2015年08月の記事 (2/5) | 魔法石の庭3rd

2015年08月の記事 (2/5)

盆栽はやることいっぱい!

 涼しくなってからか、ニレケヤキやハクチョウゲも葉を落とすようになりました。……落葉には気が早いのでは?まあ、この2種はよく芽も吹いていたので、あまり気にしていませんけど。
167

 ハクチョウゲにやご芽が2本も!
 何故か、うちの植物たちはやご芽率多いですね。……それより花咲いてほしいんですけど、私。
 よく見ると、やご芽も斑入り。そんなもんなんでしょうか?

 もうちょっと成長したら、これもチョンパします。今は、まだ小さすぎてハサミが入らないのでね。
 せっかく吹いた芽を切るのは少々心が痛みますが、そんなこと言ってたら盆栽趣味なんてできないので、いさぎよくばっさりいきます。

 昨日は仕事だったのですが、休んでしまいました。
 というのも、ここのところ眠くて眠くて。平気で10時間以上寝てしまうのです。
 当たり前ですけど、それまでやっていた植物たちの世話もロクにできず、夜になってからちょっと世話して、また寝てしまうという感じになっています。

 あー、水切れも落葉の目安ではあるんですよねえ……。水切れの線も考えてみて、一回起きたら水やるようにしてみましょうか。
 今まで、夏場も落葉したことなかったので、実はちょっとビビってます。またなんかやらかしたのか!?と。
 特に、この鉢は、木に対して小さいので、乾きやすいということもあるんですけど。

 それと、今年のこの季節に葉刈りや大規模な作り直しをした木は、来年まで動かないこともあるそうです。
 今年はもうお休み。また来年。だそうで。
 長寿梅も、枝の先っぽを切ってみたら緑だったので、まだ木自体は動いてるはずなんですけどね。やっぱ、中途半端な季節に葉刈りしちゃったからでしょうか。

 そういえば、私の植物たち、落葉樹が多いんですよねえ。冬になると葉が落ちて、枝だけになったり、茎も葉も落ちたり。
 冬に寂しいかなーとは思うんですけど、まあ、冬は冬で何かしてるとは思います。枝だけになった盆栽の姿もまた美しいですしね。
 それより秋です。秋は何しようかな-?と考え中。モミジも紅葉するって言いますし、紅葉見てみたいです。そりゃあ、うちの庭の130年経ってるモミジの木は毎年紅葉してますけど。
 
 その気になれば種も簡単に採取できます。慣れてきたら超ミニ盆栽とか作ってみるのも楽しいかもしれません。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村 

悲しいお知らせがあります

 眠れないので、ちょっと簡易更新。

 百日紅の木……花芽が落ちてしまいました。
 多分、水分不足(ここのところ、ずっと寝てばかりで世話ができるのは夜だった)でしょう。他の花芽も見てみたのですが、やはり黒くなって落ちていました。

 あー……わかっていたけどショックです。まあ、水やるのが夜だけってなると、今の季節厳しいんでしょうなあ。

 長寿梅も、「葉刈りをするなら、樹勢(木の元気パワー)が旺盛な時に。いつも土壌が濡れている株は、弱っているので葉刈りしない方が良い」と書いてあり、「先にこれを読んでおけば……!」と思いました。
 枯れたら、土に埋めてあげます。でも、植物をダメにするってことは、いつになっても慣れませんね。いつも悲しい気分で粛々と作業します。

 いつも植物を埋めたら、「ごめんね」と手を合わせます。仏教では、植物は生き物に入らないらしいですが、植物はお坊さんたちが唯一食べられる食物です。それが、尊いと言わずに何というのでしょうか。
 今は、瀬戸内寂聴さんのように、肉も食べる、酒も飲む、男もはべらせる、というお坊さんもいますが、ちょっと前なら破戒僧ですよね……。でも、寂聴さんは寂聴さんなりに考えた結果だと思います。

 出会いがあれば別れもあって当然。植物趣味をしてから、それが段々わかってきました。
 それと、10年以上盆栽をやっているブロガーさんで、「梅は何故かいっつも枯らす」というブロガーさんもいて、「やっぱり梅って素人には難しいよねえ」と思いました。
 桜も、葉ダニ被害で、葉っぱが落ちてしまいます。花芽が残っているので、まだ育てたいのですが、どうなることやら。

 あと、私には一年草が合っている気がするので、お花を集め始めるかもしれません。一年で枯れるなら、まだ踏ん切りが付きます。
 宿年草で、芽が出なかった時の絶望感ってありますよね……。それなら、お花が咲いている状態で買ってきて、一年でダメにするのも私の「赤い手(植物を枯らしてしまう性質のこと)」では良いのかな?と思っていますよ。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

リンドウ「岩手乙女」

 この青に一目惚れしてしまいました。リンドウの「岩手乙女」という種類らしいです。
166

 沢山蕾が付いていますが、実際に花として開くのは、暖かい日の日中と限られています。
 なので、この種類は蕾を楽しむというリンドウだそうです。

 花が長期間咲いたりしぼんだりしていると、段々茶色になってくるので、そうなったら蕾を根元から外します。何故根元からなのかというと、その蕾は既に受粉を終えているので、種ができてしまうのですね。種を作るのであれば放っておいても良いのですが、種が必要ないのなら、種の方に養分が吸い上げられてしまうので、根元から外す訳です。

 リンドウも越冬する植物なので、冬は葉や茎を落として休眠します。春になると、再び茎を伸ばして、動き出すのです。

 リンドウにも色々種類がありますが、この岩手乙女は「エゾリンドウ」に属するそうです。
 エゾリンドウは、あまり花が開かないのが特徴で、咲く時期も7月~10月と早めです。
 比べて、他のリンドウは、9~11月と時期が遅め。そして、花が良く開くので、普通はこっちのリンドウを置いているホームセンターや花屋が多いそうで。
 
 まあ、色々ごたくを並べてきましたけど、何と言ってもこの鮮やかなブルーが良いですよね!
 最近、ちょっと涼しくなってきたので、リンドウのブルーに惹かれたのかもしれません。青い花って、幻想的で素敵です。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

アロエベラ、秘かに成長中

 もうすぐ2週間ですが、長寿梅の動きが……ありません!
 殺っちゃったかー?と思いつつ、よーく見てみたら、ちょっとだけ先が緑色をしている芽がありました。一個だけ……。……これって生き残ったって言うんですか?
 まあ、私の数え方が間違っていて、葉刈りした日が8月8日で、芽が出るのが2~3週間ということで、まだ正確には2週間も経ってないんですけどね。

 さて、そんなてんてこ舞いしているのを尻目に、これは元気です。
165

 アロエベラ~。なんか、アロハオエみたいな語感だと思ってしまいました。
 一応、外の葉が二本ほどくしゃくしゃになってダメになっていたので捨てましたが、アロエってそうやって成長するみたいです。
 私としては子供吹かないかな-?と思っているのですが。アロエベラの子供見てみたい。

 以前の写真と比べると、中心が微妙に育っているのがおわかりでしょうか?日陰で、1週間に1回の水やりでも、これほど育つんですよ-。
117

 前の。中心の成長点が微妙に大きくなっています。
 こうして、成長点が死なない限り、年単位で生え替わり続けるのがアロエです。
 ダメになった外の葉は、むしったときに草木の良い匂いがしました。何と言えばいいのか……自然の匂いがします。

 私の家の周りは、今、建設ラッシュで、田畑も辞めてしまって土地を売る家も多いです。
 うちにも、何度も大手建設業から打診があるようですが、「まだ稲作していますので」と断っているようですが……祖母が言うには、「それも後何年もしたら、周りが全部売ったら稲作もできなくなるよ」だそうで。

 そんな中、まだ自然を感じられるのが、植物趣味です。
 春夏秋冬、色んな季節を感じさせてくれて、時には上手くいかずに手を焼いたり。
 癒やしだけでなく、自然の脅威を教えてくれるのも植物たちです。葉ダニとかの病害虫とか、多肉溶かしたりとか。
 自然の気まぐれ一つで、本当に生き物は簡単に生死を握られてしまうのだと、そう感じます。

 つまりは、「自然すげえ!」って訳で、どこかの研究所では水と特殊なライトだけで成長させることができる施設が作られたりしていますが、それもまだ、それを維持するお金の方が高い、とのことで、研究施設だけで実験段階にあるそうです。
 人間は、まだ自然の力と同じ力は持てないのです。だからといって、諦めるのではなく、近い将来、きちんと形になるようにして欲しいですね。それが人間の使命でもあるように思えるのです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

私が好きな男性アイドルとは

 ムラサキシキブ、元気なのは元気なのですが……。
164

 ちょっと暴れすぎじゃないのかね?葉っぱの発育が旺盛なためか、すごく水を欲しがりますし。
 いつも通りに調べたところ、剪定は、花芽のできる3月以降はNG。で、それまでの1~3月の間に、混み合っている枝は長い枝を切って短い枝を残す。また、伸びすぎた枝は、既に枯れていることが多いので切る、だそうです。

 つまり、どの植物も、剪定するなら冬の間ってことですね。
 冬は葉が落ちる植物が多いので、楽かと思いましたが、冬は冬ですることがあるのが盆栽界のようです。

 そういえば、最近、ペリドットを両手の薬指に付けています。
 仕事中は「アクセサリーは3つまで」と制限があるので、外していますが、その他はお風呂も一緒です。まあ、湯船には浸けず、外して湯船の縁に置いておくんですけど。

 ペリドットって、なんだか希望の持てる石ですよね。多分、植物を育て始めてから、「黄緑色の新芽は希望の芽」と刷り込みができたからなのかもしれませんが。
 それがやご芽だったとしても、樹形を崩す芽で切らないといけない芽だったとしても、新芽が出ると、なんだか嬉しくなってしまう盆栽初心者です。
 
 しかし、薬指に指輪をしていると、他の同僚に「結婚してるの?」とか「彼氏?」とか聞かれます。
 というか、もうそういう年齢だしなあ……と思いつつ、苦笑して否定しますけど。でも、とあるそれを聞いて来た同僚は「そっか、結婚してないんだ」と嬉しそうだったので、変に期待を持たせるよりは嘘でも「結婚してます」と言った方が良かったかな?と思いつつ。だってその人、おじさんなんですもん。そりゃあ、私だっておじさんよりはピチピチのイルカみたいな男の子が好きですし、おじさんに言い寄られても困りますしねえ。

 私、昔から「おやじキラー」なんですよ。
 痴漢とかストーカーとかありましたが、ほとんどおじさんでしたし。なんでしょうね?そういう外見?「自分でもこのブスなら行けるだろう」って感じなんですかね?

 そりゃあ、年齢を問わず、「素敵だな」と思える人はいますし、お金がなくても、「この人の奥さんは幸せなんだろうな」という人はいますよ。
 でも、特に自分を磨く訳でもなく、ただガツガツこられると、すごく困るんです。男性でも女性でもそうですけど、自分を磨く向上心のない人って、素敵に見えますか?私はそういう人は嫌です。
 
 そういう人って、面倒ごとは他人に押しつけていて、自分は楽な位置にいようとするんですよねえ。
 で、その面倒ごとを私や他の女の子が引き受けていたりすると、「頑張ってる君が好きv」とか言い始めて、はあ?となるわけですよ。今の職場じゃないんですけどね。頑張ってる姿を見てる暇があったらてめーが働けよ!ってこっちは全然嬉しくない言葉なので、男性諸君は女性にその言葉はアウトだと思うように。

 むむ……また愚痴になってしまいました。
 最近愚痴多いですよね-。あれですかね、なんか溜まってるんですかね、鬱憤とかが。
 ともかく、もうおっさんはこりごりです。だからといって、前に書いた、エグザイルみたいな人が良いわけでもなくて、なんでうちには速水もこみちみたいな、大野くんみたいな人がいないんだよ!って思うわけです。
 
 あと、青春時代好きだったアイドルで、今も好きなのは、V6の井ノ原快彦です。通称イノッチですね。
 昨日、しゃべくり7観てて、あんまりにも話が上手くてびっくりしました。母も、「今日は面白いからイノッチ観てからお風呂入る」と、最後までテレビ観てましたし。
 母(60代)は、ジャニーズとか流行の歌手とかよく知ってる方です。何故かというと、朝の情報番組を観ながら出勤するからです。今は、カーナビにテレビ機能がついてるんですよ。もちろん、運転中はナビモードにしてあって、ラジオみたいに聴きながら運転しているわけなんですけど。
 
 私はV6世代(学校へ行こう!とか)だったので、V6は皆好きなんですけど。でも、V6は皆それぞれ活躍してるみたいですね。一番売れてるのが岡田君で、その次がイノッチって感じですかね?アド街なんかも観てると、「なんかイノッチになったら爽やかになった」と母と話しています。多分、一生イノッチのことは好きなんだろうなあ。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

理想の作品とは、「説明しなくともわかってもらえる」作品

 ムラサキシキブに、やご芽が出てきました-!
163

 木の根元にある、小さい葉っぱがそれです。
 やご芽というのは、生えるとそこばかりに養分が行ってしまうため、見かけたら切ってしまいます。そうしないと、樹木本体の葉や茎の成長が遅くなるんです。

 でも、これはまだ小さすぎて、ハサミが入らないですね……。もっと大きくならないと。

 そういえば、ブルーベリーの木にやご芽が出てきたことがあるのですが(その当時はそんな専門用語知りませんでしたが)、そのまま2本の木っぽくなって、同じくらいの高さに成長しました。そういうこともあるんですね。オリーブの木も、やご芽が付いていますが、それも結構な大きさに成長しています。

 盆栽界では、木を小さく育てる、というのが目的の一つなので(箱庭的考え方というか、一つの鉢の中で世界が作られる、というのが理想の盆栽像かと)、やご芽は切ってしまうことが多いのですが、桜などの、接ぎ木に山桜などが使われている場合、花芽の季節はそっちの桜も楽しめることがあるので、切らないこともあるそうです。
 必ずしも切らなければいけないものでもないんですね。ただ、初心者はそこのところの見分けができないので、切った方が良いということです。

 私の考える盆栽というのはですね。
 たとえば、中心にモミジの木があったら、そこには苔とかもあって。石なんかも置いてあったりして。
 まるで、小さなその鉢の中に、一つの庭園の風景があって、それが他の人に説明せずとも伝わるのが理想の盆栽だと思っています。
 というか、何の作品にせよ、説明しなくても伝わるというのが、本当のプロの仕事だと思います。
 
 だから、作品を発表してから、「この作品のコンセプトは?」などと聞かれたら、「ああ、自分はまだプロとして一流じゃないんだな」と思って良いでしょうね。
 私も、アマチュアですが、こうしてブログを書いている時にも「この記事って○○ですか?」と聞かれたら、「私はまだプロにはなれないな」と考えると。

 まあでも、プロの作品でも設定資料集が売れたりしますし、盆栽雑誌なんかでも「プロの作品の作り方」なんかが特集されていたりもしますので、一概には「一流の作品なら説明は要らない」というのも言えませんけどね。
 しかし、現在漫画家の持ち込みなんかでは、一話で終わっていなかったり、「実はこんな設定があったり~」とべらべらと喋りたがる人が多いそうで、そういうのでは「もう、そういう説明はわかったから」と編集部側が遮るのもわかる気がしますけど。

 しかし、今のラノベ雑誌なんかを読んでいると、設定資料集だけの作品もあったりで、「……え?」と思ってしまいました。これ、全国販売していいの?って。
 面白いラノベは面白いですけど、酷いラノベもまた酷いですよー……。でも、漫画業界も、ゲーム業界も、同じようなものらしいんですけどね。上を見れば遠いけど、下を見ても遠い。そんなもんらしいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

趣味にもブログにも本気で立ち向かおう

 寝坊!カイジ、2日続けての寝坊には反省……!

 というわけで、17時までまた寝てました。何で17時に起きるのかというと、近くに「5時でーす」のスピーカーがあって、そこから流れる音楽で起きる……って感じなんですよね。

 さて、「17時で起きたなら、ちょちょっと更新できるじゃん」というご意見もあるかと思いますが、はっきり言います。無理です。
 特に、今回のように文字だけで更新する場合は確かに更新できなくもないですが、問題は写真がある場合。これは、難しいです。
 以前撮ったようなアングルからだと、違いがよくわからない。そして、植物なので、まったく以前と変わっていないこともある。
 これは、とても難しいことです。で、私にできるのは、植物たちを見て回って、「あ、ここ違う」という間違いを見つけて写真を撮る……という気の長い話になります。

 文字だけでも、私は更新に毎回1時間はかかります。
 それは、できるだけ読み応えのある記事にしたいので、文字数はできるだけ多く書きたいんですよ。
 fc2のブログ持っている人はわかると思いますが、右手のスクロールバーの短さで大体の記事の長さを想定して書いています。
 
「そんなブログにまじになっちゃってどうするの」という話ですが、私は何でも、マジにならないとつまらないと思います。
 ブログでも植物でもスピリチュアルでも、マジにならないことはありません。だから、調べたり観察したりするのが苦ではないのです。
 マジにならないと、物事はつまらない!

 惰性でやってると、何事もつまらなくなります。そして、段々それが苦痛になってきます。
 お仕事などはそれでしょうがないところもありますが、趣味でまで苦痛を感じるのが好きなのは、マゾですよ!マジでマゾです!マジでマゾ……。

 趣味ぐらいは楽しくやりたいですよね。なら、本気にならなきゃ楽しくないです。
 ほどほどでいいよ~って人もいると思いますが、私の場合は本気でないと楽しめないので、こうなっています。
 ブログも趣味も本気。そうでないと、やってられませんよ。

 ふう。今日は30分でこの記事を書きました。
 ね?味気ない感じしません?そんなもんなんですよ。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

葉ダニの後遺症?

 旭山桜の葉が、黄変して落ちます。
162

 こんな感じで黄色くなったら、もう助からない感じ。
 で、調べてみたら、「毛虫などの虫害に遭った桜は、葉が落ちてしまう。桜は元々、とても繊細な植物なので」だそうです。でも、「冬越しをして、春になればまた復活する可能性も大」とのことで、ちょっと安心しました。

 ちなみに、黒い模様みたいなのは、葉ダニ被害に遭ってから何故か付いてしまったもの。
 何でしょうね?葉ダニ関連だと思いますけど。
 そうそう、葉ダニですけど、あれから数は少なくなったものの、やはり完全に全滅はしていない様子です。もしくは、卵が孵ったか。小さい葉ダニが葉っぱを散歩しているのを見かけるので、見かけたら指で潰しています。

 もう一回くらい、水にジャブジャブしても良いんですけどね-。桜は水を好むので、ジャブジャブしても平気ですし。
 今は、とりあえず葉っぱにハッカ油スプレーしています。

 それと、樹木を地植えにしている場合だと、雑草駆除剤などを散布した後では、やはり葉が落ちることもあるそうで。
 その場合、駆除剤を根から吸い上げてしまったことによる落葉だそうです。これも、時間が経てば治ります。

 それと、植物写真を撮ったり、他の写真撮影をする人にちょっとアドバイス。
 バイクなどの光沢を放つ機械類や、植物や動物写真の背景に窓などがある場合。
 自分の顔が、そこに写ってしまうことがあります。せっかく匿名仮名でやっていても、それでは意味がありませんよね?
 私も一回やってしまって、その写真に気づいて消しました。で、別の角度で撮ったものをアップしました。
 どうぞ、映り込みにはご注意を。本体ではなく、背景にも気を配ってくださいね。私の場合、写っていたのは手と胴体だけだったのですが、一応消しましたよ。

 さて、今日の昼間更新がなかったのですが……午後17時まで寝ていたからです。
 その後も、頭がぽやぽやして働かず。まあ、一回くらい更新お休みしてもいいよなーと、更新しなかった次第です。いつも楽しみにしてくださっている人、「更新ないけど、大丈夫?」と心配してくれた人には大変申し訳ないことをしました。

 これから冬になると、植物たちの動きが鈍くなるので、更新は控えめになるか、また他の夢中になるものを見つけるか、ということになると思います。
 なので、これまでのように一日2回とか更新はできなくなると思ってください。秋口はまだ紅葉したり色々と撮るものがあると思いますけどね。

 まあ、冬でも一応エアコン入れるので、多分冬越しはできるとは思いますが。でも、仕事とかで長時間部屋を空けることもあるので、油断はできませんけどねー。植物たちには、頑張ってもらうしかないです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

ハートカズラが元気すぎる夏

 win10の広告……なんか、邪魔でしつこくなってませんか?
 最近になってから、パソコン起動するとすぐに「win10を試しませんか?」みたいな広告が出て、ちょっと飽き飽きしていたところ、こんな記事を見つけました。
 本当に邪魔なwindows10のアイコンを消す方法

 この方法でやってみたところ、無事に消えました-!同じく、win10のアイコンでお悩みの人は是非試してみてくださいね。
 あ、それと、どうも7だと、この方法の途中で、再起動の有無を聞かれないので、自分で再起動する必要があります。再起動しないと、アイコンが消えませんし、次のステップへも行けないので、再起動は必ずしてください。

 それと、一回これをしちゃうといざ10に乗り換える時に困るんじゃない?という疑問は、大丈夫です。この記事の下の方に、ちゃんとアイコンを修復する方法も書かれているので、いつでも戻せます。

 さて……植物ブログですからね。植物のことも書きませんと。
161

 久しぶりの多肉記事で申し訳ない。うちの多肉ちゃんたちはほとんど溶けるか休眠に入っていて、あまり動きがなかったのですよ。
 そんな間でも、この子は元気でした。ハートカズラ。
 昨日も書いたとおり、こんな感じで1mくらいに育っています。でも、長く伸びた茎を踏んづけちゃって、そこから茎が折れてしまい、今は55cmくらい?ちなみに、踏んづけてダメになった茎はまだ処理していません。そのうち切ります。

 ハートカズラって、休眠しないんでしょうかね?
 夏になっても水を欲しがるので、休眠はしていない様子ですが。
 ハオルチアはわかりやすく休眠体勢に入ったのですが、ランプランツもたまに水をあげないとしわしわになっていますし、ルビーネックレスもしわになります。
 
 なんか、育て方のサイトには「水をやりすぎない」と書いてあるのですが、一日一回だと元気になり、2~3日放っておくとすぐしょんぼりするような。
 夏ってそういうものでしょうか?

 で、サイトには「中級者向け」とあるんですよね……。
 私が育ててみた感想では、「むしろ初心者向け」だと思うんですけど。すぐ成長しますし。面白いですし。
 それとも、冬越しが大変なんでしょうか?確か、冬は5度以上の気温が必要らしいですけど。
 
 ハートカズラ、多肉っぽくないですけど、面白いですよー。
 日の当たる場所に置いておくと、もっと葉っぱが肉厚になってしっかりするらしいですけど、私の環境では半日陰で机の端っこから茎を垂らしている状態です。机は高さ50cmくらいなのですが、既に床に付いて、垂れ下がっています。うむむ。すごい植物です。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

ブログを書くということ

 今現在、午後16時です。
 ……今まで寝てました。昨日寝入ったのがえーと、2時くらい……?途中、6時と12時に起きて、ちょっとパソコンをいじったりケータイをいじった形跡がありますけど……それ以外はずーっと寝てました!
 で、今もしんどいです。生理は終わりかけなんですけど……。まだ生理中ではあるしなあ。

 そういえば、見た夢の中で、友人(といっても学生時代)とケンカする夢を見ました。
 しかも、ブログのことで。その友人に「ブログには余計なこと書かなけりゃいいじゃん。植物のこと以外書かないでよ」とか「ホント、性格で損してるよね~」とか言われて、反射的に「じゃあ、悔しかったら毎日2回更新してみろってんだ!!」と、何故かスーパーの陳列棚の前でケンカする……という夢でした。

 まあ、私がこうして毎日昼と夜に更新するのは、ただ単に文を書くのが楽しいから……というのもありますが、最近はそれもちょっと違うような?と思ってきています。
 何でしょうね?義務?責務?
 あいにく、今までそういった言葉とは無縁の生活をしてきたのですが、ここにきて、「何か更新しなきゃ」とかいう思いがあるのは事実です。

 うーん……それが良いのか悪いのかはわかりませんけどねえ。
 でもまあ、大抵のブロガーさんだったら何となくわかってもらえそうな気がします。一旦、更新のリズムができてしまうと、それを崩すのが忍びないというか。
 仕事なんかで更新を休んでも、遅れて後から更新したり。何でしょうね-?そういうことってあるんですかね。

 とある、大物ブロガーさんが、「毎日更新」を止めたきっかけっていうのが、「そういう義務感みたいなのが出てきてしまった」ということらしいです。
 楽しんで更新、ではなく義務感で更新してしまうのが、自分も嫌になるし、読者さんにも失礼になるから、と。
 ランキングでも1位を取ったし、これからは更新したい時に更新するというスローペースにするので、ブログ村からも抜けます、と。

 その決断をしたのは、どれくらいの勇気が必要になったのでしょうか。
 実際、その後もそのブロガーさんは「いつも更新する時間になったら、やることがなくてオロオロしてしまった」というのもありましたが、今現在はひっそりこっそりやっているようです。

 そのスタイルは、今はそのブロガーさんも変わってしまったのですが、人間って変わる生き物です。
 私だって、最初は石趣味からスピリチュアルへ、そして植物ブログへと移り変わってきました。
 こればかりはしょうがない。自然のことですし、だからといってスピリチュアルや石から完全に転向したというわけでもなく、別館でこっそりやっています。更新は遅いですけどね。

 私も、ブログを読み返していて、「スピリチュアル系の記事、消すかなー……」とも思わなくもないのですが、せっかく書いたんだから、という理由で今も消さないでいます。
 ブログは、あくまでブログ主の自由です。でも、そこには読者さんの存在があったり、とりまく環境の変化とかあったりするわけで。それで、仕方なくブログを閉じたり更新を休止したりもします。

 ブログは生き物ですからねー。まあ、そういうものですね。