2016年08月の記事 (1/4) | 魔法石の庭3rd

2016年08月の記事 (1/4)

Eテレ面白い:ヒメモンステラの生育状況

 最近、NHK教育テレビを観るようになった右川です。
 教育テレビ(今は、Eテレっていうんでしょうか?)は、朝とか夕方はそれこそ子供たちが観るような番組が多いんですけど、夜とかは、大人が観ても面白い番組多いんですよねえ。

 そもそも、私がEテレを観るようになったのは、「趣味の園芸」からです。つい最近なのですが。
 これも以前書いたのですが、私は基本的に母親とテレビを観ていまして、母が「それもう観たからチャンネル変えて」と言えばその通りにするしかないんですけど。
「趣味の園芸」自体も、母は興味ないようでしたが、最近になって「園芸王子」と呼ばれている若くてピチピチの青年(名前覚えてないですけど)が出るようになったら、「観て良いよ」と言われるようになりました。お母さん、実は結構ミーハーかも。

 この「趣味の園芸」は、再放送を主に観ています。
 そして、そこから「右川家、Eテレの開拓」が始まりまして、「グレーテルのかまど」とか「今日の料理」、そして「100分で名著」などを観るように。
 あのね、教育テレビって、固くてかしこまってるか、もしくは子供が観るものだって先入観がありませんか?あれ、私もそうだったのですが、最近になって「教育テレビやるな~」と思うようになりました。
 
 最近のNHKって、ちょっとしたおふざけも大目に見るようになったんですよね。
 それこそ、コント番組やったりして。まあ、10年くらい前に「オンバト」という芸人のネタ見せ番組がやっていまして、その頃もよく観ていました。ラーメンズとか、陣内智則、ブラックマヨネーズなんかはオンバト芸人じゃないかな?
 ラーメンズは、今はドラマとかに出ていますけど。ネタも面白いですよ。息ができないほどヒーヒー言って笑ったのは、ラーメンズのネタが多かったです。

 趣味の園芸では、本当に基礎の基礎をやることもあり、その基礎ができていない私は「なるほど~!」と勉強になります。時々、上級者向けの内容もあったりしますけどね。
 園芸趣味している人は、観ておいて損はありません。放送した内容をまとめた雑誌も出ているらしいですよ。

 さて、ヒメモンステラですが……。
488

 今年の夏、買ってきてから成長が止まりません。匍匐するのがヒメモンステラの特徴なのですが、今のところは上に伸びていますし……。
 ともかく、ドリル2本目が出ています。ドリルって……良いですよね。漢の浪漫(カタカナのロマン、ではなくあくまで漢字の浪漫)ですよね。

 で、今は2本目の株にもドリル出ていて、一ヶ月前に買ってから計4枚目の新芽です。順調すぎて怖い……。

 置いてある場所は日陰だし、エアコンの風も直撃する場所なのですが、こんなに元気に生育しています。モンステラって丈夫なんですね。
 いや、今まで育てていたのがアジアンタムだから、そう錯覚しているのかもしれませんけど。アジアンタムは、2号にニョロニョロ新芽が出てきていて、3号は元からある葉が残念な感じになっています。新芽は出ているし、丸刈りにしちゃっても良いんですけどね。ちりってきていますし。

 大きい方のモンステラは、日差しのある場所に置いているからか、とにかく水を欲しがります。水やらないと、すぐ「あ、そんじゃ新芽出さんから」とひねくれます。小遣い貰えない子供みたいな感じですかね。
 
 そういえば、ボディショップで売ってたモリンガのシャワージェル(体洗うやつね)が予想以上に良い匂いで、嬉しいです。
 やっぱ、好きな匂いに囲まれるってことは良いですね。シャワージェルだから、誰に嗅がせるわけでもないのですが。
 今まで、ピーチの香り使っていたのですけど、私はお花系の匂いが好きなのかなあと思っています。ビッグサイズの買ってて良かった!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ブログを毎日更新するのってマゾなの?

 先日書いた、「本日、友人を2人なくします」の記事ですが、そのうちの1人とは和解しました。
 ちょっとした気持ちのすれ違いだったようです。私も、大人げない態度を取ってしまったので、まあ、和解という結果になったことは良かったと思います。

 さて、良い感じにアジアンタムがちりってきたのですが、それを見ないふりしながら、別の植物でお茶を濁しますよ。
 487

 コンシンネ。以前とあまり変わってないように思いますが、最近曇りの日が多いので、直射日光に慣らすために窓辺に出しています。
 早く葉っぱが赤くならないかなー……と思いつつ。
 
 コンシンネは、日光に当たると写真の白い部分が赤くなります。
 冬~春から慣らすと、夏の直射日光にも耐えるそうです。でも、私のコンシンネはまだまだですねえ。
 これでも、写真では白飛びしていますが、肉眼で見ると白いところがピンク色なんですよ。

 関東は、明日が台風直撃で、その後は台風一過で最高気温34度の日が続きます。涼しいのは良いんですけど、暑いのはホント無理です……。死にます。
 お外でガーデニングしている人たちは、植物避難はできたでしょうか?私が通っているブロガーさんのところでは、綺麗なバラの株が根元から折れて飛んで行ったりしている被害があったそうで、心配です。

 さて、結構な植物を育てていても、スランプというものはあるものです。
 私も、毎日得た知識を必死で思い出しながら書いています。なので、平気でブログ一記事上げるのに一時間とかかかります。
 これでも結構ね……大変な思いをして書いているのですよ。相手は植物ですから、生育期は沢山変化もありますが、休眠期になると全て変化無し、という事態にもなりますしね。

「ブログなんて簡単だろお?」っていう人は、どうぞ一日に10記事でも20記事でも上げてください。そんな、簡単だと思えるなら私だってそれくらいできますよ。
 今は、twitterもありますし、3行ブログなんかは「twitterでやれ」って言われますしね。
 それで、多くの人の目に留まるようなブログや、「それは知らなかったなあ」と思われるような記事を上げ続けるのは、苦痛でもあります。
 
 でもまあ、その苦痛の中に幸福もあるわけで。
 なんでしょうね?著述をしている人間って、基本的にマゾなの?とは思います。ってことは私もマゾってことか。
 いや、この場合のサドマゾっていうのは、性癖の問題じゃなくて、性質がサドとかマゾってことね。多分、性癖とは違うと思います……。

 でもねー、特に日本人なんかは、仕事とか趣味でも、苦痛の中に喜びを感じる人が多いのではないかな?と思います。もうね、たとえ好きなことを仕事にできたとしても、それはそれで苦痛なのではないかと。
 じゃあなんで一銭にもならないブログなんかを毎日更新しているのかというと、私にとってはここがホームだからですよ。
 昼間でも、結構こまめに巡回していますしね。その中で、訪問してくれるだけでも嬉しいですし、コメントなんてついてたら狂喜乱舞しますし、拍手とかランキングポチされてたら「嬉しいなあ!嬉しいなあ!」ってなります。

 私にとって文章は、自分のお腹を痛めて産んだ子供に等しいのです。
 実際に痛めているのは頭なのですが。でも、産んだ後に放置してて良いって言うのは育児しているお母さん方に怒られるかもしれませんね。
 
 でも、日本人、マゾでもないとやっていけませんよねえ……。会社行って、働いている人ほど、マゾ度が高くないとやっていけないのではないのかな。
 私の好きな、中島みゆきの詩の中で、「命の別名」という曲があるのですが、「それでも人には笑顔のままで 泣いてる時もある」という歌詞があります。まさに、今の日本人はそんな感じですよねえ。
 
 コンシンネ関係ない話になってしまいましたが、私の考えはこんなのです。
 文章書くのって大変ですよ……。仕事でもないのによくやるよなー、私。と思いつつ、今日も更新を続けます。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

アジアンタム3号も・・・

 やってもうた~!
486

 一見順調に見えますよね?でも、これ、葉っぱに水気がなくてかっさかさになっています。
 これ、2号がちりちりになった時と同じや……。前兆や……。
 
 3号も、そろそろ「それ以上はいけない」ことになっているみたいです。
 アジアンタムって、本当に乾燥に弱いんですね。毎日2回水やりして、葉水もしていたのにこの有様ですよ。
 まあ、葉っぱの先が黒ずんでいるのですが、それは水切れではなく胞子嚢が育っているという見方もできるそうで、完全にちりちりになるまでは放置してみようかと思います。水やりは欠かしませんけどね。

 ちらっとアジアンタムスレを見ていると、やはり夏と冬に枯らせる人が多いそうです。
 やっぱり、水やりのタイミングとかが難しいそうですよ。で、春と秋にぜんまいが出てくるそうで。

 で、暖かい時期にもぜんまいが出てこない、という人は、一度株の根っこを確かめてみてください。
 真っ黒になっていたら、残念ながら根は死んでいるということです。水が多すぎる場合の根腐れもありますが、水をやらなかった時期が多いのなら、水切れによる根、死亡ということもあります。

 さて、私は他にもシダ類は、ヤブソテツとレインボーファンを育てているのですが、気になるシダを探す作業も同時に進行しています。
 で、「これでふさふさだったらいいのに……」と思ったのが、リュウビンタイ。でも、高いうえにちょっとしか葉っぱが出ていないんですよね。育てているうちにふさふさになるのかもしれませんが。

 やっぱ、アジアンタムが鑑賞するには一番好みに近いのかなあと思っています。
 栽培難しいですけどね。でも、葉っぱが枯れたら切るだけですから。枯れる→丸坊主→ぜんまい出る→再生→枯れる の永久ループがアジアンタム栽培ですからね!
 でも、何度も言うように、根さえ生きていればどうにかなるのがアジアンタムです。たわし状態にしても、水さえやっていればぜんまいが出てきて復活します。大体、1~2ヶ月くらいで元の大きさになるそうです。

 でも、「アジアンタムは買ってきた直後が一番大きい」とも……。
 真理です。それは真理。

 とある人は、「嫁さんが買ってきて、風呂場の出窓に置いてあるけど、ちりちり→復活を繰り返している」とか。
 もう、アジアンタムはちりちりになる運命と考えても良いです。しょうがない。植物は生き物ですからね。「こう!」といった育て方はないのです。
 しょうがない、しょうがない。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

本日、友人2人をなくします

 最近、とあるネット友との関係を切りました。
 ……というか、無視してる時点で気づいて欲しかったんですけど……。

 まあ、寂しくないと言えば嘘になりますが、「人間に『絶対』はないんだから仕方ないんだろうな」、とは思います。

 考え直してみれば、その人は、ガイドに誘われたと言って、客を招いたキッチンでセックスしており、私の「嵐が丘」の中でも、勝手にセックス用の部屋を作っちゃう人なんですよねえ……。
 高級ホテルでもあるまいし、一度性行為に使った部屋を、使えますか?そこのところ、ちょっとズレが生じていたりしました。

 決め手になったのは、その人のコメントで「観葉植物ばかり更新している」とか「今、この状況がものすごく寂しいです」とか書くようになってから。
 そこで、「ばかりって……それが本音なんだろうな」とか「寂しいですって、更新をせっついているってことでしょ?」とも思いました。

 私も、たとえば色々と失言とかあると思いますけど、文章を書く仕事を目標にしている以上は、文章に気を遣って、一記事上げるのに1時間とかかかっています。
 それで、植物ブログを作ってからは、「アメブロだと弾かれるので」と言われ、赤裸々な文章をこっちの植物ブログに書いてくることもありました。

 長いなら、2つに分割することもできるでしょうし、何より、こちらがリンクを貼っているにもかかわらず、「スピリット界関係はリア友も見てるし、書けません」みたいなことを言われ、相互リンクにしないのです。
 これは、もう一人の人も同じで(こっちのブログとはつなげていませんが)、「楽天だからリンク貼れません」と言われ、「楽天でも、フリースペースとかで調べてリンクする方法はいくらでもあるのに、それをしたくないってことは私のブログはどうでもいいってことだな」と思いました。私だったら、リンクを貼ってくれたら楽天でも喜んでリンクを貼る方法を模索するでしょうし、それが礼儀ってもんですよね。

 別に、「相互リンク絶対!」とは言いませんよ?でも、貼れるスペースがあるのに、しかもこっちからリンク貼ってる状態で、なんとかリンクを貼りたいと思って勉強するのが当然ですよね。人として。
 なんか、ごにょごにょ……ともやもやしていました。

 結局、その友人2人にとって、私はそれだけの価値の女だったって事です。
 特に、2人目の友人は、私がスピリチュアル館を立ち上げた時に、「リンク貼ろうと思ったんですけど、楽天ってリンク貼れないので……」とわざわざ言ってきました。

 そうそう、愚痴ついでに、「めんどくせー!!」と思う男性。
 以前、私が仲良かったFさんが職場を辞めた時に、「Fさん辞めちゃったね」と何度も言ってきた男性。
 私は、「はあ(この人、何が言いたいんだ?)」といぶかしんでいたのですが、そういうのって、アピールらしいですね!
 ちょっとまとめサイトなんかを見ていたら、「『どこに住んでるの?』と聞いてくる男性がいて」という悩み相談に、男性方がこぞって「それ、やばいよ。完全に狙われてるじゃん」と言っていて、私は「あれ?」と思いました。

 そういえば、その男性、知り合って間もない頃に「右川さんの住んでる所ってどこ?」と言われており、私は適当に「○○ですね(町とか区みたいにざっとした表現)」と答えたことがあります。
「町っていっても広いよね?」とさらに食いつかれたのですが、「ええ、広いです」と流しておきました。

 皆さんも、気をつけて!特に女性は!
 高畑裕太みたいな勘違い男はそこら中にいますからね。なんでも、性犯罪の被害に遭うのは、「知り合い」の犯行が多いそうですし。
 備えあれば憂い無し。携帯ブザーは勝手おいた方が良いですね……。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

アジアンタム2号がタワシ状態に陥る事

 アジアンタム2号が、ついにヘブン状態に……。
485

 たわし状態!
 いや、今朝の水やりで見たらですね、もう既に葉っぱの黒い部分が全体に広がっていまして。
 はっぱもちりちりだったので、これは無理ぽ……ということで、丸坊主にしましたよ。

 はっきり言って、アジアンタムを育てる過程において、ちりちりは切っても切れない状態です。
 初心者は必ず一度はちりちりにするそうですし。私も、水やり朝晩の2回で、葉水もしていたのですが、多分エアコンの風でダメになりました。

 しかし、ちりちりになった次に出てくる新芽は、そこに置かれた環境に適した葉っぱが出てくるそうです。
 自然界って上手くできていますね。でも、育てる→ちりちり→刈る→育てる→ちりちり の永久ループがアジアンタム栽培というものだそうですが。
 
 ごく普通に、新芽とか言っていて、この記事から読んだ人には「丸刈りしたのに新芽?」とか「もう死んでる株じゃないの?」とかいう疑問があると思いますので、説明します。

 アジアンタムは、根っこの植物です。
 葉は、しょっちゅうちりちりになったり、黒くなったりして枯れますが、根さえ生きているのならいくらでも再生は可能です。
 
 再生には、まず、邪魔になる枯れてしまった枝を全て切ります。これは、一度枯れた葉は2度と復活しないためです。
 大体、根元3cmほどでばっさりとカットしますが、カットしすぎてもダメなようですね。私は、根元5cm程度を残してカットしました。

 そして、新芽。画像をご覧になると分かるとおり、既に新芽がいくつかニョロニョロと出ています。
 これを傷つけたり切らないように気をつけながらカットしました。丸刈りにするのが冬などの寒い季節ならば、新芽の出る時期が遅れます。
 冬は、株もあまり動かないので、冬に丸刈りにした場合、春になるまでの我慢です。しかし、根は生きているので、水は変わらずあげてください。

 他にも、ビニール袋をかけていると新芽が出るのが早いという話もあります。
 しかし、それは疑似温室を作っているということで、果たしてビニールなしにした場合、その環境に適した葉が出るのか?との疑問もあります。
 
 新芽は、春~秋の温暖な季節の場合、2ヶ月ほどで元の大きさまで成長すると言われています。新芽が全く出ていない状態ならば、2週間ほどでぜんまいのような芽が出てきます。
 ただし、どれも葉が出ている状態と変わらずに水をやっていた場合です。
 水切れはさせないようにしましょう。

 元から新芽が出ている場合は、芽を避けて枯れた葉を切ります。
 出ている新芽は、大事に育てると、いずれは枝となり葉となりますので。
 さて、右川家の2号の新芽は無事に育つのでしょうか……?ハンターチャンス!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

ドラセナ・コンシンネ

 財布に金があると、すぐ趣味に使ってしまう女!スパイダーマッ!

 というわけで、買ってきました。もう私、多分一生金は貯まらない性分だとしか思えない……。
484

 多分、ドラセナ属のコンシンネとかいう種類?
 これも、水のやりすぎに注意だそうです。一週間に一回でも多いのだとか。
 多分、多肉で言うと、黒法師系の育て方になるのかな?私、黒法師は水やりすぎであっという間に枯らすマンなんですけど。

 コンシンネは、株が成熟すると、段々色が白から赤くなってくるそうで。
 まあ、その他にも日光に当てないと赤くならないとか言われていますけど、私はばっちり日光の当たる場所を確保しましたよ!でも、急に日陰管理から直射日光に当てると葉焼けするという……ここのところは、観葉植物の摂理ですね。

 あと、部屋にゲジゲジが出ました。
 ゲジゲジっていうのは……まあ、ググってもらえればわかるのですが、ムカデの素早い版みたいな虫です。
「うおおおおおおお!!(かみなが恐怖しているっ!!)」ってなったのですが、この虫、ゴキを食べる益虫でもあるんですよねえ。姿は気持ち悪いですけど。

 でも、ゲジがいるってことは、ゴキもいるってことじゃん!ということに気がついて、バルサンしました。
 最近のバルサンには、火災報知器に引っかからないようにカバーが付いているんですね。アースの足で踏むやつと迷ったのですが、こういうのは老舗が一番だろう、ということでバルサンにしました。

 2時間ほどテレビ観ながら待って、部屋に戻って換気。でも、バルサンの匂い、私は嫌いじゃないです。蚊取り線香も平気ですしね。火薬っぽい匂いが好きなんでしょうか。
 蚊取り線香は、東南アジア辺りで需要が拡大しつつあるそうです。あっちの方では、蚊による伝染病とかが流行っているので、蚊取り線香はまさにターゲッティングとしては成功しています。
 
 コンシンネに話を戻しましょう。
 コンシンネの場合、一番枯らすのが多い原因は、「根腐れ」だそうで。
 なんでも、水をやりすぎると、すぐに根腐れを起こすタイプの植物なので、水管理が難しいのです。まあ、逆に言うと、そんなに水をあげなくても大丈夫な植物ってことなんですけどね。
 根腐れを起こすと、コンシンネの茎がぶよぶよになります。黒法師と同じですね。

 まだ茎の上の方が無事な場合は、そこから切って土に挿しておくと、根が生えて復活することもあります。
 育て方としては、夏場は1週間に1回の水やりでも良いのですが、その他の涼しい季節は2週間とか、冬場は何ヶ月単位で水を切っても良いそうです。

 そういえば、アジアンタムの葉っぱが黒っぽくなってきていて、「何これ!?」と思って調べると、あまり長時間風に当たった場合、葉が黒っぽく変色するとのこと。
 風……ああ、エアコンの風か。というか、そっちまで届くんですね?というぐらいのエアコンの風量なんですけど。
 アジアンタム、果たして2号と3号は無事に大きくなれるのでしょうか!?

「アジアンタムは、買ってきた当初が一番大きい」という話もありますがね。
 まあ、難しい植物なんですよ、うん。でも、中にはプランター一杯に育てているプロ並みもいるそうなので、アジアンタムマスターへの道として、頑張ります。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

高畑裕太、強姦致傷で逮捕について

 高畑裕太ねー……。私、前からこの人嫌いだったんですよねえ。
 なんとなく、調子に乗ってるのは分かりましたし。他に、調子乗ってて嫌いだった芸能人といえば、くじら(芸人)と小梅太夫(芸人)で、芸人トリプルセブンかと思っていたのですが、なんでしょうね?なんとなく嫌いで、ぴったんこカンカン観ていても出てくるとチャンネル回したりしていました。

 それが、今はレイパーですよ。他にも読んでいると、橋本マナミが「男として見れない」とぴしゃりと断っていたり(この人は、キャラ的にも他の男性からのアピールはやんわりとかわす程度だったのに)、アイドルの子が高畑に触られるのを嫌がっていたりするのを見て、「あー、やっぱり」と思っていました。

 多分、女は本能的に「こいつやべえ」というのが分かるんでしょうね。まあ、ただし書きが付くとすると、「一部の女は『こいつやべえ』を母性本能とかに置き換えてしまう」というのもありますけど。
 まー、典型的な「2世タレント」だったんでしょうなあ。高畑淳子が、現場に連れてきて、「うちの子をよろしくお願いします」ってやってたって言いますし。2世タレントにありがちな、「親の威光を自分の実力と勘違いして図に乗る」っていうのもあったと思いますよ。大抵、時間が経つにつれて、今までの自分の能力が全て親の威光だったと気づいて、しおしおとしおれていくのですが、高畑は犯罪やっちゃいましたからねえ……難しいでしょうね。

 まだ、薬物とかだったら、違法だけど自分一人の問題で済むのですが、今回はレイプ事案ですから。世間の女性方のレイプ犯に対する目は冷たいですよ。レイプもの好きな男性でも、「フィクションはフィクション。それが分からない馬鹿は死刑にしろ」という人も多いです。

 しかし、高畑敦子はどうなっちゃうんでしょうね……。マリバロン様(仮面ライダーの悪役)やってた頃のことも否定せず、「仮面ライダーがあったからこその今日です」と公言している人だったので、好感を持っていたのですが。
 平成ライダー世代だと、「ヒーローものに出たことはメンツ」という世代も多いと思いますが、昭和ライダーは「売れない頃に出るのがヒーローもの」という世代なのですよね。黒歴史化したくなるというか。
 藤岡弘くらいになるとまた別ですが、高畑淳子は、悪役だったのを認めている発言する人でしたからね。

 というか、高畑裕太関連の記事を色々読んでいたら、事件を起こした後も、警察が来るまでホテルで普通に寝ていたという事を知って、「ええ……」となりましたよ。
 マジでこの人、サイコパスか何かじゃないの?と思います。でも、サイコパスってそんなに初歩的なミスするのかな?と考えると、頭が残念な人なのかな?と。

 逆の立場で考えると、レイプ犯罪起こして、その部屋で寝られます?私だったら、そもそもレイプ自体起こせないと思うんですけど、万が一、私が男で、従業員をレイプしたとしたら、慌ててチェックアウトして行方をくらましますよ。
 というか、普通なら皆そうするんじゃないでしょうか?高畑、頭おかしいとしか……。

 橋本マナミの件といい、アイドルの子とか、他の女優さんとかにも業界の裏では嫌われていたらしいですし、ホントに女性の口説き方とかを知らない人だったんだなあと。
 イタリア男とかも、女性なら誰にも声をかけると有名ですが、あれもちゃんと空気を読んでいますからね。きちんと、性欲だけじゃなくて、女性を立ててそうしているのですから。
 
 まだ若いんでしょうけど、レイプ事件を起こしたんじゃ、もう業界にはいられないでしょうねえ……。
 薬やケンカならまだ「若気の至りで」と言えば更正可能ですけど、レイパーは一番嫌われる犯罪ですから。
 
 男性で、「俺は男だから分からないけど」って言ってる人もいますけど、とある男性の体験談では、「満員電車内で、友達にふざけて痴漢のふりをされて尻を撫でられたり玉を握られたりしたけど、本気で吐き気がして、心臓ドクドクで一歩も動けないし、声を出すこともできなかった」とされていますし。
「アメフトやってて、ガタイの良い俺がそうなるんだから、女の子なんてどれほどの恐怖を感じることか、と考えさせられた」とその人は続けています。
 
 高畑は、一生その前科持ちという十字架を背負って生きていくしかないでしょうね。
 もう芸能界からはオファーないでしょうし。芸能界以外の世界を知らない人間って、どうやってこれから生きていくんでしょうかね?それで「病んだ」と言われても、それは自業自得だと思いますけど。
 本気で、どうするんでしょうかねえ……・。でもまあ、一人の女性の人生を狂わすほどのことをしたのですから、自業自得ですけどね。

モンステラの成株からまだハート型の葉っぱが!?

 台風通過後。うちは、特に目立った被害はありませんでした。植物類はほとんどが室内ですしね。
 庭の植物はどうだか分かりませんけど。野菜とかは大丈夫だったのかな?

 野菜といえば、ナスにアリが寄ってくるのは何故でしょうか?うちだけ?
 祖母に頼まれてナスの収穫をしていた時、アリがそこら中に集っていたのですが。ああん?なんで?
 でもまあ、夏野菜も終わりの頃の台風だったので、そこは良かったのかもしれません。収穫の前とかだったら多分、すっごい落ち込むと思うんですよね……。

 田んぼは、ちょっと田んぼの様子見てくる(死亡フラグ)ということは、プロ農家では滅多にやりません。台風の恐ろしさを知っていますしね。
 田んぼの様子を見てくるという人は、多分比較的新しい農家さんの家だと思います。でも、地方とかだと、未だに水利権とかでそういう風習が残っているところもあるそうですね。うちもまあ、地方と言われれば地方なんですけど、水替えなんかでは「隣の家がじゃんじゃん出しててうちに回ってこない」とか祖母が文句を言っていたりしますけど、家庭内で文句を言う程度に収められていますし。

 さて、最近愚痴ばかりですみませんね。植物更新に戻します。
 といっても、また今日もモンステラの話題……。
483

 一応、他の葉は切れ目が入っているのに、今更ハート型の新芽が出てきたんですけど、これは……。
 基本的に、モンステラの葉っぱっていうのは成熟した株は切れ目の入った葉っぱが出るようになってるんです。なんでだ?人間の赤ちゃん返りみたいなもの?もしくはエイジプレイ(いわゆる赤ん坊プレイ)?

 心当たりといえば、あんまり水をやってないってことですかね?いや、鉢が大きいので、消費水量が多いから……。
 モンステラは、意外と水食いなので、本来なら鉢の表土が乾いたら水をやるという育成方法なんですけどね。夏場は、すぐ土が乾くのですが、途中で何かと混同したのか、水やりしない日々が多くなったら、新芽が出てこなくて葉っぱがしなしなになってしまいましたよ。
 多分、「観葉植物は水やりは控えめに。葉っぱがしんなりしてくる頃にあげるくらいがちょうどいい」という説を信じて実行してたんだと思います。

 でも、「モンステラは水やれ!」という意見があったので、今はちょくちょく水やっています。でも、気根はあんまり出てないかな?水を控えめにすると、気根が出てくると言われているんですけどね。
 本当は、毎日水やった方が良いんですけどね……。ヒメの方は、日陰なので2日に1回くらいの水やり、室温34~5度の時は毎日水をやっています。エアコン、室外機が熱されているとあんまり効かないのです……。多分、30度くらいしか下がらない。ガス抜けてるのかなあ。エアコンが効かないのって、エアコン本体ではなく、室外機に問題がある場合が多いらしいです。

 というか、写真が最近の植物関連にしては、珍しくピント合ってる気がしますが。
 私、結構やるでしょw(ピント合ってる方が普通なんだけど)
 アジアンタムとかはほぼピント合ってない写真上げてるんですけど、そういえばモンステラはカメラと相性良い気がしますね。
 丈夫だけど、写真写りが悪いのがミクロフィラ・ソフォラという種類です。葉っぱが小さくて、茎がカクカクと曲がりながら成長する植物なんですけど、茎も細いですし、葉も小さいので、撮りにくいんですよね。

 モンステラも、可愛いですよ。一鉢あると、そこに南国の風が吹きます。
 ヒメモンステラなんかだと、700~800円くらいで買えると思います。お勧めな植物です。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

更新をせっつく人はどうなの?

 ちょっと、今日はフィクション入りということでお願いします。

 少し前から、とある知り合いにメールで「あのカテゴリの記事を早く書くこと」と言われ続けていて、もやもや。そういうのって……どうなの?と思ってしまっています。
 
 そりゃあ、それほど私の文章を心待ちにしてくれる……という取り方をすることもできますけど。私は正直、「はあ……」となったんですよね。それから、段々その知り合いのことが重荷になってきまして。次第に返事も返さなくなっていきました。

 まだ、私がプロで、売文家として文章で仕事をしているとかならば、分かるんですよ。それなら、ファンレターとかで「○○の続きを……」というのも、プロの人は沢山貰っていると思いますし。
 でも、プロでもなければセミプロ(同人とかね)でもない、金銭のやりとりが発生していないブログの更新を、そうやってせっつくのはどうなんだろうと。
 いや、セミプロでも、そういうのはちょっと……と思われるのではないでしょうか?同人で例えると、ジャンル替えした書き手に「前のジャンルの更新をしてください」と言っているようなものですし。

 一応、その人もブログ持ちなんですけど、その人はそんなにブログを更新していないのですよ?これが、毎日バリバリに更新している人なら、まだ「天才型で、スランプとかが分からない人なんだろうな」と納得はできるのですが、自分は毎日更新できていなくて、こっちには毎日とあるカテゴリの更新をせっついてくるという……。

 その行為に、かなり困惑しまして。そこは超えちゃいけないラインなんじゃないかと私は思うのですがねえ。

 う~~~ん……。私にまったく非がないとは言いませんよ?私も、そのカテゴリの更新がないことは認めますし、そのカテゴリを持っているからにはちゃんと更新するのが理想だとは思っています。
 でもな~……それでも、ちょっとやりすぎの感がありまして。これはどうなんでしょう?ということで、第三者の目からの助言・苦言があればお聞きしたいと思って、こうして記事にさせていただきました。

 さて、こういうときはもちろん植物だ!ということで、植物の方も更新しますよ。って、こういうノリがダメなんでしょうか?とほほ。

 どうしても、匍匐しないヒメモンステラ。
482

 ヒメモンステラは、這うようにして成長すると言われていますが、未だにこいつは這わず。私としては、普通のモンステラの小さいバージョンなのではないかと推測しています。
 一応、今持っているモンステラ1号よりは小さいのですが。でも、葉っぱは全部切り込みが入っています。
 モンステラ1号は、ハート型の葉っぱが出ているのですが、これは、株が未熟な証拠なのです。モンステラは、元々幼木の時はハート型の葉しか出ません。だから、ダイソーなんかのクワズイモと混ざっている時は、ハート型の葉っぱの株を探すと、モンステラという訳です。
 
 ダイソーの小さい苗から育てて、普通のモンステラの大きさになるには、大体1~2年かかるそうです。2年ほど鉢替えをしながら育てると、段々葉っぱの裂け目が出てきて、よくホムセンなんかで見るモンステラの大きさになるとのこと。
 ある程度なら、日陰でも育ちますよ。私のヒメモンステラは、日陰で育成しています。
 ただ、徒長はしますけどね。まあ、徒長したら切っちゃえば良いのですけど、日陰からいきなり直射日光に当てると葉焼けします。特に、今の時期は一日で真っ黒に葉焼けするので、ご注意ですよ。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

心の病は人の人格も変えてしまうのか

 お盆休み辺りから、ネットの回線がブチブチ切れて、今日なんて一日3回も、1時間くらいネットにつなげない時間がありましたよっと。
 うちは、jcomという、ナローバンドもナローな、catvの回線引いてるんですけど、この間料金プラン見たら、普通に光通した方が料金的にも変わらないような。まあ、悪名高いヤフーとかじゃないのは幸いなんですけど。
 
 まあ、光通すにしても、まずはうちは父親がそういう電器関係の決定権を握っているので、父親に相談するしかないんですけどねえ。

 さて、今日の植物。
 の前に、私はブログ村ではinランキングで見ているのですが、ランキングがなんと4位にまで上がっているのを見て、思いっきり膝から崩れ落ちました。
 4位って。どんな進化の飴使ったらそうなるんだよ。

 しかし、これも皆様のお力添えあってのことです。本当に嬉しいので、これからも「ちょっと右川のところに行ってやるか」という軽い気持ちで見に来て頂いたらと思います。

 最近、体調を崩しまして、それから心も不安定になっていたので、見る人から見れば「あ、右川参ってるな」と思うことも多々あったと思います。
 私は元々精神の病を持っており、何かに没頭していないとはっきり言って普通に廃人になります。それも、ネット廃人とかの廃人度じゃなくて、普通に布団に入って起きたら夕方7時とかいう廃人です。いわゆる、うんこ製造器なんですけど、そのうんこも便秘で出ないって言うね。まあ、ご飯食べてないので当たり前なんですけど。

 仕事にも、当然行けず、今月は3回くらいしか行っていません。施設なので、無断欠勤してもあんまり怒られないのですけどね。
 でも、入ってくるお金を使ってしまうので、植物増やしたりはしています。ほんと、ドクズですわ。
 しかし、それでもこのブログで、「右川さんの更新を楽しみにしています」という人たちが増えてきて、何とかなっていますよ。というか、その拍手とか、ランキングポチとかでかなり勇気づけられています。「私は、ネット空間では求められている存在」と思えるんですよね。

 だから、心の病を持っている人も大丈夫ですよ。だからといって、病んでいる人って、自分のことばかりで、他人のことをあまり考えていない人が多いような気がします。
 というのも、私が無視し続けている知的障害の人が、明らかに私の行動で職場で暴れまして。なんというか、「そこまで私に執着しようという病み具合が怖い」と思ってしまいました。無視し続けているのに、1年は粘着しているわけですからね。そこのところ、普通就労できるの?とも思います。
 
 まあ、病んでる文はここまでにして。
 ヒメモンステラが新芽を展開中です。
481

 なんか、ヒメモンステラは匍匐性の植物だって聞いていたのですが、今のところ30cmを超えて、ぐんぐん大きくなっています。
 普通に立ち姿のモンステラなので、本当にヒメモンステラか!?と思ってはいるんですけど、どうやらヒメモンステラでも、ただ単に株の小さなモンステラもヒメモンステラというそうです。それなのかな?

 あと、アジアンタム関係で皆さんアジアンタムに興味ないというデータがでているのですが、これってシダ植物ですかね?でも、定点観測は続けていきたいんですけどねえ。

 まあ、暑さに負けず頑張れ、植物たち!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村