2015年09月の記事 (2/5) | 魔法石の庭3rd

2015年09月の記事 (2/5)

婦人科を知って欲しい:アロエベラの薬効

 友人が、ついこの間まで病気をしていたのを知って、驚いています。
 しかも、婦人科系の病気とのことで……。婦人科の病気は、下手に病名を明かすこともできず、男性からも同じ女性からもなかなか理解を得がたい病気です。実際、私は生理が重いことで、思春期に女性の体育教師から「生理ぐらいで休むの?」的なことを言われ、傷ついた思い出があります。
 そう、女性もそういう人一杯いるんですよ。子宮頸がんだって、未だに「処女はならない」とか「あの人は異性関係が乱れてるから癌になった」とか言われるらしいですし。

30代になると、子宮頸がん検査の無料チケットが配られますが、頸がんは膣内、体がんは子宮内の検査として、医師としては二つを同時に検査するようお勧めするとのこと。
 ただし、体がんは痛む人は痛いそうで、なかなか検査に踏み切れない……という人も。また、日本の婦人科の検査や診察などは他の先進国より遅れており、「事務的にする方が患者に羞恥心を抱かせずに済む」ということで、あえて冷たく接する医師が多いそうです。
 フランスやアメリカなどから来た女性は、皆、「日本の婦人科は冷たくて怖かった」と言うそうで。その割に、セクハラ医師も多いんですよねえ……。私も、1回ありました。小学生の頃、市のワクチン接種で保健所に行って、医者慣れはしていたので、いつもかかりつけの先生にするように、上着をカバーのように広げて胸を隠しながら服の下から聴診器を入れられるようにしたら、がばっとそれをめくられて、肌を露出され、しまいにはニヤニヤ笑って「そんなにドキドキしなくてもいいじゃん」と言われました……。
 これ、後から考えたらセクハラだよなあ、と思い出します。その時は誰にも言えませんでしたけど。ロリコンは2次元で我慢しろよな……。

 まあ、日本が婦人科の病気に対する偏見がなくなるのは、よっぽどの事件がない限り遅れるだろうな、とは思います。
 これを読んだ皆さんが、婦人科に対して下心や偏見なしで考えてくれることを祈っています。

 さて、今日は多肉ですよ~。
209

 パッカーンなアロエベラ。夏を越えて、もう十分パッカーンだったのかと思いきや、ほぼ180度開いています。
 こんなに開くものなのだろうか……と若干不安になるぐらいです。

 さて、アロエベラといえば、その薬効が話題になりました。
 化粧水では、炎症を防ぎ、鎮めることで、夏に日焼けしてしまった肌に塗ると良いとか。また、食べると、お通じをよくする効果や、免疫力を高める効果もあります。
 食べる場合では、葉っぱの青いところはきちんと剥きましょう。でないと苦いらしいです。しかし、中の透明な部分は無味なので、ヨーグルトに混ぜたり、砂糖漬けやはちみつ漬けにして食べます。

 食感は、ふにゃふにゃしています。コリコリ感のないナタデココみたいな感じでしょうか。
 まあ、私が食べたのは、あくまで市販の「アロエヨーグルト」なので、長時間漬け込んでいると思うのですが。

 アロエベラの化粧水はほとんどが高価ですが、自分で育てたアロエベラの、枯れてしまう部分の葉っぱ(アロエベラは外の葉が枯れる時に下から枯れていくので、上の方はまだぷにぷに感が残っている)をもいで作れば簡単です。
 また、直に肌に塗っても効果があります。皮膚修復能力があるので、火傷などに良いのはよく知られていますね。

 ちなみに、アロエ化粧水は、アロエ(3cmくらいに切る)・グリセリン・焼酎で作ります。
 材料を全部容器に入れたら、冷暗所で1ヶ月ほど寝かせます。すると、高級化粧品並みのアロエ化粧水の完成です。一度作ると半年は持つらしいので、自作化粧水をやっている人は、作ってみてはいかがでしょうか?
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

植物の精霊の話

 コーヒーの木が順調に新芽を出してくれました。
208

 時期的に言うと、そろそろ芽を出す季節も終わりですかね。最後の1本、頑張りました。花マル!
 ……というか、コーヒーの木って、ほとんどが最終的には1本に絞るんですけどね。そうしないと、地植えのように土地があるなら良いですけど、鉢植えだと根詰まりを起こして、葉っぱの先が枯れてきます。黒く、灰のように枯れてくるので、すぐわかりますけど。
 その場合は、一本は思い切って捨ててしまい、一本だけを育てます。植え替えの際に、根っこが絡まっていることがありますが、ぶちぶちいっちゃって平気です。植物は、あまり大きくしない場合、根を切ることもあるので、すぐに再生します。

 コーヒーの木やモンステラなどの熱帯の植物は、寒さに弱いです。
 なので、鉢植えの場合は冬は室内に取り込みます。特に、霜は植物がダメージを受けることが多いので、ご注意を。
 中には、「徐々に慣らしていったら、外でも越冬できた」という話もありますが、大体は関東から西側の地域ですね。北は、越冬は難しいようです。

 コーヒーの木ですが、放っておくとぐんぐん大きくなって、5年くらいで1mを越えます。
 小さく育てたい場合は、根切りをしながら芽の出方を見ましょう。大きくしたいのなら、葉っぱが灰のように黒くなった時点で植え替えます。ただし、あまり大きすぎる鉢に植えてもいけません。だいたい、植物に対して一回り大きな鉢が理想です。
 
 モンステラやフィロデンドロンのようなクワズイモ科は、大きくなってもあまり根詰まりを起こしません。
 ただ、地下茎は伸びます。掘り出すと、イモのような地下茎と、大きいものなら「むかご」と呼ばれる小さなイモが現れます。
 このむかごを新しく土に植えると、増えるわけです。

 そういえば、最近、精霊の話を聞いていなかったのですが、ふと顔を上げて植物の方を見ると、ほわほわした蛍のような光が飛んでいることがありました。
 これ、精霊でしょうか?なんでも、精霊は「自然の化身」であり、精霊のいるところに自然あり、と言われています。
 以前のようなガジュマルのキジムナーのように、はっきりとした名前がついているわけではありませんが、樹木や草木にも精霊が宿っていることが多いですね。

「精霊と話がしてみたい!」とか「精霊の姿が見たい!」という人もいらっしゃると思いますが、多分、誰にでもそういう素質はあると思いますよ。
 たとえば、姿が見えなくても、嗅覚で精霊を見分けている人もいます。「視覚」がオカルト漫画や作品だと派手なので使われがちですが、人間は五感で霊感を持っていることがあります。
 ですから、姿が見えなくても、「私には才能がないんだ」と落ち込むことはありません。視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚。そのどれかに霊的能力があるかもしれませんよ。

 また、その感覚を使っていると、他の眠っていた五感の霊感も目覚めることがあります。
 たとえば私は、最初は嗅覚から入りました。悪いもののいるところは生ゴミのような、青臭いような嫌な匂いがして、精霊などの友好的なものがいる時は、花のような良い匂いがします。
 それをある本で知ってから、植物の匂いをかいでみたりしていた結果、姿がぼんやりと見えるようになったのです。
 精霊とは、あまり声がよく聞こえないので、ジェスチャーでコミュニケーションします(さすがに一人でジェスチャーしていると危ないので、心の中で)。それから、ヘミシンクを知って、ノンヘミでも「あっち側」に行けるようになり……と、これはスピリチュアル館での話になりますけど、そうしたら、精霊もはっきり見えるようになって、声もたまになら聞こえるようになりました。

 これ、スピリチュアル館向きでしょうか。まあ、植物のことなので、こっちに書きましたけど。
 どっちも私の庭ですし、どっちに書いてもまあ構わないでしょう。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

安保とかいうけどさー、本当に中身をわかってて反対してるのかね?

 至る所で安保法の是非が問われていますが……。
 私は、「なんで今までなかったの?」と思います。だって、今まではやられっぱなしだったってことでしょ?拳銃とあやとりを禁止されたのび太そのものじゃないですか。しかも、下手に金持ちだから、たかられるっていう……。

 というか、韓国も軍事は強化していますし(徴兵制が嫌で逃げたアイドルとかいましたよね)、中国も核を持っています。なんで日本だけ、自分を守る能力が禁止されていたのかが不思議なのですが。これが9条ってやつなんですかね?中卒だからわからんわ。

 あと、「平和を!軍事活動は戦争活動!」というデモかなんかがありましたが、それにしては「阿倍殺せ!」とか、ちょっと変ですよね。「平和で、暴力はいけないけど、安倍首相は殺して良い」っていう。どっちやねんって話です。それと、新聞ね。安保法が決まったらすぐさま「デモ隊が~」とか「首相の支持率だだ下がり」とか書いてますけど、なんで安保法が今、必要になったかは書かないのですか?とある書き込みで、「新聞とかテレビで左翼が発狂してるのを見ると、本当に良い法案が通ったと思う」って意見がありましたけどね。皮肉なもんです。

 まあ、私としては、右翼の人も左翼の人も、人として見れば普通に優れた人もいるんだけどな~という意見です。某盾の構成員は怪しいですけど。だって、発起人が「法案は読んでないからわかりません」って答えてて、コメンテーター(どっちかと言えば左翼寄り)の人が思わず「読んでないんですか!?」「読んでなくてデモしてるんですか!?」って驚いてましたし。
 まともな左翼の人からすれば、そんなにわか左翼、許せんですよねえ。

 あと、不思議なのは、情勢の厳しいヨーロッパ圏で「永世中立国」を守っているスイスの話が一向に出てこないのが。だって、左翼の人が目指しているのって、永世中立国でしょ?
 まー、スイスは、侵略されないために、一般人は皆兵役があり、もしものための銃や武器を携帯するのが当たり前な国ですけど。自分で自分の国を守ろうとするのがスイスですしねえ。あ、これって右翼なのかな?

 まあ、阿倍ちゃんがテロられないように、公安の皆さんは頑張って下さい。国民(しかも、若い子ほど)、阿倍ちゃんがどんな思いで法案を通したかはわかってますよ。大丈夫。お体を大切に。(過敏性大腸症候群でしたっけ。ストレスが腸にくるやつ。辛いですよね。頑張って!)

 ちなみに、飲み仲間で自衛隊の救護班をやっている人がいたのですが、その人は、「いつでも外国の紛争地に飛ばされる覚悟はできてる。自衛隊員は皆そう。命をかけて守らなきゃ、自衛隊の意味がない」だそうです。


 さて、植物の話をしようじゃないか。
207

 モンステラを別角度から。まだ未熟なハートの葉っぱが残っていますね。
 何でも、モンステラは成木にならないと、葉っぱの穴が開かないそうです。でも、ハートの葉っぱは金運の印なので、大事に育てます。
 
 モンステラを育てている人のスレに行ってみたんですけど、「種から育ててる」とか「ダイソーのクワズイモ(3cmくらいの鉢)から育て始めた」というハイレベルな人ばかりです。
 ちなみに、モンステラの実は、「バナナとパイナップルの中間みたいで美味しい」そうです。モンステラは、ある日突然、棒状の花を咲かせて、そこから実がなります。「マツコの知らない世界」の「観葉植物の世界」で食べたそうですが、マツコは「遠くにドリアンがいるわね」とのコメント。臭いの?

 その中で、「2年育ててるけど、葉っぱがハートのままで、別れてくれない」というお悩みが投稿されていましたが、「肥料は試した?ある程度肥料がないと大きく育たないよ?」とのこと。
 その後、「液体肥料をあげたら、葉っぱが別れてきました。ありがとうございます」との書き込み。こういうのが2chの良いところだよねーと思います。口は悪いけど、ちゃんと礼儀ができている人には答えてくれる。ヒートアップしてケンカになることもありますが、それもまた現代東京の華です。火事とケンカで娯楽を楽しんでいた江戸の当時の人たちよりかは野蛮ではないでしょう。

 思うに、ニュー速などの板は確かにケンカばかりです。
 でも、専門板(園芸とか数学とかコレクションとか)は、比較的大人しい人たちが集まっています。さすがに、テンプレ(よくある質問をまとめたレス)を読んでなくて、そのまま質問とか、一行だけで質問、何て人は、無視されることも多いですけど。2chは怖くないですよー。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

がっこうぐらし!が単なる萌えアニメじゃなかった件

 今日は珍しく起きてますよー。というか、今までの睡眠サイクルが滅茶苦茶だっただけなんですけど。
 
 で、葉ダニ被害もないのに、葉っぱがずいぶん落ちてしまったハクチョウゲ、今の時期に健気に新芽が出ています。
 ……いや、それはいいんですけどね。その新芽が出る場所がね。
206

 な ぜ そ こ か ら 出 た し
 思いっきりやご芽です。切らなきゃいけない芽ですね。
 こうやってちょこちょこっと出てる姿は可愛いんですけどね。盆栽界では、木の根元付近からでる芽を「やご芽」といって、「放っておくと葉に行くはずのエネルギーを全部吸収しちゃう芽」なんですよねえ。

 だから、切るしかありません。……というか、やご芽ってこんなにぽこぽこ出るものなんでしょうか?皆さんの盆栽ブログを見て回っていると、そんなに「やご芽が出た-!」とか騒いでないのですが。
 やっぱり、よくあることなので、記事にしないでさっさと切っちゃうのかもしれませんね。

 それから、ファーストモミジの木に、ついに付きましたよ!葉ダニが!
 先日から、どうも葉っぱが落ちて、おかしいな?と思っていたら、葉っぱの裏に巣作りしてました。カダンスプレーで応戦です。
 しつこかったムラサキシキブの葉ダニも、これで一掃できたので、大丈夫だとは思います。

 それと、ヘデラのうどん粉病がどうも治らないので、吊りかごをよーく見てみたら、白いカビ状のものがふわふわと生えていました。原因はこれか!?とりあえず、お酢スプレーで様子見。その下にあるセカンドモミジは、ようやくうどん粉病から抜け出したので、このまま被害は食い止めたいです。ヘデラの方は、うどん粉病の葉っぱは取り除きました。

 あと、アニメの話になって申し訳ないのですが。
 私、今になって「がっこうぐらし!」の1話と11話(ニコニコでは1話と最新話は無料で見られるのですよ)を観て、大いに泣きました。

「がっこうぐらし!」というと、なんだか普通の萌えアニメっぽいのですが、1話では、ちょっとドジな由紀ちゃんの普通の学校生活。でも、一つだけ違うのは、「学校生活部」というところで学校に寝泊まりしていることでした。
 まあ、萌えアニメなら、そういう無茶な設定もあるよね、と観ていったら、後輩のみーくん(女の子です)が「授業」に行った由紀ちゃんを迎えに行くと、そこはガラス窓が割れ、カーテンも破れっぱなしの荒れ果てた場所。そこで、由紀ちゃんは一人で喋っているのでした。

 wikiを見てしまったのでネタバレは覚悟して今までのストーリーを追っていたのですが、どうやら由紀ちゃんは本当の姉のように慕っていた教師の「めぐねえ」がゾンビに襲われてゾンビ化したのが原因で、普通に学校に行っているように振る舞うことしかできないのだと。
 そして、「学校生活部」も、外はゾンビだらけでやむを得ず学校に籠城してサバイバルする女子高生たちの、ほんわかの裏に血なまぐさいストーリーがあるのです。

 11話では、ゾンビに噛まれてゾンビ化する直前の胡桃を助けるために、後輩で常識人のみーくんが単身でゾンビのうろつく校
中で薬を取りに行きます。そこで、地下の誰もいないところでゾンビ化した「めぐねえ」と出会い、彼女は生徒を守るために、地下にこもってゾンビ化するまで待っていた、という事実が判明します。

 そして、由紀ちゃんとめぐねえ(妄想)との別れ。これがねえ、泣けるんですよ!さすがニトロプラス(沙耶の唄とか作ってた会社)だけあります。
 みーくんのピンチに、勇気を出してみーくんと、皆を助けるために由紀ちゃんは自分から行動を開始します。そこで、めぐねえの幻覚に導かれ、放送室へ。その扉の前で、めぐねえと最後の会話をします。「由紀ちゃん、怖くない?大丈夫?」と、ここにきて由紀ちゃんを心配するめぐねえ。そして、由紀ちゃんの決心を聞いて、ゆっくりと消えていくのです。

 もう、泣きましたね。本当に生徒が大切だったんだなーって。みーくんは、「せめて安らかに」と、めぐねえ(ゾンビ)を殺し、資料室に向かうと、そこにあっためぐねえの日記に、「おなかすいた みんなだいじょうぶかな またあえるかな ゆき くるみ リー(大人しいお嬢様系の子。この子も、なかなかです) 生きて」と書かれていました。
 そして、医療用具の中に、血清が。それを担いで戻る際に、物音を聞きつけたゾンビが集まってきてしまい、慌てて逃げ込んだ部屋に籠城することになってしまいます。

 そんなみーくんと、ゾンビウイルスにかかっている胡桃、そして、胡桃に「もしもの時は私を殺してくれ」といわれていたリーちゃん、3者が行き詰まろうとしているときに、由紀ちゃんが放送室に間に合いました!

 次回で最終回とのことですが、楽しみです!ってか、2話しか観てないがな……ってなるんですけどね。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

コーヒー党?紅茶党?

 今日は……午前5時に起きました~!
 ……いや、早すぎね!?というのも、その前に夕飯食べたらシャワーも浴びずにぐーすか寝てたからなんですけど。生理終わったばかりの頃は、まだ生理中の気が抜けなくて、ずーっと寝ちゃったりするんですよねえ。

 で、早朝、鉢たちの水やりして(今日は暑くなると予報で言っていたので)、コーヒー2杯飲んで、そこにココナッツオイルティースプーン2杯……大さじに換算するとようやく2/3杯くらい?を飲んで、今までネットをずーっといじっていました。
 たまに、「息抜き」と称して読み終わった小説の一部分を書き出して文章の勉強したり。ええ、これ、息抜きなんですよ。何事も、楽しめないのなら続かないと言いますし。

 で、今日は家が稲刈りなので、私が家事をします。ご飯つくるのは母ですけど。
 でも、やっぱ私、家事には向いてないですね~。洗濯物を干して取り込むのも「いや~めんどい~」と思いますし。掃除機かけるのも「掃除機重い……」ってなりますし。

 やっぱ、好きなことと、好きじゃないけどやらなきゃいけないことは、違うんですよねえ。私の場合、それが極端なだけで。
 だから私、「夫は2人欲しい。仕事してくれる人と家事やってくれる人(元ネタはみーまー)」と常々から言っています。救えねえ。
 なんでも、宝塚のトップスターは、食事から家事から全部ファンの選ばれた子たちがやってくれるそうです。それに選ばれることが、ファンにとって何よりの喜びだとか。昔のアイドルとか女優も、「電車の切符の買い方がわからない」とか「お金ってどうやって使うの?」という人もいたそうですよ。それまで、何でもかんでもマネージャーとかが管理していたので。

 さて、私がいつも愛飲している紅茶。
205

 100パックで400円くらいのやつです。3分置いてもまだ紅茶の風味が出なかったりしますが、そんなもんですよね。リプトンとかよりも安くて大量に買えるのでこれを愛飲しています。
 原産国はスリランカ。スリランカってお茶のイメージありましたっけ……?その辺うろ覚えです。お茶といえばインドってイメージしかないですからねえ。でも、元イギリス領だったら紅茶を作ってても不思議じゃないかな?

 うちの両親や祖母はコーヒー党で、よくコーヒーは飲みますが、紅茶はあまり飲みません。だから、紅茶を飲むのは私だけです。
 そう、祖母もコーヒー飲むんですよ。今84歳くらいなので、ハイカラですよね。
 もっぱら、安ドリップコーヒー(母が言った感想は、「インスタントよりはマシ」)を飲んでいますよ。本格的なドリップコーヒーもちょっと前まで飲んでいたのですが、値段が高いうえ、うちは皆がたっぷり飲むので、安いやつになりました。

 そうそう、今、コンビニ業界はコーヒー戦争中らしいですけど、やっぱりセブンのコーヒーが一番美味しいそうですよ。
 うちの近くのコンビニでもコーヒーやってますけど、ローソンなので、高いのと毎回「カードはお持ちですか?」と聞かれるのでめんどくさい、と母の職場の人が言っているそうで。
 セブンもあるのですが、やっぱり職人さんとかがコーヒー買って、外で飲んでることが多いですね。

 植物ブログなのに植物出てこないがな……。
 まあ、こういったコラムもたまにはいいじゃない。と自分に甘く私は思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

クワズイモは毒性がありますよ

 そういえば、シルバーメタルとモンステラって、同じ「サトイモ」科なんですよねえ。
 サトイモ科の植物は、剪定したときに出る汁が厄介なことが多いです。
 服に付けば、茶色くシミになってしまい、部屋着にするしかなくなります。
 そして、肌に付くと、腫れたりして、また悪影響があることも。

 また、別名「クワズイモ」ですから、誤って誤飲すると、中毒になる恐れもあります。
 まあ、剪定したのをちょっと舐めたぐらいなら、お腹がゆるくなる程度で済みますけどね。間違っても、イモ部分を食べようとしないように。
 また、ペットや小さいお子さんがいる場合は、手の届かない所に置くなどの処置が必要です。……めっちゃ重いですけど、そこは愛で。
 大事な家族が中毒になってからでは遅いですからね。また、言って聞く年齢のお子さんなら、「絶対に口にしたらだめよ。お腹痛いで死んじゃうかもしれないのよ!?」ときつく言っておいて下さい。さすがにモンステラの中毒で死んだ人はいませんが、お子さんの教育なら、大げさに言った方が効果があります。

 なんでも、「育児」というのは、母親の演技力にかかっているそうです。
 内田春菊さんの漫画では、「半分だけガラスのテーブルに子供を乗せて、ガラスの部分に乗った瞬間、母親がすごい剣幕で叫ぶと、次からは乗らなくなる。赤ちゃんでもわかる」とのこと。しかし、日本の母親は演技が下手なため、この実験がしっぱいしたそうで。
 しかし、ハイヒールのリンゴさんの子育て方は、子供がぐずると「そんなこと言ってると怖いおっちゃんが来るで!」といって、実際に電話をかけるふりをして「もしもし?怖いおっちゃんですか?」と言うと、子供は「もうしないからああああ!ごめんなさい!!」と謝るのだそうで。

 さて、そんな、ちょっと危険な植物・シルバーメタルですが……
204

 新芽出るの早くない!?まあ、株元の葉っぱは順調に枯れているのですが。
 でも、新芽>>>株の枯れかた なので、もさもさになる一方です。ちなみに、私の育て方は、日陰で、水やりは3~4日に一度、後は放置、というスパルタ体制です。
 それでも、育つ。すごい植物だ……。

 モンステラも、樹液に触ると、腫れたりしますので、切り戻し(植物が大きくならないように葉や茎をカットする)の際にはご注意を。まあ、水で洗って3~4日放っておけば治るぐらいの毒性しかないのですが。
 しかし、モンステラって、葉ダニ被害にも遭うんですよね……。樹液に毒性があるのに。葉ダニには効かないのでしょうか?
 強い植物にも、弱点があります。そこのところ、お忘れなきよう……。「日陰で、水もあまり要らなくて、世話も楽で、放っておいてもいい造花みたいな扱いの植物」なんてムシのいい植物はありませんよ。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

薬剤塗布!食らえ葉ダニ!

 ムラサキシキブの葉ダニがしつこくて、ついにモンステラ買うついでにこっちも買ってきました。
202

「カダンプラスDX」。葉ダニと、うどん粉病にも効くそうで、ちょうど良いじゃん!と。
 モンステラが大きすぎて、持って帰るの苦労しましたけどね……。レジのおばちゃんが、「重いので袋の下を持った方が良いですよ」と言うので、左手にモンステラを抱え、右手にカダンプラスとバッグを持って帰ってきました。

 効き目は……って、まだ散布して一日経っていないので何とも言えないのですが、確かに葉ダニが巣を作らなくなった気がします。葉っぱの裏にも散布したのですが、葉の下に紙を敷いてぽんぽんと叩き、ふっと息を吹きかけると、うごめいていた葉ダニが、散布後は大人しくなっていました。死んでるのかな?

 うどん粉病にも効くとのことで、モミジとヘデラにも散布。やっぱりヘデラがうどん粉病の感染源だったようで、うどん粉病の症状が現れていました。

 あと、この写真だとノズルに付いているスイッチがオンになりっぱなしですが、もしものためを考えて、普段はオフにしておいた方が安全です。
 それと、手でうっかり触ってしまいましたが、すぐ洗い流したからか、問題なし。窓を開けて散布しましたが、喉がちょっとひりつく感じはしました。私、小さい頃から鼻と喉が弱いので、何か問題があるとダイレクトに感じられる器官でもあるんです。しかし、薬剤のせいなのかは不明。

 初めて薬剤を使ってみましたが、「これなら最初から薬剤を使った方が良かったな」と思います。別に、オーガニックにこだわっていたわけではないですし。
 また、このカダンプラスは、500円と安価なことも助かります。もっと大きなスプレーだと、800円くらいでした。
 
203

 この辺でリラックスして、コーヒーでも。
 もちろん、ティースプーン一杯のココナッツオイル入りです。最初に買ったのが、精製オイルだったので、匂いがないのが普通。味も、思いっきり油!って感じでしたが、エキストラバージンだと、香りがつくので、こればかりは好みですね。
 ココナッツの香りが大丈夫な人はエキストラバージンの方が飲んでいて「ココナッツ!」って感じがします。また、香りがある方が、濃厚に感じられるので、ダイエット目的の人は食欲が抑えられます。

 ただし、効き目は精製もエキストラバージンもあまり変わらないというのが識者の見解のようです。ネットで調べると、「エキストラバージンにしか効果はない」とされているところもあるのですが、2ch情報だと、「二つに差はない」とテンプレに書いてありますし、ソースもちゃんとあります。

 コストコなんかでは、缶で1ℓとか2ℓとかが安く売っていますが、大抵精製のようですね。
 でも、効果に差はないので、料理に使うならば香りのない精製をお勧めします。ただし、涼しくなると油が固まりやすいので、瓶などに小分けしておくと良いですよ。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

モンステラと金運の話

 すみません、昨日「もう植物を増やしたりなんてしないよ!」と言っていたのに、どーしても我慢ができなくなって……
201

 どーんとでかい鉢を買ってしまいました。
 葉っぱの形でわかる人はわかると思いますが、モンステラといいます。
 
 これ、床付近のアクセサリー入れ(震災で落っこちたままになってる……何年前だよ!)の上に置いてあるのですが、鉢自体はそんなに大きくないんですよ。
 葉っぱがどーんとなっているだけで。

 なんでも、室内観葉に適していて、家のどこに置いても良いそうです。
 私は単に、この切れ目の入った葉が好みだったのですが、ハワイではこのモンステラは聖なる植物だとされているとか。

 また、風水では、「金運アップの木」とのことで、びっくりです。
 そうかー、金運かあ……。最近、美容やら植物やらに金使いすぎてましたからねえ。
 モンステラが来ることで、金運アップしてくれれば良いんですけど。

 なんでも風水では、植物は「陽」の気を発していて、「陰」の気を吸い取るという効果があるそうです。
 まあ、陰陽もバランスですから、絶対に陰の気が悪い!というわけでもないのですが、思いっきり陰陰しすぎる私にとっては、植物趣味は良かったのかな……とは思います。
 
 ただし、死んだ植物……たとえばドライフラワーやポプリなどは途端にそれは陰になるので、あまりお勧めはしない、とのこと。
 本当はトイレに飾るのが一番よろしいのですが、トイレで育てられる植物ははっきり言って不可能に近いので、その場合は造花でも良いとか。
 それと、トイレに本を持ち込む人もいますが、本は積まずに、必ず部屋に持ち帰って下さい。トイレに本があると、せっかくの知識を得ようとする場面なのに、流れるように知識が消えてしまうといいます。

 さて、モンステラが何故金運の木と呼ばれるのかと言うと……その、ハート型の葉っぱの形によります。
 モンステラは、まだ大人になっていない苗は葉っぱに切り込みが入らず、ハート型になります。どうやら、それが金運につながるのだとか。
 ……ハートって、どっちかというと恋愛関係に思えるんですけどねえ。
 金運を望むのならば、鉢はプラスチックではなく、陶器でなければいけないそうです。私の買ってきたのは、一応陶器ですけど……もしかして、風水に詳しい店員さんとかいたんでしょうか?

 ちなみに、モンステラは日陰でもある程度の日光さえあればどうにか生育する、という植物なので、日照関係が……というお宅にもお勧めです。
 というか、観葉植物って、ほとんどが「明るい室内」に置くと書いてあるんですよねえ。そもそも、室内で鑑賞するのが観葉植物ですし、そういうもんだとは思いますけどね。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

私は培養に力を注ぐ方が良いらしい

 昨日、ホームセンターに行ったら、松ぼっくり盆栽コーナー撤去されてました。
 売れたのか?それとも、人気がなさすぎたのか……。
 まあ、私がモミジ一本買ったので、少しは盆栽にも焦点を当ててくれたら良しとする。

 で、その、うどん粉病になっていたモミジですが……。
200

 復活!!お酢スプレー効きましたよ……。でも、やっぱり塗れてないところもあったので、うどん粉っぽい箇所があったらちまちま塗り直しています。
 
 とある盆栽家さんが、師匠に「君は培養について勉強した方が良い」と言われた、と書かれていて、私も「そうだなあ……」と思いました。
 何せ、長寿梅は丸刈りのまま、桜は葉っぱの残り2本、ムラサキシキブもニレケヤキも葉ダニでやられて、ハクチョウゲは水切れと最近の低温で葉が落ちて。

 アルブカも球根のままでさっぱり芽が出ませんし、ホント、初心者向けの植物すら枯らすんですよ。
 だから、今度は「買い足す」ことより「今あるものの培養」を考えたいと思います。

 しかしねー、盆栽を美しいままに留めておくのはホント大変です。
 病害虫、天候、置き所の失敗……色々心当たりがありすぎます。
 盆栽趣味を長年続けてる人っていうのは、多分大胆さと同時に繊細さが問われると思います。特に、培養になると、繊細さが求められるかと。

 ところで、このモミジの葉っぱ、ふにゃふにゃして頼りないのですが、そういう種類なんですかね?
 それとも、まだ幼木?まあ、一本一本の細さも、竹ひごぐらいなんですけど。
 竹ひごってわかるでしょうか?料理に使う、細い竹の棒です。お芋なんかを煮るときに、中心まで煮えたかを確認するときに使います。
 あれぐらいなので、幼木かもしれませんね。

 あと、うどん粉病の感染源ですが、どうもヘデラではなさそうです。
 なんでも、うどん粉病というのは、同じ種類の植物にしか感染しない……とのことで、多分、庭のヤマモミジから風に乗って飛んできたのでしょう。ヤマモミジは樹齢130年なので、ちょっとやそっとでは死にませんが、幼木でか弱いうちのモミジは病気になるとすぐ枯れてしまいます。

 まあ、これもしょうがないので、定期的にうどん粉病になっていないか、お酢スプレー持って巡回するしかないですね。

 ちなみに、うちのモミジも、2種とも多分ヤマモミジ系です。
 今出回っているモミジは、ほとんどが先祖はヤマモミジで、ヤマモミジの土台に挿されたモミジもあります。
 それほどヤマモミジは頑丈なのですが、うどん粉病はどの植物にも発生する、とのことで、まあ仕方ないですね。気長にお酢スプレー作って退治するしかないです。

 それと、ムラサキシキブがまた葉ダニ被害の予感です。
「葉ダニは水分を加えると爆発する」というのはデマだったか……。まあ、これからの季節は落葉するしかないので、水ジャブジャブで乗り切ろうと思いますが、お金に余裕ができたら、ベニカスプレーでも買ってきますかね。どうやら、葉ダニで効くのはこのスプレーらしいので。桜やニレケヤキも葉ダニ被害になりやすいので、買っておいて損はないですね。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

いじめ経験者(されたこともしたことも)の私が語るいじめ問題

 ちょっと、いじめについて書いているブロガーさんがいたので、私が感じたいじめのシステムを書いていこうと思います。

 まず、最初は、ちょっとしたことなんです。
 誰か、グループの首謀人物や、それに準じる人物が、ふと言います。

「あの子、気に入らなくない?」

 それで、その場の皆が同意すれば、そこでいじめが決定します。
 なぜ、そんなに詳しく書けるのかというと、そもそも私もいじめに加わったことがあるし、いじめもされたこともある側だからです。

 そう、いじめって、多数決なんですね。
 そもそも、その首謀者に誰も耳を貸さなくて、「そうだねー、でも、そういうこともあるんじゃない?」とかわされたなら、それはいじめには発展しません。
 いじめは民主主義のダークサイドなんです。

 私がしたことのあるいじめは、グループでその子を急に無視し始める。その子が必死に話しかけてこようとすると、すっと皆でいなくなる。それでしたから、どっちかというと「ハブっている」いじめに当たると思います。
 結局、最初のいじめは、先輩にバレて先輩からお灸を据えられることで自動的になくなりました。
 2回目のいじめは、校外授業でマラソンをした時に、そのいじめていた子が笑って「早かったね!」と言ってきてくれたことで、今までのわだかまりが解けて、そこからまた仲良くするようになりました。

 ……まあ、私自身も、どっちかというとその2件以外はいじめられっ子としていましたし、私が高校を辞めるきっかけになった「全学年で私をあざ笑う」事件で、ついに糸が切れて、「ああ、もう学校行かなくてもいいや。もう、学校制度に縛られて、こんなみじめな思いをするのは嫌!」と思って登校拒否から中退になりました。

 ……ちなみに、陽性症状じゃないです。実際、電車などで「立ち方が変」とか「なんで内股なんだろうね?」とか、運動着姿で廊下を歩いていると、「あの子、右川かみなっていうんだ(プッ」と笑われたりしていました。
 そう、高校の時のいじめは、いじめている人も、私の名前を知らなかったのです。
 名前を知らなくとも、いじめって起きるんですよ。私は、クラスの「どっちかというと地味」グループに入っていて、その中でもムードメーカーというか、芸能人で言うと栗原類とか又吉みたいな感じで、ぼそっとギャグを言ったり、担任や先生の替え歌を作ったりで、「大人しいけど面白い右川」という位置にいました。

 でも、それが、いじめっ子には気に入らなかったんでしょうね。
「なんであいつ、暗いのに目立ってるの?」という感じだったと思います。それから、連鎖的にいじめは広がり、別学科の子たちまで私に敵意を向けるようになりました。
 で、「名前も知らないのにいじめはしている」という状況になったのです。

 でも、今からよく考えれば、クラスの仲良しグループの子たちはそれでも友達でいてくれましたし、一部のヤンキーの子も「右川さんは面白いよね」と好意的に接してくれました。
 別学科の子たちも、私のいじめられっ子の立ち位置もわかっていながら友達を続けてくれる子はいましたし、それだけでも恵まれてはいたんだな、と思います。

 多分、その時に素直に病院に行っていれば、通院しながら学校も出ることができたと思います。
 実際、当時の私の休みは、「2ヶ月休んでも余る」くらいだったらしいので、担任もギリギリまで休ませてくれて、最後に家に来て、「本当に続けられない?」と聞いて来ました。私は「はい」と答えましたが。

 でも、親には、ずっと本当のことは言えなかったのです。
 何故かと言うと、祖母がいじめに対しては旧時代的な考え方の持ち主で、「いじめられる方が悪い」「いじめられても、根性があれば続けられる」という考えだったのです。それを、ずっと幼い頃から刷り込まれてきた私は、「いじめられることは恥なんだ」と思い込み、誰にも相談できませんでした。

 今考えると、祖母も姑や小姑からいじめられていたわけで、それを乗り越えたのに、なんでそんなことが言えたんだろう?とは思いますけどね。

 今も、社会に出ると、いじめは「ハラスメント」という言葉でくくられます。
 直訳すると、「嫌がらせ」ですね。普通のいじめは「モラルハラスメント」となります。他に、性的な欲求を求められる「セクシャルハラスメント」、権力で黙らせる「パワーハラスメント」などがあります。
 昔からいじめられっ子気質だった私には、他人を色眼鏡で見ることは必要なことだと、そういった自己武装をするようになりました。

 いきなり仲良くなろうとする人は、怪しいですし(これは、実際そうでした)、いわゆるリア充グループの人も苦手です。
 他人を、「おや?」と思ったら深入りしないようにする見分け方も、あって当然。自分を守るためです。

 今、いじめに遭っている子には、「なるべく早く精神科・心療内科に。行けない子は、まず担任はアテにならないので、養護教諭などの親身になってくれそうな大人に相談を。校内にカウンセラーがいることもあるので、早めに相談すること」が必要だと思います。
 それでいじめがなくならなくても、「保健室登校」させてもらえることもあります。そうすれば、いじめていた子からは自然と離れられますから。

 とにかく、誰か頼れる大人に相談することです。私のように、信頼していた親から、それでも「学校には行け!行かなかったら勘当だ!」と言われると、それが後々大きなショックとして傷跡が残ることもあります。
 そうしたら、保険証と、5000~1万円ほどのお金を持って、思い切って精神科にかかりましょう。とにかく、傷跡を放置することのないように。放置していると、私のように大学まで登校拒否・中退なんてこともあります。

 いじめは確かに、「いじめられている側が悪い」ということもありましたが、それでも私の見た限りでは1割程度です。他の9割の子は、何の問題もありません。
 どうか、早く専門機関に相談を。今、あなたに必要なのは、「いじめに立ち向かう勇気」ではなく、「誰かに現状を相談する勇気」です。いじめに立ち向かうのは、強い人だけで結構。普通の子は、それは難しいです。なので、「誰かに相談する勇気」を。