2016年06月の記事 (1/4) | 魔法石の庭3rd

2016年06月の記事 (1/4)

センペルビウムが溶け始めましたよ

 センペルビウムの子株溶けたー!って騒いでましたが、調べてみると、そういうものらしいんです。
 植物の世界も弱肉強食。自然のことですから、弱い株はどうしたって枯れるし、強い株はたとえ水を1ヶ月切らしても生き残っているそうです。
 ……まあ、私のセンペルは、明らかに水あげ過ぎで、親株にも下の方から溶けていっていたので、下の葉っぱを引っこ抜きました。どこかで、「傷んでいる多肉は取り除かないと伝染する」って言葉を真に受けたからなんですけど。いや……でも、確かに伝染するんですよ。科学では「そんなバカな」と一笑に付されるかもしれませんが、私が多肉を育ててきた経験から言うと、あながち間違ってもいない説だと思います。

 これから、センペルはカラカラ管理で行きますよ。徒長しているハオルチアの土が、常に湿っていると徒長するみたいなので、スパルタで行きます!これも、将来のあなたのためなの!

 ちなみに、今のセンペルがこれ。
426

 数えてみたら、子株が2個ほど溶けて、跡形もなくなっていました。
 増えたら増えたで、置き場所とか植え替えで頭を悩ますんですけど、正直ちょっとほっとしています。センペル、これ以上増えてもどうしようもないですからね……。

 ちなみに、水没していた、ヤブコウジは元気になりましたよ。新芽がわさわさ出ています。
 同じく水没したショウナンゴムノキは、全然変わりなく。もしかして、この植物、すっごい強いんじゃ……。

 で、ちょっと不穏なことを考えたのですが、ハートカズラのむかごとか、家庭内で修羅場化してるときに料理に混ぜたら大変なことになりますよねえ。
 世の中には、「わざと旦那の食事は塩分多めで、保険金もかけてあるのでワクワクする」という、サイコジェニー的な奥様もいるのですよ!

 まあ、その前が、浮気しておいて「浮気は男の甲斐性だ!女は妻として生活費を貰っている立場なのだから、文句は言えまい」という、モラハラ夫だからなんですけどね。
 
 まあ、ハートカズラのむかごぐらいで体調を崩す人もなかなかいないと思いますけど。ジャガイモの芽だったらともかく。だから、「ぞーきんの絞り汁でお茶を出す」ぐらいの復讐なんでしょうね。
 
 未だに、昭和の価値観から離れられない男っているんですよ?私は、友達の聞き役として相談に乗ることもありますが、「それ、平成じゃ通用しないんだけど……」という事例ばかりで、だから、私は結婚できないのかなあとも思っています。
 ある知り合いは、「じゃあ○時ね」と待ち合わせを決めておきながら、必ずと言って良いほど男が2時間も3時間も遅刻するので、その間にネットカフェでネトゲにはまり、いわゆる「姫ちゃん」になっていて、ゲームの仲間の方が大事になって、別れたって話も聞きましたけど。

 その男っていうのも……。ネットゲームのことを話したら、「それはオタクがやるものだからやめろ(彼氏はギャル夫)」といわれ、「じゃあ、あなたが2時間も遅刻しなけりゃいいじゃない!」と反論したら、「俺は寝起きが悪いんだ」と逆ギレされたのこと。で、結局「別れましょう」ということになったそうです。

 ちなみに、私の経験でも、同じオタクで知り合った人とメール交換していたら、「これにはまってまーす」とネットゲームの写真をブログに上げたら、「ネットゲームはダメ-!」と止められたことがありました。あれは、地味にむかつきました。というのも、彼がまだ自分ではネットゲームをしていることを知っていたからです。
 
 はー……めんどくさい。人間関係めんどくさい。私は貝になりたい(んな名作映画持ってくんなや!)。
 にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

フランス人のプライドの高さはハンパない

 新しいリングを注文してから、もうすぐ一週間ですが……。
 ちらちら荷物追跡サービス見ていたら、「beijing」発送ですと。
 beijingってどこだ?と思って調べたら、北京だと。うーん、大都市って税関通るまで長いんですよねえ……。

 なんでも、中国からは1週間~2週間の間に届くことが多いとのこと。
 前のリングも一週間でしたねえ。
 北京・上海・広州などの大都市からの発送は、税関に通す荷物が多いので、時間がかかるとのこと。逆に、地方の国際交換局だと、割とすんなりと通ることもあるらしいです。

 中国圏でも、香港とか台湾は5日くらいで届くそうですし。

 で、思い出したのですけど、とある動画で、台湾からの観光客がエレベーターに乗っていたところ、地元のアメリカ人が「中国から?」と聞いて、「ノー」。次に「日本?」と聞いたら、ちょっと嬉しそうに「ノー」。で、最後に「韓国?」と聞いたら、えらい剣幕で「ノー!!」と詰め寄ったので、アメリカ人はびっくりしたように「ソーリー」と謝っていました。

 フランスに姉妹旅行によく行っていたうちの母も、「海外の日本人ブランドはすごい」と言っていました。
 叔母と一緒に行ったのですが、叔母は、とにかく行動力がめっちゃ早い。ので、フランスに行くと決めたら、すぐにフランス語教室に行って、困らない程度のフランス語を覚えて行ったと。

 で、フランス語で色々喋ってきたところ、とあるミセスに「あなたたちはブランドに興味ないの?」と聞かれ、「ブランドはどうでもいい。美術品や絵画を見に来た」と言うと、深くうなずいて「素晴らしいわ」と。
 そして、「フランス語になまりがあるわね。英語は喋れるのかしら?」と聞かれて、「日本語とフランス語しか喋れない」と答えたら、がっちり握手されたとか。「そうよ!世界の公用語とか勝手に言ってるけど、英語なんて喋れなくても問題ないわ!」と熱く語られたそうです。

 フランス人、イギリス嫌いな人多いもんなあ……。

 まあ、母も叔母も、体が小さくて、一見大人しそうに見えるので、差別っていうか、ナメられることもあったそうですが(デブのババアに無理矢理並んでいた美術館への列に体をねじ込まれたけど、叔母が抗議して、後ろに並んでいたおっちゃんやおばちゃんも「彼女たちの方が先に並んでたぞ!」と援護してくれたので、そのババアは「フン!」と鼻を鳴らして後ろに並んだとか)、「日本から」と言って嫌な思いをしたことはなかったそうです。

「中国人と韓国人は嫌い。どこでも大声で喋って、散らかして、自分たちこそ王様だと思ってる。日本人は清潔で礼儀をわきまえてるから好き」と言われることが特に多かったそうで。……まあ、日本人と喋ってるから、日本びいきの発言をするのは当たり前かもしれませんけど。

 まあ、「ジャパニーズ」と言って、ナメられることはあっても、比較的好意的に接されることが多かったそうです。
 でもまあ、中には「フランスうつ」なんて言葉もありまして、「きらびやかなフランスのイメージで行ったら、人が冷たくて(多分、英語で話しかけるからかと……)、道も汚い。こんなの私が想像してたフランスじゃない!」と鬱状態になる人すらいるそうです。

 実際、漫画家の小林よしのりさんがフランスのブランド品をお土産に頼まれて買いに行ったところ、大阪のおばちゃんみたいな人たちがひたすら「ディスカウントプリーズ!!」を連呼しており、店員はむすっとしていたと。で、わざと無視をするので、小林さんがフランス語で「このバッグを見せてください」と言ったところ、急にはっとした表情になって、気まずそうにバッグを出してくれたとか。
 小林さんは、「そりゃあ、自国に絶対のプライドを持っているフランス人に英語や日本語でまくし立てても相手にされないだろう……」と思ったとか。

 どこか、海外に旅行することになったら、挨拶とか簡単な言語ぐらいは学んでおいた方が良いのかも知れませんね。
 というか、それが最低限のマナーかと。

多肉が溶けた:お薬の話

 観葉植物たちに水やってたら、この季節は新芽の季節ですね!
 どんどん出てくる新芽に、植物の神秘を感じずにはいられませんでした。
 
 さて、ヤブソテツに水やってたら……。
425

 新芽発見!真ん中の、ピンぼけしてるやつです。もっと良い写真撮れや……って話ですけど、何度撮ってもピントが合わなくて。こういうこともまあまああります。
 
 まあ、写真界では、「1000枚10000枚撮って、本当に気に入って使えるのは2~3枚」と言われていますが、とりあえず、数を撮って慣らすしかないですね。

 ちなみに、薬飲んだからか、頭がびよーんびよーんになっています。あり得ない文節での区切りとか失敗したり。先生には、「寝る前に飲んでね」とのことですが、なるほど。
 でも、後でネットで調べてみたところ、「血中濃度がピークになるのは飲んでから1~2時間経った頃」といわれており、大体それぐらいの時間で逆算して飲んでいます。

 まあ、強い薬はジプレキサだけなので、あとはまあ、普通に出される程度の薬です。
 レンドルミンとか、最弱の睡眠導入剤ですしね。私はこれを2錠貰っています。

 まあ、私が「病気ですが何か?」と開き直るようになったのも、ごく数年前のことで、その前は、2chのメンタルヘルス板とかよく見てました。
 それも、荒れてるところとか、固すぎる話題のスレはあんまり読まず、「小人報告」とか「あったら嫌な精神病棟」とかのお笑い系をよく読んでいました。

 小人はねー……私も、サイレース貰ってますけど、全然小人出てきません。話では、「マイスリー」が出やすいそうですが。

 そういえば、ちょっと前に病院行く夢を見まして、その中で私は「やったー!デパスだー!」と新処方に喜んでいました。デパスって、評判良いですしね。
 私のような、陰性統合失調症には、デパスとかアモキサンとかは、「飲み合わせが悪い」ってことで出されない薬なんですよねえ。かれこれ8年ほど病院にお世話になっている身としては、一度くらい「これ飲むと楽になる」というデパスを飲んでみたかったんですけどね。

 それにしても、今日はミスタッチ多いです。直すのめんどくさいですけど、ライターの卵としてはそんなこと言ってられませんしね。
 眠いのかな-?まだ、一時間経ってないんですけどね。
 あと、センペルビウムが溶けてきました。多分、加湿。まだ腐ってきたのが下の葉だけなので、腐っている場所を抜いて、様子を見ます。

 多肉って、水あげ茶いけない種類もホントにあるんですねー。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

ジャスティスコナカさんの動画、面白いですよ

 カップ麺食べまくってて、カップヌードル(チリトマト)→カップスター(しょうゆ)→わかめラーメン→麺づくり と遍歴を経てきました。
 今はまってるのがこれ。
424

 麺づくりの醤油とんこつ味です。
 麺づくりシリーズはどれも美味しいのですが、これ、一番美味しいと思います!お値段が110円くらいでよく安売りしているので、安売りしてる時にまとめ買いします。正規の値段は130円くらい?

 ともかく、これ美味しい。今は、そこらのラーメン屋に行くぐらいなら、はっきり言ってカップ麺買って食べた方が断然安上がりでしかも美味い!と思います。
 まあ、内容量は確かに少ないので、男性は物足りないかな?
 ラーメン二郎とか行ってる人は、2杯くらい食べないと足りない気がします。……いや、二郎でもコールによって差はあるんですけど。

 二郎行ったことなくて、でも行ってみたいなという人は、あらかじめコールを覚えておきましょう。
 私も、行ったことないんですけどねwまあ、私の場合、お腹減ってる状態で並ぶのやだってのも、病気で外食できないってのもあるんですけど。
 初めての人は、小ラーメン。小食だったら、並んでいる時に「麺の量は?」と聞かれるので、「麺半分」と伝え、さらに店内で「ニンニク入れますか?」と聞かれたら、「野菜少なめ」とコールしましょう。

 これなら、普通のラーメンぐらいの量が出てきます。ちなみに、二郎系はほんとに量が多いので、大食い自慢の人でも、最初は小ラーメンで様子を見るのが良いとされています。

 私自身があまり量を食べられないせいか(胃の容量が少ないだけで、普通に消化はするので、量は少なくても間食してしまうことは多い)、大食いの人って魅力的に見えるんですよねえ。
 特に、犬食いじゃなくて、綺麗に食べられる人は好きです。ギャル曽根とか、youtuberのジャスティスコナカさんとか。
 ジャスさんは、最初「ファンク」と名乗っているので、ちょっと名前がこんがらがると思いますが、ジャスさんが動画に出てる人とか編集とかする人。ファンクさんはマスコットキャラ(本人曰く妖精)に当たります。
 
 ジャスさんの大食いは、綺麗で美味しそうに食べるので、見ていて気持ちいいんですよねえ。
 前もジャスさんについて書きましたっけ?私のお勧めの大食いyoutuberさんです。
 トークも面白いんですよ?時々、昔の「切れたナイフ」だった頃のジャスさんが出てくるのも面白いですね。

 私、基本的に文化系で目立たない、校則とか守る方だったので、いわゆる「ヤンキー」系の人はあまり好きじゃないんですけど、ジャスさんのトークは、不思議と嫌じゃないんですよね。
 うーん、元ヤンだけど、今は「森昌子」だからかな?wちなみに、恐妻家ならぬ恐彼女家だそうで。彼女さんが、切れるとレディースみたいになるので怖いそうです。
 
 今、ブログとかコメントで荒らしにつきまとわれているそうですが、一旦は「もういいかな」と動画投稿を止めようとしたところ……。
 その荒らしから、「ジャスも潰したなwお前の仲間も潰してきたからwもう見なくて良いと思うとせいせいするわwww」という挑発メールが送られてきて……。
「あんた、うちの仲間にも手ぇ出してたの。ふーん……。引退延長決定です!!あっちが諦めるか、私が諦めるかの勝負ですよ。これからもどんどん動画上げていきますよ」と、「切れたナイフ」のジャスさんが出てきて、引退を取り消すということに。
 
 その頃、私もユアマイソーソーとバトルしてた頃だったので、同じような境遇で諦めないジャスさんが輝いて見えたんですね。
 そんなこともあって、東京刺激クラブの世界にどっぷりはまっている訳です。
 というか、荒らしって言ってることほぼ同じなんですね。そういう「荒らしヨットスクール」みたいなテンプレとかあるの?吉本荒らし養成所みたいな学校があったりするの?

 戸塚ヨットスクールと吉本養成所に謝れ!私!って感じですかそうですか。
 関係者の方は申し訳ありません。

僕たちの失敗

 梅雨入りして、毎日じめじめ蒸し蒸しの季節ですね。
 日中でも、まだお布団が恋しい季節ですが、こういう気候の時に多肉は弱りやすくもあります。元々、多肉はアフリカなどの、からっとした晴れの日が続く地方からの原産なので、亜熱帯の日本ではなかなか梅雨越しというのが難しくもあります。
 で、私は、今日2回ほど大きな失敗をしました。
 一個目。
423

 タイトゴメが溶けてるぅ……。
 水やってる時に気づいたのですが、もう3株くらいしか残っていませんよ。あばばば。
 多分、原因は、水やる時にちょうどタイトゴメの所に水がかかるようになっていたので、蒸れだと思います。セダム好きなのでショック……。しかし、他のセダムは元気ですよ。タイトゴメだけがこんな姿に……。

 そして、2つ目。
421

 この、ロードライトガーネットを、排水口にシュウウウウト!!しました。顔洗うのに、指輪を外していたら、手が滑ってそのまま排水口に……。頑張って落ちた瞬間、排水口の口を塞いでいましたが、ああああああああ!!
 アカン……もう、私、今日はアカンわ……。

 とあるネット友さんが、指輪の石をなくしてしまったとのことで、「石ってなくなる時は不幸を持って行ってくれるっていいますし……」みたいなことを言っておきながら、ごらんの有様だよ!!
 勢いで、前から「いいな」と思っていた指輪をポチったりしたけど、私は元気です。なくしたらすぐ次のアクセサリーって、お前はガンダムの主人公か!!ヒロイン死なせたらすぐ次の女探しやがって。

 次の指輪は、一応アレキサンドライトって書いてありましたが、写真がなんかピンクです。アレキサンドライトって、人工は水色→ピンクで、天然は青→赤に変わるんですよ。うーん?確かに人工って書いてありますし、別に色が変化しなくても1700円くらいだったので、良いんですけどね。

 アレキサンドライトは一個持ってるんですけど、もちろん人工です。でも、9号なので、太った私にはちょっときついんですよね。
 ちなみに、ネット友さんのなくした石もアレキサンドライト。スピリット界の旦那様のイメージ石とのことで、かなり落ち込んでらっしゃるのですが……。

 というか、アレキサンドライトの天然だったら、「ダイヤより高い石」と言われており、高い物は何千万の世界です。やっばいですよ。そんなの付けてうかつに出歩けませんわ……。
 
 2回の失敗で、なんかもう、ダメです。
 こういうときに宝くじとか買ったら当たるのか?とも思うのですが(ギャンブル運は他の運が低い時に上がるという)、多分200円しか当たらない気がします。
 そういえば、1000万当たった人が、宝くじ売り場の人にうっかり「ここで当たったんですよ」と口を滑らせたところ、「当たりの出た店」として売り出したことで1000万がばれて、親戚や知り合いが金の無心に来る……という不幸が起きた人なんかいるそうです。
 宝くじは、当たっても、家族にさえ話してはいけないとか。大金稼いだら、人間不信になるのも当たり前なのかもしれませんねえ。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

2年目のハートカズラにむかご付いた

 ハートカズラ、もう初夏になるのに、今年はずいぶん蔓が伸びるのが遅いな?と思っていたところ……。
422

 お、おー?これ、むかごですよね?
 昆虫の繭みたいなのが、転々と10~20個くらい付いています。これがあったから蔓が伸びないのか……。
 
 むかごというのは、イモ科の植物によく見られる特徴で、蔓の途中に小さなイモを付けます。イモなので、食用に適している、たとえばタロイモや山芋類などのむかごは食べられます。
 生で食べることはあまりなく、主に茹でて、根菜部分と同じように食べます。
 戦時中なんかは、イモの茎まで食べた……なんて話もあるので、イモ類はどこでも食べられるのかもしれません。ジャガイモの芽には毒があるので食べてはいけませんけどね。

 ちなみに、ハートカズラ以外にも、私は観葉植物のイモ類を育てており、フィロデンドロンとモンステラがそれに当たります。
 どちらも、多分ガガイモ科ですね。というか、ハートカズラもガガイモ科なんですけど。……調べ直して、初めて知りました……。もしかしたら、ハートカズラを育て始めた頃にえらそうに講釈垂れていたかもしれませんが。

 しかし、むかごを付けるのは、ハートカズラだけですね。
 他の植物は、イモらしく地面から直接葉っぱが生えている感じですので。

 ハートカズラは、これ以上増やす気はないので、残念ながらむかごは放置すると思います。むかごを放置するとどうなるかは分かりませんけど、まあ、勝手にここから生えてくることはないと思います。

 同じ多肉なら、センペルビウムも子株放置してありますねえ……。
 そういえば、センペルビウムは子株が未熟なうちはピンク色かかった色らしいですね。株が成熟すると、段々ピンクが薄れてきて、緑の、根元だけがピンクがほんのり残っているという感じになります。
 
 ハートカズラのうちにも、「レディハート」という種類があります。
 これは、ピンク色をしたハートカズラであり、「レディハート」と表記していても、茎だけが赤いやつは普通のハートカズラなので注意です。レディハートは、斑入りで、斑の部分がピンク色になっているものです。
 時々、ショップ側も混同していることもあるので、これも目利きが必要ですね……。

 ハートカズラは、育成は中級者向けとされていますが、私は育ててきて、初級者でも良いのでは?と思っています。
 普通の多肉よりは水を欲する植物ですが、水やりさえちゃんとしていれば、冬越しもしますし、強健だと。
 手入れも特に必要ないですしね……。蔓があまりに伸びて困る、と言うときは切り戻しして良いそうですし。ぶら下げて育てる他にも、普通に机から蔓を垂らして育てることも可能です。

 ただ、蔓が傷んでいたり、日陰で育ててひょろひょろの細い茎だったりすると、ふとした時に切れてしまったりしますので、ご注意を。
 長~く育てるには、確かにちょっと難しいかもしれません。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

ロードライトガーネット:ルソーの「教育論」を簡単に

 これもガーネット……といっても、よくあるアルマンディンじゃなくて、ロードライトガーネットという、アルマンディンの次に出土量の多いガーネットです。
421

 指毛は見ないことにして。
 ロードライトは、ロゼワインのような、ピンクがかかった石です。普通のアルマンディンとかパイロープなども真っ赤で素敵なのですが、女性に圧倒的に人気があるのがこの種類なのだとか。
 そういえば、以前もロードライトについて語ったことがあったかな?と思うのですが、まあ、書いてる人間が忘れてるぐらいなので、もう一度復習です。

 ガーネットといえば、その多様な発色性にあるのですが、ツァボライトという、黄緑色のガーネットが、今は一番高価であるようです。
 そう、黄緑のガーネットなんてものもあるんですよ?他は、緑とかオレンジとか。ガーネット=赤というイメージですが、ガーネットコレクターの中には、ルースを箱に詰めて、国際ミネラルショーなどで、「この色以外に置いてあるガーネットありますか?」という、なんとも太っ腹な買い方をする人もいるそうです。

 その人の宝石箱の写真を見たのですが、一列5個くらいのルースが、3列くらいになってて、つまりは15種類ほどのガーネットが世の中にはあることに。お、面白い!ガーネットの世界、面白いぞ!
 ……まあ、私の財力では、コレクターになるのは無理なんですけど。

 それと、スピリチュアルの話になってしまいますが、私、今までガーネットって苦手だったんですよ。
 確かに、「綺麗~」って付けているのですが、そうすると人から何かを頼まれることが煩わしくなって。たとえば、お茶を入れるのでも、「父も食べ終わる頃だし、そろそろお茶入れるか」と席を立ったら、その瞬間に母や祖母に「お茶はまだ?」と言われ、「今やろうとしてたのに!」となってしまうのです。
 アルマンディンでも、今までのロードナイトでも同じような効力があったので、「私、ガーネットには向いてないのかな?」と外してしまうことが多くなりました。

 しかし、このロードライトは、そういうことがありません。
 むしろ、「食器を片付けて」と言われても、「洗濯物を畳んで」と言われても、「はいはい」とできるように。……なんだその順応力!どうした自分!?

 昔から、ガーネットは「実りの石」とされていて、「コツコツとした努力を実らせてくれる、努力家に最適な石」とされていました。
 たとえば、農業でも、種を蒔かなければいくら待っても米は生えてきませんよね?そして、病害虫とか、天候の際の調整とか、地道な努力の末に、実りの秋を迎えるわけで。
 まさに、「アリとキリギリス」の世界なのです。遊んでいるキリギリスは冬を越せませんし、コツコツ食料を集めたアリは冬越しができます。

 まあ、私にも耳が痛い話なんですけど。
 でも、古いイソップ童話では、「キリギリスは冬の寒い中で死んでしまいました」で終わるのが、最近では「アリの巣の戸を叩いた、弱ったキリギリスは、アリの看病で良くなり、大好きなバイオリンでアリたちに感謝を捧げました。こうしてアリたちとキリギリスは、仲良く冬を越すことができました」ってなってるんですけど。
 まあ、子供向けの作品ですからね……。

 そういえば、ちょっと前に、ルソーの「教育論」をわかりやすいように解説してくれる番組を観ました。
 ルソーは、「思春期」にあたる15歳までは、本に触れさせない、という教育論を掲げており、その理由が、「昨今の子供向けの童話は、『ずるいやつが得をする』という、唾棄すべき内容だからである」と言われていました。
 ルソーの教育は、子供の頃は外で、自然に触れさせて遊ばせ、小学校高学年になった際には、「何故太陽は同じように沈み、また同じように顔を出すのか」という理論を自分で考えさせます。それを、実際に息子にやらせるのです。

 子供としては、「これが何の役に立つんだ?」という話ですが、そんなある日、子供は家庭教師と森に散歩に出かけた際に、家庭教師から「どうやら道に迷ったようだ」と告げられます。
 小学校高学年とはいえ、まだ子供。息子は不安になって泣き出してしまいました。
 すると、家庭教師は、「影を見てみなさい」と。そして、「太陽が西に沈んでいるのだから、影の差す方向は東である。この森から家までは、東に行けば着くのだから、東に行けば森を抜けられる」と。

 そこで、息子は「天文学の知識は実際にも役立つ」ということを覚えられる、という話でした。
 確か、NHKの教育番組だったかな?「教育論」なんて難しくて分からん!と言う人でも、多分分かるように説明されていると思いますので、お勧めですよ。

犬エンド

 地味な植物で、「なんか、そこらの山から掘ってきたみたいなやつだなあ」と思っていたところ、その隣に寄せ植えされていた斑入りの植物が葉っぱを落とすので作業していたところ……。

 ……ん?んん?
420

 キュウコンショクブツ、ダタノカ。(サイレントヒルの犬エンド)
 これ、なんか花とか咲くんでしょうかね?あと、球根植物って球根に水分を蓄えるために、あんまり水やっちゃいけないっていいますけど。

 ちなみに、サイレントヒルとは、ホラーゲームの金字塔。
 モンスターがとにかく生理的に受け付けないやつらばかりで(三角さんはちょっとかっこいいと思う)、雰囲気も、スティーブン・キングのミストみたいな、不気味な静けさから来るモンスター!って感じで、一人で夜中、電気を消してやると、かなり怖いです。
 
 サイレントヒルという名前もですね。発売元が、アメリカと共同開発していたのですが、とある日本からの書類で、静岡県を「サイレントヒル」と訳して送ったところ、「なんて恐ろしい地名だ!」ということで、サイレントヒルという名前がついたという裏話があります。
 だから、サイレントヒルの舞台は静岡です。外人が出てるとか、そもそもこんな地形は静岡にない!と言われようが静岡なのです。

 なんか、「猿の惑星」みたいな話ですね。
「猿の惑星」は、監督が旧日本軍の捕虜の体験談から書き起こしたストーリーだそうです。
 出てくる猿人たちは、皆日本人のこと。そして、ラストの、自由の女神が倒れているのは、「日本人たちは近いうちにアメリカを征服する」という警鐘なのだそうです。
 そんな猿の惑星が、当の日本人にもうけて、3作目4作目と出たのは、完全に監督の計算外でしょうね。

 さて、サイレントヒルには、複数のエンディング分岐があります。
 その中でも、ギャグエンディングというのが代々あって、犬エンドもそうですが、「宇宙人エンド」は毎回入れているエンディングだそうです。
 宇宙人にさらわれてエンディングになったり、次は宇宙人と同居したり、宇宙人との娘(ヘザー)と共に、UFOでサイレントヒルの町を焼き尽くす復讐に出る……なんてのもあります。
 
 語りすぎましたね。球根植物ですが……アルブカ……くるくる……湿布の臭い……うっ、頭が!となるのですけど。
 ……これ、アルブカの種類じゃないよね?調べてみたら、確かに葉っぱが直葉のアルブカもあるらしいです。
 でも、アルブカは、夏は枯れて休眠するらしいので、違うかな?

 ちなみに、前持ってたフリズルシズルは、夏眠させてたら枯れてました。ぐぬぬ。

 しかし、斑入りの葉っぱがぼろぼろ落ちます、水のあげすぎ?とか日光が当たらない?とか思っているのですけど、何せ窓際園芸。ちょっとぐらいは我慢して貰うしかないです。頑張れ。

 花が咲いたら、また報告しますね。というか、今シーズン花咲くんだろうか……?まずそこからわからないことだらけなんですけど。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

わっさわさやで

 こっちもわさわさ。
419

 いまだに奥のふさふさがアスパラガスとしか分かっていない寄せ植えですけど、なかなか良い感じに育っています。
 手前の、シダ植物があるので、毎日水をあげて、水分は切らさないようにしていますが、それでも他の植物も枯れてないので、この育て方で良いようです。

 ちなみに、ちょっと本気出して先ほど検索をかけてみたら、多分このシダは「ヤブソテツ」だと思います。
 ヤブソテツは、シダ界では結構メジャーなようで、他にもオニヤブソテツなどの派生植物があります。
 もし、画像を見て、「ヤブソテツじゃなくて○○じゃないですか?」という見分けのプロがいたら、ご指摘お願いします。

 ……そういえば、農業学校時代も、植物の見分けは全然できなかったなあ……という思い出に一瞬浸りました。
 農業学校には、普通の授業や実習とは別に、「なんという種類の植物か」を見分けるというテストもありました。そして、そのテストの成績が良い子は、関東大会とか全国大会に行けて、旅行気分でいられる、というテストがありました。
 
 私、その高校で学年3位を取っておきながら、その見分けが全然できなくて、旅行に行けなかったんですよねえ……。
 ちなみに、一位のギャルの子には、「旅館で肉食べながら、『かみなさんどうしてるかな』って気になってたんだよ」と言われました。何故か、その子には気に入られてたんですよね。ギャルって言っても、派手なのは見かけだけで、話してみるとちょっと大人っぽい、ちゃんと知識や経験のある子なんだなって感じでしたが。
 
 植物の種類の勉強っていうのは、決まったテキストもなくて、だからできなかったんだと思いますけど。テキストないと何もできない、ゆとりで~す!!(ちなみに、ゆとりは現在の40代からゆとり世代だったりする)
 なので、普通に今も植物の見分けとかできませんから。ああいうのは、ホントに普段から植物に触れていないと分からないものですからね。私も、田んぼとか沢山あったので、畝(田んぼと田んぼを渡っていくやつ)を行きながら、一人でガマの穂とかを分解したり、葦笛作ってピーピー鳴らしてたりしました。

 あああ、懐かしい!もう一度、秘密基地とか作ってみたいですね。なにせ、少子高齢化が進んでいた時代で、遊ぶ子もいなかったので(隣に、一つ下の女の子がいましたけど、家自体が「隣の子とは遊ぶな」って家でしたからねえ……)、一人でずーっと遊んでいました。
 農業高校の友達は、もっとレベルが高くて、エノコログサとかを引き抜いて、それを原住民のやり投げみたいにぽーいと放り投げて、見事に田んぼに突き刺していましたよ。国が国だったら、投げ槍の名手だぜ!

 ということで、雑草の見分けはある程度できても、お花とか観葉植物の見分けは全然できない子になりましたよ。
 お花も、それなりに祖母が育てていたのですが、率先して「これが○○の花」って教えて貰ったことあんまりないですしねえ。家の中では過保護だったのですが、いざ庭に出ると放置という。うちの祖母の価値観が分からない。

 サルビアとかパンジーなら分かるんですけど、そういうのはメジャーですしねえ。

 あと、うちの植えてある木に、姫林檎がありまして、それを「美味しそう」と思ってかじったら大変なことになりました。まっずい。フカフカしてて、すごい不味い。やっぱ実を鑑賞する植物って、味までは改良してないんですね。
 
 あと、ここまで書いてきて何ですけど、お子さんを「自然あふれる田舎で……☆」とキラキラするのは良いんですけど、コミュ障には育ちますよ。都会でもコミュ障だし、どうしたらいいの!というお母さんには、「ja-nai」という、鹿賀丈史さんの名曲を贈りたいです。適度に楽して、子育てもあんまり頑張らないのが元気な子を育てる秘訣だと思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

オプツーサが徒長した

ハオルチア・オプツーサを久々に撮ったのですが……。
418

 うわあああ!徒長しておる!!
 いや、だから今まで怖くて写真あげられなかったんですけど。どうしてこうなった。

 幸い、葉っぱの一枚一枚は元気なんですけどね。半日陰の、ちょっと日陰においてあったので、多分それが原因かと。
 オプツーサって、丈夫だけどすぐ徒長するらしいですしね。徒長したら、外側の葉っぱはもうリカバリー不能なので、内側の新芽を育てることしかないそうです。ここのところ、リトープスとも同じですけど。

 そういえば、動画サイト(字幕付き)で、スターバタフライ……略してスタバちゃんのアニメを観ています。
 スタバちゃんは、魔法王国のプリンセス。しかし、あまりにもちゃらんぽらんなのを心配した両親が、「人間世界に行って勉強してこい」と、なんでもできる魔法の杖だけを渡して(これがまた、甘やかしっぽいですけどね)人間界に送り出します。

 で、ワープした先が、空手キッドという男の子の家。正義感もなく、何かに情熱を燃やしているというわけでもない(空手はそこそこの腕前だが、あくまで「習わされている」という意識)、いわゆる意識低い系の男の子なのです。

 その空手キッドと同居することになったスタバちゃんは、杖を狙ってくる悪役と戦ったり、良かれと思ってやったことが、一騒動になったり、と上手くいきません。
 しかし、従来の楽天家の彼女は、とにかくへこたれない。どんなことにも、全力でぶつかっていく女の子です。

 そんなスタバちゃんと暮らすうちに、空手キッドにも変化が……というのが、ざっとしたあらすじ。
 ……これ、ディズニーなんですよ?日本のアニメじゃないんですよ?不思議な杖といい、ボーイミーツガールものといい、明らかに日本のアニメを意識した内容になっています。
 もっとも、スタバちゃんと空手キッドは、あくまで「マブダチ(親友)」という関係性なんですけどね。

 というか、今までそういう、「魔法少女もの」がなかったのが驚きですけどね。
 資本主義だったら、子供に「スタバちゃんの杖が欲しい!」ってねだられるのは分かるでしょうに。今まで、そういうのをやってなかったディズニーとしては、画期的だと思います。
 日本では、セーラームーンといい、プリキュアといい、変身物が多いですけど。

 さて、オプツーサの徒長は、しばらく明るいところに置いて、経過を観察したいと思います。
 植物って、あんまり置いたところから運ぶのはお勧めできない、とのことですけどね。
 植物もストレスを受けるんですよ。しかも、置き場所を変更したぐらいでも。
 でも、こういう場合はそんなことも言ってられないので、置き場を変更しちゃいます。

 でも、この鉢じゃ、もう狭いかな?
 しかし、多肉植物って、「寄せ植え」なんかにも適していて、ぎゅーぎゅーに詰められていてもあんまり気にしないんですよね。
 昨日の、レツーサのラピュタみたいな根っこも、大きさの割りにはしっかり張っている感じでもありませんでしたし。

 そもそも、多肉原産地のアフリカでは、雨が降らず、土にも養分がなく、コンクリートの隙間なんかからも出てくる雑草が多肉植物の始まりだったといいます。
 一時期は、アフリカの住民は多肉に水分が蓄えられているので、サラダ代わりにして食べることで水分を得ていました。

 今は、日本でも多肉人気で、自家受精させて違う種類を作ったり、韓国や中国でも多肉フィーバーで、アジアでも育てやすい株は改良されているんですけどね。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村