫はデブの方がモテるそうです。「栄養を蓄えられるほど餌を取るのが上手い」ってことですからね。

 でも、うちの猫の擬人化の夢を見たんですけど、黒髪の細身の少年だったんですよねえ。
 父になでなでされて、うっとりと目を閉じていました。擬人化するとデブじゃないの?謎です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

エビミソは内臓です

 いつもより多めにエビ餌を撒いてしまったら、いつもより多めにミナミたちが降りてきていました。
604

 この画面内に8匹はいます。暇でどうしようもないときに探してみよう!
 
 あと、ミナミって「隣の芝生は青い」するんですね。
 大ミナミが餌を抱えてツマツマしていたところを、小ミナミが急襲。大ミナミの餌を奪い取って、しばらくツマツマ→小「普通の餌と変わらんやんけ(ポイー」→私・大ミナミ「ええ……」 となっているという。

 なんか、メダカもそうですけど、ちっちゃい生き物でも、ちっちゃいなりに色々と考えて生きているんですねえ。

 私がミナミを飼ってみているところ、大ミナミって、割とおおらかな性格をしていると思います。小ミナミは大ミナミに比べてわがまま。まあ、子供ってことなんでしょうか。人間と一緒ですね。

 そういえば、ミナミスレで、「稚エビは1cm超えたら水槽に入れて良い?メダカがいるから隔離してるんだが」との質問に「もうちょっと待った方が良い。メダカの口に入る大きさだと食われるし、一口で食われなくても投入した時にメダカが『なんだこいつ』って複数でつっつきにくると、稚エビの体がバラバラにされる。ソースは俺」とのレスがありました。恐ろしいなあ……。

 でも、私の飼っているミナミって、1cmくらいのやつもいますけどね。隔離しないでもこっちのミナミは平気でした。ただ、エビミソだけ食われていたバタリアン事変の時は、確かに1cm程度の個体でしたけど。
 ってことは、やっぱりメダカにつっつかれたのか?でもまあ、エビミソって、正確には内臓であり、脳みそだけではないんですけど。ちょうど頭の殻の中に、内臓が入っているのがエビとかカニなんですけどね。
 
 だから、カニミソも、内臓を食べてるわけで……内臓ってことは、カニの食べた餌や排泄物も入ってるわけで。
 カニミソ美味しいですけど、そう考えるとあんまりありがたくなくなってきますね。
 ちなみに、私は、大人になるまでサンマのはらわたが食べられる子供だったんですけど、ある時、わたを分解していたら、昆虫の羽みたいなのが出てきて、それからわたが食べられなくなりました。味は好きなんですけどね……割と。

 あと、ミナミたち、脱ぎっぷりよすぎで我、困惑ぞ。
 とにかくバンバン皮を脱ぎます。一日に最大2個見つけたこともあり、今のところ2日に1回はどれかのミナミが皮を脱いでいるのです。
 エビ餌導入して、栄養状態が良くなったのかなあ……。一匹、2cm以上になっているミナミもいて、見つけるとちょっとビビるのですが、ミナミ飼いの中には、4cmにもなった巨大ミナミ(ヤマトの疑いあり)を飼っている人もいるそうです。オスじゃなかったら、抱卵して稚エビが孵ったらミナミ確定なんですけどね。ヤマトは、3~4年と寿命が長く、体も成体は3~4cmと巨大になるのですが、海水がないと稚エビが孵らないのです。

 ブロガーさんを回っていると、「ミナミはコケ予防。生えてしまったコケはあまり食べない。ヤマトは、逆に生えたコケを食べる」のだそうです。
 まあ、確かに、水槽を一週間、糞掃除もせずに放置していたら、茶ゴケが発生していました。茶ゴケも、微妙な感じで、「生えるとバクテリアが順調に増えている証拠」というサイトもあれば、「亜硝酸過多。水替えするべし」というサイトもあります。
 亜硝酸とかそういうのを計る水質計もあるそうですが、うーん……あんまり食指が動きませんねえ。

 昨夜は、いつもメダカの育て方でブツブツ小言を言われる祖母(こっちは無視してるけど)に、何故か「かみなは魚育てるのが上手だべなあ」と言われました。
 ……まあ、いつもの気まぐれだとは長い付き合いで分かっているので、「まあね」とだけ言っておきましたけど。水槽初心者でも簡単に育てられるメダカに、育てるのが上手も何もないと思うのですが。よっぽど無茶な育て方しなけりゃね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

やっぱりミナミがすき

 なんか集っていたので、撮りました。
603

 エビ餌投入してから3時間後くらい。一生懸命ツマツマしています。
 本来なら、餌投入して、5分くらいで食いつかなかったら引き上げるのが良いのですが、うちのミナミちゃんたち、夜中にならないと出てこないのですよ。
「じゃあ夜中に餌やりすればいいじゃん」って話ですが、ミナミも分かっているらしく、エビ餌を撒いておかないとアナカリス地帯から出てきません。餌に釣られるエビ……。

 今のところ、エビ類はなにか大きな収穫物があると寄ってきてツマツマするらしいですけど、エビ餌は集団でツマツマするほど大きくないので。集団ツマツマの画像が撮れるのは珍しいことです。

 ちょっと水槽の端っこに、これから脱皮するのか、それとも脱皮した直後なのか、白いミナミがいました。脱皮した殻は他の場所にあったので、本当にこれが脱皮したのかは分かりません。でも、ミナミって脱皮不全とかですぐ落ちるしなあ……。糞などで多少汚れても、一週間は水替えしない生活をしていたら、ミナミが一匹も落ちなくなりましたが。
 脱皮不全ばかりは、予防しようとしてできるものでもないですからねえ。

 ともかく、ミナミもメダカも、元気にすくすく育っています。
 しかし、今までそんな気配を見せなかった、一匹のアカヒレのお腹が大きくなっていて、もしかして産卵!?と思っています。
 単に、餌を独り占めして大きくなっているだけならまあいいんですけど、もうおじいちゃんおばあちゃんで、今まで一度も産卵の気配を見せなかったアカヒレが、急にお腹大きくなっているのが気になります。

 泳いでいても、お腹重そう……。まさか、この真冬に卵産むとか、ないですよね?ちなみに、無加温です。
 まあ、卵産んでも、自分で食べちゃうと思いますけど。

 しかし、水族館なんかは、珍しい魚を見て「おお」とは思うものの、やっぱうちのメダカとミナミが一番ですね!
 ふらふら外を出歩けなくなって、ましてや家族とでさえ出かけることが困難になっているのですが、やっぱ、うちの子が一番だよ。
 メダカが餌貰うのに、2匹くらいしか寄ってきてくれないとか、ミナミもエビ餌に群がるまで時間がかかったりしますが、その努力は報われるよ!
 
 ちょっと思ったのですが、もしかして、エビ餌をあげている個体は、脱皮するのが早かったりするのでしょうか?
 以前は、アナカリス地帯でぺろーんとエビの皮がぶら下がっていてびびったりしたのですが、一応人工飼料だと、栄養バランスも良いって聞きますし。
 栄養バランスが良いってことは、エビも成長が促されるってことです。だから、この季節にもかかわらず、脱皮してるのかな?惜しむところは、脱皮したての白エビを撮れなかったことだ。目だけ黒くて可愛いんですよ。
 ミナミちゃんぷりち~♪
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

命を粗末にするやつは、必ずバチが当たる

 デジカメの「撮った写真見られるモード(正式名称は分からない)」で見ると、綺麗に写っているのに、PCに取り込んで縮小処理すると微妙な色合いになるってことないですか?一眼レフだったら違うのかなあ……まあ、一眼買えるお小遣いもないんですけど。

 しかし、一眼って高いですね!ちょっと用事があって、カメラのキタムラに行ってみたら、一番安いので3万しました。高え!
 でも、一眼にすると世界が変わるって言いますし……中古だったらもっと安いのかな?まあ、当分は手に入る予定はないんですけど。

 一応、真ん中のミナミにピントを合わせてみました。
601

 うん、わかりにくい!というか、被写体が半透明のミナミだったのが敗因な気がします。
 そういえば、ミナミは人工水草でもツマツマするらしいですよ。多分、ミナミの「新しいもの好き」な性質で、ツマツマしてるんだと思いますけど。
 ちなみに、剥いた唇の皮を入れた人は、ミナミがぞろぞろ集まってきたので、ちょっとびびったそうです。人間由来のものも食べるのか……。爪とかはさすがに固くて食べられないと思いますが。

 もしかして、足湯みたいに、夏場に「ミナミ足プール」作ってかかとの角質とかツマツマさせたら、美肌になるかもしれません。あ、でも、その前にミナミが、足を入れたら踏みつぶされる危険性が。

 そういえば、九州?かどこか関西圏の水族館兼遊園地では、本物の魚を使った「アイススケートリンク」を作って、大炎上していました。
 一般人の感覚からしたら、わざわざ可愛い魚たちを見に来ているのに、殺した魚をスケートリンクに埋め込むっていうのが、キ○ガイっぽいと思います。今で言うサイコパスみたいな?
 
 twitterの方では、公式アカウントが「苦しい……い、息が」とか、魚に言わせてるのがマジキチ案件。さらに、生の魚なので、血があふれてきたりして、見た目にも汚いという。誰が得するんだこの企画。多分、魚に愛着が湧くとか、そういうのが分からない人たちなんだろうな。

 と、思っていたら、なんとそこの施設がスケートリンクを取りやめにしてしばらくして、倒産したのを耳にしました。
「魚の呪いだ」とか「まあ、魚の展示法以外は、プールとか子供を連れて行くのに良かったんだけどな」という話でしたが、私は当然だと思いますね。
「市場にも卸せない、余った魚」とそこは言い訳していましたが、そもそも水族館で市場にさかなを卸すということなんて聞いたことないわ!適当な言い訳並べてるんじゃねーよ。

 まあ、いわゆる「意識高い系」だったらしいので、「ああ……」と思いますが。
 魚にも命はあります。毎日世話してて、愛着とか湧かないものなんでしょうかね?

 日本には、昔から純愛物語で「フナ女房」なんて昔話もありますけど。
 助けたフナが、美女に姿を変えて、人間の夫と所帯を持つんですよね。それで、妻の作る味噌汁があまりにも美味いために、夫はこっそり屋根裏から台所を見てしまいます。すると、妻は服を脱ぎ、フナの体になって、鍋を泳ぎ回るのです。
「大変なところを見てしまった」と思った夫ですが、それでも妻への愛は変わらないと、何事もなく帰宅したふりをします。
 
 しかし、妻は次の日、家を出て行ってしまいます。
 慌てて夫が追いかけると、妻はフナの姿に戻って川に入ってしまいます。夫は、それでも諦めきれず、妻の後を追って泳いでいるうちに、神様がとりなしてくれたのか、夫の姿はみるみるうちに立派なフナとなり、それが今では「ゲンゴロウブナ」と呼ばれるようになったそうです。

 この話、純愛で大好きなので、多分3回くらい同じ話を書いています。でもまあ、以前の焼き直しでもいいよね?
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

カラーメダカの登場!?(ただし、中国圏のみ

 アナカリスが茂ってきましたねえ……。
600

 これ、剪定しなかったらどうなっちゃうんやろ……?へへへ、おっそろしいこと考えるよなあ、おいら(ドキドキ)
 てか、上から撮るんだったら、アナカリスどけちゃえば良かったですね。すまんすまん。でも、アナカリス上げると、ミナミも一緒についてきちゃうから。

 上から見ると、なんかジャングルみたいですね。横見でもジャングルの匂いはするんですけど。

 あと、デジカメを思いっきり床に落として、なんか色んなところがパカパカしています。使えることは使えるんですけど。Panasonicの9000円くらいのデジカメです。
 日本製なら多少ガタついても使えるぜ!と思っていたら、中国製で爆死でした。(アカン)

 ……中国製は爆発がトレンディだからなあ。パソコンチェアも爆発するという……どこをどうしたらそれが爆発すんの?
 しかし、とある中国人爆買い客に、日本人の友人が「ダイソーとかの100均は中国製だよ?なんで国内で買えるのにそんなに買い込むの?」と聞いたところ、「分かってないわね。日本で売ってる中国製だから信用できるのよ!」と返されたとか。
 そういえば、中国の工場で、「日本の企業からの注文は、できれば受けたくない。とにかくチェックが厳しいから。でも、日本企業が撤退すると、他の国の企業も逃げていくから、注文を受けざるを得ない」とインタビューに答えていたという。

 まあ、デジカメ死んだら正直写真もあぼ~んするので、怖いですねえ。

 微妙にアナカリス地帯から白いのが光っているのは、幹之ですね。うちの幹之は、いわゆるF1(親メダカ。子・孫になっていくと、F2・F3となっていく)ですが、それにしては光もちゃんと出てると思います。
 あんまり繁殖にも興味ないですしねえ……。まあ、卵が産まれちゃったら、考えるかもしれませんけど。

 そういえば、中国・台湾では、なんと「遺伝子組み換えメダカ」なるものがいるそうです!
 画像を見てみたのですが、なんか毒々しいピンクとか赤とか……。まあ、法律上「日本国内に持ち込んだらダメよ」となっているらしいので、平気だとは思うのですが。
 いやー……なんか、あそこまではっきり色が出ているメダカを見ると、カラーひよこみたいで微妙な感情を抱きます。
 中・台の人からすると、「あれが良いんじゃないか」と言われるかもしれませんけど、私は微妙です。元々、原色カラーとか苦手なんですよねえ。メダカも、ダルマ体型とかの奇形からの品種もあったりしますけど、あれは可愛いと思いますよ。

 というか、ダルマは、一生懸命不器用に泳いでいるのが可愛いと思います。
 なんだろう……運動会で、うちの子そんなに運動得意じゃないけど、ビデオには撮っちゃうみたいな。
 そんな可愛さがダルマにはあると思うんですけど、これも外国の人から見たら「障害を持ったメダカを売るなんて!」ということになるんでしょうか。

 まあ、メダカの可愛さは、お国それぞれですけどね。
 中・台産のカラーメダカだって、欲しい人はいると思いますし。どれが正しいとか間違ってるというのはないのだ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

高学歴に見られるのは良いことか悪いことか

 毎日毎日エビの餌にされ続けているのに、アナカリスは元気です。一部分だけ禿げているということもないですし……じゃあ、ミナミたちは何を食べてるんだ?って思います。
599

 水中根が他のアナカリスからも伸びてきました。水中根って、株元辺りから出るんじゃないの?と思っていましたが、なんと幹の途中からも出ることがあるらしいです。
 メダカの水草っていうと、ホテイソウとか睡蓮が人気ですけど、確かに花の美しさではそれらが勝ります。でも、手間とかを考えると、こまめに手入れする必要があるホテイと蓮ですけど、アナカリスやマツモはある程度放っておいても勝手に育っています。
 なので、アクア初心者さんはアナカリスとマツモをお勧めしたいですね。もちろん、毎日可愛がるぜ!って人はお好きな水草にして良いと思いますけど、水草を育てるのって大変らしいですよ。

 アナカリスの水中根は、放っておいても構わないそうですが、邪魔なら根っこから切ってしまっても良いそうです。
 元々、アナカリス自体が強い品種なので、強剪定してもいつの間にか増えてるのがアナカリス……だそうで。剪定した枝を浮かべておくと、アナカリス増殖になるようですね。

 全然関係ないことですが、先日、母の職場で忘年会があり、上司と初めて腹を割って話したと。
 なんか、小さいことでつっかかってくる上司だったので、「こんな上司とやっていけるのかしら」と思っていたらしい母ですが、「私、高校も大学も行ってませんよ?中卒です」と言ったところ、非常に驚かれたと。どうも、上司は「何でも知ってるし、ビシビシ取り仕切ってて、多分何の苦労もなく大学まで卒業してて看護師になった目の上のたんこぶ」だと思っていたらしいです。

 もう一人の看護師は、大学出てて正看護師として働いている、まさに看護師のエリートなのですが、その人が上司にではなく母に何でも聞いたりするのが、上司としては気に入らなかったようで。
 だから、母は「私はたたき上げですよ。家があまり裕福でなかったので、中卒ですぐ看護学校入って働きながら授業料と、妹たちの学費を稼いでいました」と話したところ、次の日から上司の当たり方がマイルドになっていて、「腹を割って話すってことは大事なんだなあ」と思ったとのこと。
「右川さんは、見た目によらず苦労してるんだね」と言われて、「どんな人だと思ってたんですか?」と聞いたところ、「何の不自由もなく、キャリアウーマンとしてキビキビ働いている感じ」だと思っていたとか。

 確かに、母は、ちょこちょこよく働いて、それが苦にならない人なんです。
 で、何故母が頭良く見えるのかというと、映画を良く観て、絵画鑑賞から時代風景を勉強しているからなんですね。好きな女優はオードリー・ヘップバーン、と聞いたことがあります。グレース・ケリーも好きだと言ってたかな?エルメスのケリーバッグの名を付けた女優さんですね。

 実際、母と話していると、とても中卒とは思えないんですよね。私も中卒ですが、いわゆるバカっぽい会話にならないというか。私は、本を読んでいて、あとはネットで知識を溜め込んでいるのですが、母と会話していると全然「ん?」という引っかかりがありません。
 普通の母と娘の会話っていうのがどういうのか分からないんですけど、ファッションブランドの話にしたって、「シャネル」とか「エルメス」とかいうキーワードが出てくると、「ああ、貧しい境遇から『女性を解放する、ビジネスウーマンのための服』にしたシャネルね」とか、「エルメスって最初は馬具メーカーだっけ?」という話になるのです。
 
 うちの職場に通っていても、ちょっと他の人と話したりすると、「ん?この人よく分かってないな?」って違和感があるんですよ。
 差別的かもしれませんけど、「高卒認定試験で2教科落とした」って人がいると、「え!?あの問題で、なんで2教科も落とせるの!?」ってびっくりしたり。その人は、その発言をした直後に、急にインテリぶった話し方をし始めて、「……私、全部A判定で受かりましたけど(授業はほとんどサボってた)」と思い、その人から「右川さんは大卒だよねえ」と言われ、「中卒ですよ。といっても大検受けて、大学入ったんですけどつまらなくて辞めちゃいました」と言うと、途端に黙り込みました。

 まあ、大学入るのも、大検も、試験勉強は死ぬほどやりましたけど。やっぱ努力は大事よ。
 これから就職することになったら、母と同じでたたき上げになるんでしょうか。私は別に、ずっとフリーターでも良いんですけど、MARCHに入るより、バイトリーダーになる方が難しいって意見もありますし。
 これから、アルバイト探しするにあたって、「やっぱ高校は出た方が良かったかな」と思ってもみますが、まあ、しょうがないです。中卒でも生きていけるってことを証明しますよ!

蛇の指輪を買ったよ

 スピリチュアル館とどっちに書こうか迷ったのですが、こっちで更新しておきます。
 蛇リング、届きましたよー!蛇!蛇大好きです!
598

 材質はシルバー。シルバー台でも、私の場合、配合か何かが違うのか、一定のお店で買った商品でアレルギーが出てしまうこともあるのですが、これは大丈夫……だと思います。
 何でしょうねえ。私は、真鍮とかニッケルが含まれているとアウトらしいのですが。

 ちなみに、これ、4100円くらいでした。しかも、蛇系で私の好みのリングだと、必ず「職人手作りのために1~3週間かかります」という一言で、「うーむ……」となるのですが、このお店は9号~13号しかサイズがない以外は、速攻で届けてくれます。
 でも、現在クリスマス・お歳暮・おせち・年越し・お正月ものシーズンで、大変!運送会社ちゃんが息してないの!という事態になっているらしいです。そりゃあそうなるわなあ……。

 逆に、それだけネット通販をするようになった人が多いということです。確かに、実際に手に取って商品を買う、という買い方はできませんが、とにかく楽なんですよねえ……。細かいところまで好みの商品とか、地元に売ってないと、ああん悔しい、になるのですが、ネットだと楽に探せちゃいますし。
 
 さて、この蛇のリング、目の部分に一応ちっちゃいダイヤモンドが埋め込まれています。お店の表示を信じるのなら、天然ダイヤだそうです。
 しかし、私としてはこのダイヤ……わかりにくいです。地金がシルバーだと余計にね。
 元々、蛇のリングを探していた時は、最初はブルーダイヤのリングを探していたんですよ。でも、ブルーダイヤは、メレダイヤ(1mm以下の大きさのダイヤ)でも8000円程度はしました。それが、4100円で済んじゃったので、私としてはラッキー……なように思うのですが、しかしやっぱりブルーダイヤの蛇も気になっています。しかし、この時期に8000円の出費はお財布に痛いです。年末年始の休業と、職人手作りとやらで、今から注文すると届くまで一ヶ月近くかかりますしね。

 しょうがないので、ブルーダイヤの指輪を一緒に付けて誤魔化しています……。それでいいのか?いや、私が良いと思えば良いのだ。

 しかし、この蛇リングを付けた直後から、何故か他のリングに急に関心がなくなりまして。ずーっと付けていた派手派手のリングジャラジャラ状態が緩和されました。
 どこかで読んだのですが、身につけているアクセサリーの数=自分への自信のなさ、未来への不安、だそうです。だから、アクセサリージャラジャラ付けていた今までの環境がまあ、良くなかったんだろうなと。捨てたり売ったりはしませんけど、そっとアクセサリーたちにはお礼を言ってアクセサリー置き場で眠って貰うことにしました。

 ちなみに、スピリチュアル的には、蛇の頭が向いている方向に自分がいるように付けると、幸運が舞い込むと言われているそうです。それって、蛇の向いている方向だから上向き?それとも、頭がある方向だから下向き?どっち?と思ったのですが、「向いている方向だから上だろ」と解釈して、上向きに付けています。
 まあ、これも「ルビーは右にしないとダメ」とか「サファイアとガーネットは他の石に嫉妬する」という言われ、くらいのものでしょうけど。

 リアルで蛇飼ったら、あっという間に餌やりの面倒さに負けて餓死とかさせそうで怖いので、これで蛇ちゃんを飼った気にすることにします。
 でも、付けてるとなんか、ペットというよりは「おお、神様!」という感じで、崇拝の対象みたいに見えてくるのですが。以前、ヒキュウ(中国の神獣)を買った時は、ペットみたいでぐりぐり頭を撫でてしまったりしていたのですが(後から、ヒキュウは頭を撫でてはいけないと知った)、蛇は、ホント神様、って感じです。

 ダイヤモンド効果もあるのかな?ダイヤって、物事を増幅させる装置なので、ネガティブに陥っている時は付けてはいけないとされていますけど。神道・仏教では蛇が神様の化身として描かれるから、神様っぽくなるのかな?と思ったり。
 ちなみに、キリスト教では、悪魔の化身なので、マリア様に踏んづけられたりしています。「ぶっちゃけ寺」でカトリックの教会を見に行ったお坊さんたちは、その違いを指摘して、神父さんは苦笑いしながら「だから、蛇は仏教国に行った方が扱いが良いですね」とおっしゃっていました。
 
 蛇ちゃん、大切にお守りにしようと思います。聞くところによると金運とか恋愛運、厄除けにもなるそうなので、ちょっぴり期待してみたりしますよ。

エビの餌と伊藤若冲特集

 超久しぶりに「とんがらし麺」食べたら、「辛い」じゃなくて「痛い」でした。まあ、実際に、辛さっていうのは痛みだって言いますしね。だから、辛いものを食べた後は甘いもの、というのはあんまり意味ないです。水で洗い流す、それも氷入りの冷えた飲み物だと、マシになります。痛みは冷やすと感覚が麻痺しますし。
 でも、とんがらし麺は「美味しい痛さ」なんですよね。だから、大好き。辛ラーメン系は、辛いばかりなのであんまり好きじゃないです。
 しかし、辛いラーメン系は、北極という究極の辛さを誇るやつが、辛いもの好きの間では人気のようです。でも、とんがらし麺(辛いスパイス入れてない)でヒーヒー言ってる私は、北極に手を出す勇気がありません。多分、「これは日本人の食う物じゃない」という感想になると思います。

 さて。昨夜、ご飯を食べ終わった後、「なんか、掃除したのに水槽が濁ってるな?そんなにメダカが糞してるのかな?」と思ってのぞき込んだところ……。
 
 エビの餌がひっくり返って、水槽にインしたお!しておる!!
 もう、「うわああああああ!!」のAAみたいになって、急いで全部水槽ひっくり返して洗いました。もうね、本当にエビの餌、1/3くらいインしていました。嫌ああああ!!いつから!?いつからインしてたの!?いつからインして何時間放置してたの!?
 
 で、私が慌てて水槽持ってバタバタしていたら、祖母が「メダカが死んじゃったんかい?」と聞いてきたので、「エビの餌がひっくり返って入っちゃった!」と訴えたら、「あれ、気づかなかったべで」と言っていました。じゃあ、ひっくり返したのは祖母じゃないの……?弟か!こざかしいことに、エビの餌のパッケージは元通り置いてありましたし。

 もちろん、水全取り替え。掃除してもしても、エビ餌が出てくるので、「どっからこれが湧いてくるのか……」と思いつつも掃除。で、ここまで餌がなくなりました。
597

 これなら、かろうじてうちのミナミが食べてくれるかな……?一応、夜も更けてから様子を見に行ったら、3匹くらい抱えてツマツマしていましたけど。なんでうちのミナミちゃんは人工餌食わんの?グルメなの?
 
 ちなみに、ミナミやヤマトのツマツマは、指入れて確かめてみた人曰く、「結構痛い」だそうです。だから、あんまり変なことには使わないように。
 あと、ミナミを天ぷらにして食べた人もいますが、「泥臭くて美味しくはない」だそうです。メダカも、甘露煮かなんかで食べる地域もあるそうですね……。

 そういえば、ニコ動で「オオスズメバチの女王様と仲良くなってみた」みたいなタイトルの動画で、女王蜂の顎の力を調べる、といって指を噛ませていた人もいました。コメントでは、「これがマッドサイエンティストか……」とか「キ○ガイ」とかいったコメが多かったですね。他にも、女王蜂とワーカー(働き蜂)の毒腺を抜いて、「味わって確かめてみましょう」とか言って、助手の女性が「ええ……」とどん引きしていました。
 結果は、「女王蜂はなんか違和感あるけどあんまり毒はないっぽい。ワーカーマジやばい。噛んだ瞬間から舌がビリビリ痺れる」だそうです。やっぱ、働き蜂の方が攻撃性も高くて、毒も強力なんですね。って、感心しちゃっていいのかどうか、人として……。

 でも、ファーブルなんかも、「虫は食べられるのか?」と、蝉やコオロギを食べていたそうですし、結局、そういう科学者って「理屈としては合ってる。人として間違ってるだけ」という人も多いのかも知れませんねえ。
 ちなみに、昨日、伊藤若冲の特番を観ていて、母が「若冲は大店の次男か何かだったから、日がな一日動物を観察していられる、今で言うとプー太郎みたいなものだったのよ」と解説してくれました。確か、ピーターラビットの作者のビアトリクス・ポターも、貴族階級のお嬢様で、昔から庭に出ては動植物をスケッチするのが日課だったといいますね。

 若冲の絵は、「病葉」の絵であり、その名の通り病気にかかった葉っぱすら模写するという、徹底したリアリストだったらしいです。だから、若冲は「綺麗で見事なだけの絵」ではなく、周りの動植物全てが主人公。果物にたかるアリですら主人公にしてしまう」と言われているそうです。
 若冲展も見てみたいんですけど、京都だからなあ……。元から動物好きで(犬は苦手。バンバンパーソナルスペース侵入してくる動物は苦手)、ピーターラビットを読んで育ったので、模写的な絵は好きなんですよねえ。
 
 そういえば私、幼稚園での写生大会で、錆びだらけで川の色が茶色になっているのをそのまま描いたら、先生から「川は水色にするように」と突き返されたことがあります。周りの子は、皆水色で描いてて、私は子供心ながらに「なんでこの風景を見て、川が水色に見えるんだ!?」と不思議に思いました。
 ちなみに、ミッフィーは私は「あんなお口の兎さんはいない」と不評だったようです。早期教育というか……情操教育はやっておいて損はない気はしますね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

コミケに叶姉妹参戦だってよ!

 佐川がやらかした(代引きちょろまかし)翌日に佐川から代引きで荷物を送られた私の気持ちを表しています。
596

 代引きって情弱なんでしょうかねえ……ってか、すぐ分かると思うんですけど。
 画像のミナミは、一匹だけ日中にアナカリス地帯から出てきていたので、思わず撮影しました。体色からして、茶ミナミかな……?
 
 あと、うちのミナミたちは今の時期(12月)になって何故皮を脱ぎたがるのだろうか。普通、真夏ならともかく、寒いのに脱ぎたがるのが分からないのですが。昨夜は、3匹分の皮を見つけて、これは死骸をミナミかメダカが食ったのではないだろうかと思いましたが、透明だったので脱皮した皮でしょうね。
 
 それとも、今までザリガニ大量に飼ってあっという間に酸欠で死なせた経験とか、ミナミちゃんホムセンの水草で半壊滅とかしかしてない気がするので、今まで普通にミナミ育てきれてなくて天命を全うさせてあげられてないので、どんどん皮脱いで大きくなっては欲しいんですけど。
 でも、たまにエビ類は脱皮不全といって、脱皮しきれずに死んでしまう個体もあるそうです。こればかりは気をつけようがないので、脱皮不全が起きないように祈るしかないですね。

 メダカの方は、順調に生育できています。
 お腹もふっくらして、体色も綺麗に出ています。でも、順調に育ちすぎると、書くことなくなってくるのよねー……。なんか、ハプニング(楽しい)とかあってくれると写真も撮り甲斐があるってもんですけど。

 その点、ミナミは面白いハプニングばかりで日記のネタをバンバン放り込んで来てくれます!
 飼い主思いの可愛いエビばかりです……。まあ、本エビにはおもしろハプニングしている気分はないんでしょうけど。
 
 ちなみに、今度来るアクセサリーは、蛇です。
 ……蛇。大阪のおばちゃんとかがしているようなやつですね。本物は嫌いでも、アクセサリーとかは好きな人もいるじゃないですか。あんな感じで。
 なんか、金運アップ!とか運勢アップ!とかいう話もありますけど、私は元々は虫類が好きで、蛇はめっちゃ好きだったのですよ。

 なんか……は虫類好きとエビ好きって、共存できる気がします。
 まあ、私は、は虫類は飼う気はないんですけど。うちに猫がいますし、初期投資も多いですし、実際に蛇を飼っている人からすると、「蛇がこんなに世話が大変だとは思わなかった!」と、ショップに返しに来る客もいるそうです。昔、「今人気急上昇中のは虫類業界に潜入!」みたいなテレビ特集で、「飼ったはいいけど、飼いきれない人もいるんだよね……そういう人には、軽々しく命を扱って欲しくないね」とショップの店長さんが言っていました。こういうことを言える店長さんはアタリだと思います。

 さて、ヲタ話になってしまいますが、そろそろコミケの時期ですね。
 なんと、今度のコミケはあの叶姉妹が参戦するとのことで、びっくりしています。腐女子ガチ勢として参加するのか、それとも会場の雰囲気を味わうために来るのかは分かりませんけど、十数年前にさかのぼって「叶姉妹がコミケに来る」と予言しても、誰も信じないと思います。
 私は、人混みが苦手なのと、長時間のお出かけが困難・過度の人見知りでサークルの人とかにも話しかけられない……というへたれだったので、そんなにコミケは楽しくもなかったような……。むしろ、出発前夜の方が楽しいですね。

 一応、同人誌も、地元の同人誌即売会で出したことあるんですけど……まあ、売れ行きは聞かないでw

 コミケガチ勢は、ルールとマナーを守ったうえで、楽しんできてくださいね。あの人混みでも、シャッター付近は冷えます。防寒もばっちりでね!
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村