2015年07月の記事 (1/8) | 魔法石の庭3rd

2015年07月の記事 (1/8)

上司と面談

 ひっさしぶりに仕事行きましたよ。
 まあ……うちの職場は、仕事場というより施設的な要素が多いんですけどね。だから、さすが施設だ、いくら休んでも問題ないぜ!なわけで。でも、金は減る一方なので仕事します。

 で、上司に「夏場はきついので金曜日だけにしてほしい」とお願いしたら、あっさりと「いいよ」と。
 しかし、「金曜だけにしたら来るんでしょうねえw?」と言われ、私も苦笑い。どうなんでしょうねえ。

 それで、空き時間に上司と面談しまして、体調はどうかとか、普段どんな生活をしているかとか、そういうことを一年に一回、聞かれます。で、「最近12時に寝てます。下手すると23時頃寝ます」と言ったら、「ええ!?」と。「深夜族のかみなさんが、なんでまたそんな規則正しい生活してるの!?」と驚かれて、そうか、私の「1時に寝てます」という嘘はとっくにお見通しだったか……と思いました。

 あと、休みの日は盆栽の世話をしていると言ったら、最初ジョークだと思ったみたいで、「あはははは」と。でも、私があまりにもきょとんとしているので、「……本気で?まさかもう鉢を持ってるとか言わないわよね?」と言われ、「いえ。もう5鉢は持ってます(サバ読んだ)」と言うと、「盆栽か~……なかなか渋いところ来たわね」と。
「でも、最近は20代で始める子が多いそうですよ」というと、「へえー。盆栽ブームなのね。私の知ってる盆栽って、松とかそういうのしかないわw」と。

 それで、後で盆栽世界を読んでいたら、「それ、盆栽の雑誌?見せて」と言われ、「へえ~……最近は色んな盆栽あるのね。そうそう、私の盆栽のイメージはこんなの」と、初老の職人さんが松を手入れしているところを指さしました。
 
 そうそう、あと、大事なこと。
 ここの施設で仕事をしているのは、一般の企業での就労を見込んでのステップアップの場なのですが、「障害を開示するか非開示かで言うと、絶対開示した方が良い。そうしないと、かみなさんは無理をしちゃうと思う。障害手帳を取れば、ここの施設で働いている期間は就労期間に含まれるからね。手帳は取った方が良いよ」と。
 一度、障害手帳についての説明はケースワーカーから受けたことがあるのですが、当時の主治医は手帳を取ることにどうも反対らしかったのです。「右川さんは、普通就労でもいけそうだから、あまりお勧めはしない」というようなことを言われました。

 でも、実際に働いているところを見ている上司と、口頭での問診だけの主治医では、上司の方が圧倒的に「私」というものをわかっているわけで。そう考えると、手帳は取った方がいいなと思っています。

 それと、「自分の中で、『私』というものはどんな存在?」と聞かれ、私はうーんと考え込んで、「又吉みたいな……」と言ったら、上司が「わかる」と即座に言ってくれました。……又吉好きだけど、複雑。
 そこから「火花読んだ?」という話になり、「純文学ってあんまり読まないんですよねえ」と言うと、上司が「私は読んだけど、文章の表現が難しくてあんまり真剣に読まなかったw」とか。
 私の読んだ純文学って何だろう?太宰とか芥川は読んだけど……あ、三島由紀夫。あれって純文学ですか?三島は面白かったです。「仮面の告白」で、いわゆるゲイで、幼少期から男性にしか興味を持てなかったと書いてあった気がします。今手元にないからわからないんですけど。

 純文学つながりですが、夏目漱石は精神病を患ってから、一匹の猫を飼うようになり、奥さんが猫嫌いでなんど追い出しても部屋に上がってくるので、漱石が「飼ってやればいいじゃないか」と言ったことで飼い猫になったとか。
 そして、とある鍼灸師がその猫の足の裏を見て、「奥様。この猫は『福猫』でございます。ほら、肉球が全部黒いでしょう?」と言ったことで、奥さんもげんきんなもので、それから猫のご飯にかつお節をたっぷりかけてやるようになったそうです。

 皆さんの猫の肉球も確認してみては?
 ちなみに、うちのみーちゃんの肉球は全部黒でした。福猫なのでしょうか。
スポンサーサイト

ドール趣味は金持ちの道楽だ!

 今日の昼間は(多分)仕事で更新できないので……サボらなければね。昼間更新してたら、「バックラー(バイトをバックれる人)」呼ばわりしてくださいな。

 さて、本日は植物ではありません。私が以前はまっていた人形の世界です。
 というのも、エアコンの送風口に人形を置いていたら、全然涼しい風が来なくてですね……慌てて、タンスの上から降ろしたんです。

 写真はこちら。
135

 大きい方は、オビツ製作所の「シルビア」。50cmだったかな?忘れました。
 小さい方はパラボックスの「開眼姫巫女さんセット」。こっちは40cmボディ。

 開眼姫の方は、ちょこちょこ植物写真の方にも写っていましたね。心霊写真じゃないんですよ。人形ですからね。

 もう、ドール趣味を辞めてから1年以上が経つのですが、おかげでウィッグは劣化してるわ、えらいこっちゃでした。キャストドール(間接にゴムが組み込んである人形)は紫外線で肌が黄色くなったりしますが、こっちはソフビなので、半永久的にこのままです。

 こういった完成品ドールは、大体5万~3万します。開眼姫なら3万円ぐらいですね。
 購入する会社にもよって値段が違い、大手のボークスなんかは普通に5~10万します。ボークスは、人形界でも評判が良くなくて、「限定商法」で人形者を並ばせて、クジでその日に売る人形や小物を買える順番を決められてしまいます。
 人形は、だいたい2ケタ以内の数字でなければ絶望。あとは、小物とかグッズしか残りませんが、中にはそれも全部売れてしまったりします。

 つまり、無駄足を踏む人も少なくない、ということです。同人誌じゃないんだから、もっと人形の搬入を増やせばいいのに……と思ってしまいます。さらに、転売厨(要するに、正規価格で買ってプレミアを付けて売る商法)も多く、普通のお客さんがもっと買えなくなる……ということも。

 その点、パラボやオビツは良心的な方ですが、パラボもオビツも商品の入れ替えが激しいです。たとえば、私の「シルビアみたいなのが欲しい!」と思っても、オビツは既にシルビアは販売終了しています。
 パラボの場合は、メイクとかウィッグ、お洋服も自由に変えてくれるサービスがありますけどね。

 人形業界は、知れば知るほどダークになるので、止めておきましょう。
 私は既に人形趣味から遠ざかっているので、お金持ちの人は「こんな世界があるのか!」と驚いて下さい。

 ちなみに、私は人形趣味の中でも奇特な方で、「セットの衣装も気に入って買ったんだから、お着替えはさせない!」派でした。だから、写真もあまり撮らなかったですねえ。

 そうそう、とある人形仲間から、「かみなさんの撮った写真が見たい」というのでこの二人の写真を撮って送ったら、「手の位置が気になるね。俺もよく何も考えてないとそこの位置に置いちゃうんだよね」と言われ、内心「てめーが送れっつったから送ったんだろ!別に批評されるために送ったわけじゃないわ!」とカチンときました。

 いやー、ネット越しだと、ちょっとした言葉のあやでもカチンときちゃうもんなんですねえ。
 ちなみに、その人形者とは勝手に縁が切れました。「恋活」とかいって、人形者の女性を口説きまくってる人でしたしねえ。そりゃ、「出会い厨」とも言われるわ。

 まあ、コレを読んで嫌な気持ちになったら、人形画像で安らいで下さい。以上、「以前の私の趣味」でした!

花の咲き方は「よそはよそ、うちはうち」

 今日は早めに更新を。早く寝ちゃうのでね。

 百日紅の花芽、いまいちどれが花芽なのかわかりません。前日撮ったやつは、先が丸くなっているので花芽だとわかるのですが、他の芽も、丸くなっているようなものがあったり……かと思えば、普通に葉っぱが出ていたり。うーむ。

 ちなみに、私の百日紅と同じような状態の百日紅を見つけたのですが、その人への返信は、「開花は8月中旬~下旬でしょう」とのこと。私のもそれぐらいかな?
 というか、例年通りに開花しなくたって、「遅い……何か悪かったのかしら」とか「お隣は咲いてるのに」とか言うのは、やめませんか?開花時期はあくまで目安であり、蕾さえ付いていないのならそれはちょっと考えた方が良いですけど、蕾のままだからといってあれこれ心配するのは植物にとっても良くないと思います。
 
 昔の人は言いました。「よそはよそ、うちはうち」。
 お隣が先に咲いたって、だからといってうちの花が咲かないと決まったわけではありません。
 たとえば、子供だって、「2歳なのにまだ喋らないわ」とか「1歳なのにつかまり立ちできないわ」で○歳だから~というのは考え方が古いでしょう。それはその子の個性。障害を持っているのなら別ですが(障害を持っているのなら、それなりの専門機関に行けば色んな援助が受けられるので)、ちょっと何かが遅くたって、なんとでもなります。

 ……まあ、私、家庭持ってないのですが。なのにあんなに偉そうに言ってるのかよ!
 はい。でも、子育てと園芸って似てませんか?花が咲かないでオロオロしたり、枯れそうだったのに、水あげてたら復活して驚いたり。私の周りの園芸家さんたちは、主婦の人も多いので、余計にそう思います。

 さて、花芽が全滅してたムラサキシキブですけどね。
134

 新芽がわさわさ!花は咲かなかったですけど、新芽はえらいことになってます。
 まだちょっと葉っぱの方はしょぼくれてますけど、新芽は元気なので、大丈夫でしょう。
 以前、ホームセンター盆栽も盆栽園も一緒だよ、と言っていたのですが、やっぱ盆栽の扱い方を知っている盆栽園と素人(多分バイト?)が管理しているホームセンターだと、盆栽園の方がしっかりした樹木を買えると思います。

 でも、盆栽園はそこら辺にはありませんけどね。ご家庭に盆栽園はない!
 なら、ホームセンター盆栽でも平気だと思います。……開花しなかったり、葉っぱがしょぼくれていたりしますけど。まあ、それはそれで、「わしが育てる」と熱意を新たにすれば良いのです。
 ……そういえば、過去ログを辿ったのですが、私が盆栽を始めてから2ヶ月になります。ブログ村なんかの先輩たちは、10年とか20年とかのキャリアを持っている人々なので、私なんかは本当にひよっこですね。
 
 でも、盆栽、面白いですよ。調べれば調べるほど奥の深い世界なので、日々勉強させてもらっています。
 うちの盆栽たちは、ほとんどが初心者向けの「水さえあげてればなんとかなる」種類なので、あんまり手入れという手入れはしていないのですが。
 というか、いつの間にか鉢数は7鉢になっているのですが。恐ろしいなあ……。この増え方、多肉を増やしてる時のペースに似てますね。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

書きたい物を書く、自由とはそういうことだ

「毎日更新して、よくネタ尽きないね」と、リアルの知人から言われることがあります。
 ふむ。考えてもみませんでした。というか、石→スピリチュアル→植物 とメインが移動している時点で、飽きっぽいやつなんだなあと思われるかもしれませんが。
 というか、ネタならいくらでも、この季節あると思うんですけど。問題は冬場だ。うちには常緑樹が足りないので、枯れ枝ばかり写すことになるかもしれません。

 それとですね、ネタがなくても書きたいんです!!
 文章が書きたいのっ!(総理の秘かな愉しみ)ブログ更新したいのっ!
 元々、読むのも書くのも好きだった私からすると、一日1回の更新じゃかえってストレスたまるんです。「それを読んでる俺らもストレスたまるわw」っていう人もいるかもしれませんが、そうですかーとしか言えませんな。
 
 まあ、「書くこと」を仕事にできたらいいな~とは常々思っているのですが、仕事にしちゃうと、また意味合いが違ってくるでしょう。嫌な仕事・書きたくないものも書かなければいけない。それも仕事の一つに入ってしまいます。
 そしたら、多分またブログで「私はこれが書きたいんじゃ~い!」と書いてると思います。私にとって、ブログは癒やし……かな?と思うのです。

 さて、植物の話をしようか。
 フィロデンドロン、新芽がにょきにょき。(顔が写ってるのは人形です。心霊写真じゃありません)
133

 てか、日陰管理で、水もあまり与えてないのに、死ぬほど新芽出てくるんですけど。どこかのブロガーさんが、「フィロデンドロン怖い。2ヶ月水やってなくても、葉っぱがわさわさ出てくる。一体こいつは何の使命があるんだ」と書かれていましたが、確かにある種の使命感すら感じさせられる増え方です。
「こいつ、どうしたら枯れるの?」とすら言われているようです。 さすがに半年ぐらい放置してたら枯れるやろ~。……枯れる、よな?

 ああ、ちなみに、盆栽は葉っぱが全て落ちた後でも、冬場は2~3日に一回は水をあげます。
 そうしないと、まだ生きている木の部分に養分が行かないんですよね。冬でも、木は生きていて、春に新芽を出すために準備しているので、水は必要なのだとか。冬に水切れさせると、春の新芽がうまく付かなかったり、場合によっては枯れてしまったりします。冬こそ勝負の時期なのですよ。

 ……とか言う私が枯らしたりして。ありうる話です。

 また、冬は剪定の時期です。葉っぱが枯れて、枝がよく見えるので、剪定するにはうってつけの時期でもあります。
 主に、今年伸びた枝を整え、葉っぱが付いていたところを一節と数えて、何節か残して(これは植物の種類にもよります)切ります。
 冬の剪定作業は1~3月頃まで。最終剪定は冬と春の間ぐらいまでに終わらせます。そうしないと、今度は新芽が作られるので、新芽まで切ってしまい、葉っぱの付き方が悪くなってしまうのです。
 この時期も、植物によるので、自分の持っている植物を調べてから剪定することをお勧めします。

 そういえば、長寿梅、葉っぱが全部落ちないと新芽は出ないそうです。
 水切れの際にも葉っぱが落ちるのですが、その場合は木にしがみつくようにして枯れるそうで、揺すって落ちるぐらいの私の今の長寿梅は自然落葉、とのこと。
 安心しました。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

百日紅の花芽ってこれ?

 今回の写真は、ちょっと縮小して(元が縦4000くらいだから、1000にまで縮小)、わかりやすいように切り抜きました。
 これ、百日紅の花芽ですよね?
132

 真ん中が丸まっています。他の枝はまっすぐ伸びているので、これは花芽だろうと確信。
 しかし、今の時期に咲いていないと、結構ねぼすけさんな個体らしいですね。普通は、7月上旬~7月下旬には咲き始めるそうです。これも、水が足りていなかったからかな?

 でも、栽培カレンダーによると、7月上旬~10月上旬が花が付く時期だって言うんですよね。
 ということは、多少成長が遅くても、ちゃんと花は咲くと。百日紅は、「水さえやっとけば適当に育つ」植物ですので、「放っておいても花は咲く」らしいですけど。
 
 確かに、「うちはもう咲いてるよ~」と言われると「え!?どうしよう、育て方が悪いのかな?それともホームセンター産だから?」と不安になったりしましたが、まあ、他と比べて焦ったりするのは良くないなと。よそはよそ、うちはうちです。
 大体、開花カレンダーは10月までありますし、焦るのは10月過ぎてからで良いのではないかと。

 それと、百日紅の花芽が付きにくくなるには、いくつか理由があります。

1:1~3月までに剪定を終わらせなかった(これを逃してしまうと、剪定するのは花芽ができてからになってしまうので、花芽まで切ってしまう恐れがある)
2:剪定をまったくしなかった(百日紅は1~3月の間に枝先を剪定しないと、葉っぱの付きが悪くなる。また、自然と花芽も付きにくくなる)
3:水切れ(これが最も多いそうで。百日紅は水を好み、また、花を咲かせるためのパワーを水分から合成するので、水がないと力が出ずに、花が付きにくくなる)

 ホームセンター盆栽ですし、多少の環境の悪さは否定できませんけどね。1000円でお釣りが来る値段ですし。まあ、しょうがないといえばしょうがないです。
 逆に、それさえ気をつけていれば、今後花が咲く、ということです。環境の悪い所にあった盆栽も、可愛がってあげれば今年は無理でも来年以降花や実を付けてくれるでしょう。

 園芸家の中でも、環境の悪い所にあった植物を再生させることに喜びを感じる人もいます。
 そういう人は、「くたっとなっていた植物がしゃきんとなって、生き生きしてくるのが非常に嬉しい」そうです。なるほど、納得しましたよ。

 でも、うちの百日紅も、花芽あったのはこの枝だけです……。
 他の枝も探していますが、はっきりと「花芽かな?」と思えるのはこれだけ。樹木自体は元気に葉っぱを伸ばしているんですけどね。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ヒメサルスベリ買ったった

 アルブカが休眠期に入りました。これから、一ヶ月に一回の水やりの他は放置しておきます。
 もう夏ですねえ……。それにしても、長寿梅の落葉が止まりません。これ、全部落ちるまで新芽はでないのでしょうか?

 さて、ニューフェイス。
131
 
 姫百日紅ですぞ。「置くとこない置くとこない」と言ってて、増やして大丈夫なの?と思われるかもしれませんが、多肉が一部を除いてほぼ枯れたので、なんとか置くところは確保しているのです。
 多肉……一年保たなかったな……スクエナカッタ……。

 ちなみに、生き残ったランプランツがまだ水を欲しがるのですが、これって休眠しないんですかね?だからといって、成長している感じもありません。プラモデルのロボットみたいな外見のままです。……碧魚連はどんどん伸びるらしいですけどねえ。

 さて、この百日紅ですが、これからの季節にぴったりの盆栽です。
 なんでも、7月~9月までに花を咲かせ、その花は約一ヶ月ほども咲くそうです。なので、漢字で「百日紅」と書きます。
 読み方は「サルスベリ」。文字通り、猿が滑るほど幹がつるつるしていることから、その名がついています。
 読み方と漢字がごちゃ混ぜになっているので、ややこしいですね。

 あと、葉っぱも可愛くないですか?
 私、こういうつやつやした葉っぱが好きなので、「葉っぱも可愛い~」とつい買ってしまいました。
 はい、いつものホームセンターです。なので、少し水切れ気味……。帰ったらたっぷり水をあげました。

 で、よーく枝の先端を観察すると……「これ、花芽?」というのが1~2カ所付いていました。どんな花が咲くんでしょう?楽しみ楽しみ。

 ちなみに、百日紅は今の時期、剪定してはいけません!
 私も、前回のムラサキシキブの失敗から学びましたが、必ず剪定などの手を加える前にネットで調べてからにしています。

 百日紅は、枝の先端に花芽を付け、そこで開花します。
 なので、花芽が作られる今の時期に切り詰めてしまうと、花が咲かなくなってしまうのです。
 ですので、夏場は放置。剪定したり枝を作ったりするのは、秋以降に落葉してからがベスト、だそうです。

 花の色も様々なようですが、一番多いのはピンクと白。木の名前の赤はあまりないそうで。
 まあ、ピンクも白も可愛いですよね。とにかく、花が待ち遠しい!

 あ、そういえば、来月の盆栽雑誌ですが、2冊とも買うかどうかは微妙です。
 髪切ったりしないといけないので。お金が必要なのですよ。
 もしかしたら、キンボンだけのレビューになってしまうかもしれませんので、どうぞご了承を。

 ……ってか、雑誌買うか買わないかくらいは好きにすればいいじゃん、という意見もあるかと思いますが、一応、このブログでレビューを見て盆栽雑誌を買われている人もいるかも……と思うとですねえ。
 そんなやつおらんやろ~(こだまひびき師匠)って、感じですが、できるだけ私も知識を得て盆栽をやっていきたい、というのもありまして、雑誌は買っていきたいのが本音です。

 ……あ。そういえば、私、まだ職場の給料貰ってないや。それで2冊買えるかな?
 地味に、病院の薬代が厄介なんですけど……今の処方で1700円取られます。一応、自立支援制度を受けているので、1割負担でそうなんですよ!高いよ!
 なんでも、ジプレキサが一錠100円以上するらしいですけど。んーでもまあ、ジプレキサないと精神状態がわーぎゃーなるので、飲むしかないんですけどねえ。ジプレキサのジェネリック出てくれないかなー。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

盆栽の世界は精神と時の部屋に似てる

 枯れる植物あれば、芽吹く植物あり。
 人生そんなもんらしいです。自然のサイクルってやつですかね。今でさえ人類は「この惑星の王」と粋がっていますが、そんな人類でも太刀打ちできないのが自然。自然災害だけじゃないですよ?病気だって老いだって自然のサイクルの中の一つです。
 誰だって、病気をすれば老いもする。皆がワーキャー言ってるアイドルでも、いつかは老いる。それは、沢田研二とか山口百恵を見れば「どうして!?」となるでしょう。

 でも、それが自然なんです。医学的に言うと、テロメアの摩耗ですね。でも、そんな日本人含むアジア人はまだ良い方で、コーカソイド系のイケメン美女外人なんかは、無理しすぎて叶姉妹みたいになってたり、「ええ!?」となっちゃってたりするでしょう。私は叶姉妹好きですけどね。彼女たちは、「頭の回転早いな」と感心させられます。一説では彼女たちはお偉いさん専門の高級娼婦だと噂されていますが、さもありなん。水商売だって、相手をリラックスさせたりするために、話術が必要なのですよ。中には、ただエッチをするだけでなく、その女性と会話するためだけに指名する客もいるそうです。

 さて、そんな自然のサイクルの中で、クチナシが新芽を出しています。
130

 ちょっと光に当てちゃったからか、黄緑色になってるのが新芽ですね。斑入りの植物はこれが難しいんですよ……。すぐ先祖返りしちゃいます。なので、半日陰くらいがちょうど良いのではないでしょうか。

 ここを知っている友人に、「クチナシの盆栽なんてあるんだね?」と驚かれたのですが、今は、大抵の樹木は盆栽化が可能になっています。キンボンの7月号に、真柏の巨木を盆栽化するという特集も組まれていたくらいですし。
 しかし、盆栽に仕立て上げるまでに13年という年月を経たらしいです。それを聞くと、高い盆栽が数千万するというのもうなずけますね。

 というか、キンボンも13年間取材していたんですね……。それもすごいな。盆栽家たちは時間の流れが違うのか?とも思ってしまいます。
 13年間、一つの木を盆栽に生まれ変わらせることに集中するというのは、どういう気持ちなのでしょう。まだ、盆栽を始めて2ヶ月ほどの私では到底たどり着けない場所にいる人たちでしょうね。

 さて、このクチナシ、今までに何度か危機を迎えていました。
 梅雨の長雨と湿気にあてられたのか、葉っぱの元気がなくなり……ついには、土にカビが生える始末。
 だから、窓際の直射日光が当たる場所に移動させたのですが、一時期は「これもダメにしちゃうのかなあ」と落ち込んでいました。
 しかし、植物の再生力をなめていました。
 
 カビの生えていた土は、日光により完全に除菌され、葉っぱも、黄緑色とはいえ新芽がどんどん出る始末。
「クチナシの葉は、花芽が散ってからすぐ。それを逃すと来年の花芽を作るために、花芽の赤さんを切ってしまうことになる」と、ネットで散々脅された(悪い意味ではなく、ほんのジョークです)ので、刈り込みも必要最低限にしました。
 でも、軽く刈り込んだだけなのに、もうこんなに新芽が出ている状況。植物強ええ……。

 こういうとき、「盆栽の師匠がいたらいいなー」と思います。
 でも、人工的に曲げたり針金掛けたり丸刈りにしたりするんじゃなくて、自然盆栽の師匠。まあ、ピカソもそうですが、「写実主義の絵をぶちこわす為に訳のわからない絵を描き始めたといいますし、まずは基本から学ぶのも良いですね。まあ、私にできることといえば水やりだけですし、わざわざ盆栽サークルに参加するほど行動的じゃないので、何ともならんのですが、人怖い。

 ちなみに、ピカソが本気出すと、ものすごく綺麗な絵を描くんですよ。7~8歳の頃に、王家で賞を取ったといいますし。
 基本がちゃんとしていれば、なんとでもなるって話ですね。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

送りつけ詐欺!?解決

 今まで、家族と話をしていました。

 というのも、前述した「送りつけ詐欺」、無事解決したからです。文章は短いですが、とりあえず心配させてしまった皆様にも、独立した記事としてご報告しないと、と思いまして。

 まず、私と父。この2人は通販大好きで、よくネットショッピングをします。これが大前提。

 で、今日、メール通知が来たのが昼頃。で、「すわ、詐欺か!?」と大騒ぎ(ブログ上でも……とほほ)したのですが、夜になって「そういえば、あの荷物……」と、メールに載っていた伝票で、荷物追跡サービスを利用してみると……んん?「配達完了」になってる?

 といのも、夜になってから、一応荷物は来たんですよ。でも、それは親戚の人からの荷物だったので、祖母から「こんな気持ち悪いことがあった」と連絡を受けていた母も、判子を押したと。

 で、私が「あのさー、例の伝票、『配達完了』になってるんだけど?九州から来た荷物ってあったっけ?」と母に聞いたところ、「東北の親戚からは来たけど、荷物自体はどこで頼んだのかしら?」と伝票を探したら……九州から来てるではありませんか!
 しかも、「クール宅急便?(通知メールに書いてあった)」と聞いたら、そうだと。

 で、「なんだ、じゃあ、私とお父さんをあっちが間違ったんだ」となって、ようやく解決となったのでした。
 こういうこともあるんですね。まあ、詐欺みたいに悪意のあるものじゃなくて良かったです。

 まあでも、私の名前と父の名前は全然違うのに、間違うかなあ?と思ったのですが。確かに住所は一緒ですけどね。
 宅配会社の些細なミスがとある家庭を大騒ぎにさせたってことでした。前回の記事でも大騒ぎしてすみませんでした。おわり。

「送りつけ詐欺」か!?

 昼間、メールが届いたと思ったら、ヤマト運輸からの「不在通知(要するに、不在だったので届けられませんよってこと)」。
 なぬ!?と私は思いました。というのも、何も買った覚えはないからです。

 しかも、クール宅急便で、北九州から送られています。もっとそんなの覚えなんかないぞ?

 慌てて営業所に電話をしたのですが、何故か「ただいま混み合っておりますのでもう一度……」というガイダンスが流れるだけでした。
 ということは、この地域に同時に送られてるってこと?それぐらいしか、この平日の真っ昼間に電話が混み合っている理由がわかりません。

 いつも宅配便の受け取りをしてくれる祖母に、「こういうわけだから、荷物が来ても受け取らないで」と説明しておきました。祖母は、「怖いねえ。中身がなんだかわからないからねえ」と。

 で、ざっと調べてみたのですが、どうやらそういうケースは少なくないようです。
 いわゆる、「送りつけ詐欺」というやつで、代引きで荷物を送ったり、荷物の中に「○○日まで振り込むように」と振込用紙が同封されていたりするそうで。
 その場合、まず、玄関先で、怪しい荷物は受け取らない(受け取り拒否)、そして受け取ってしまった後は、すぐに警察に電話して指示を待ちましょう。
 
 ただ、警察も、すぐに動いてくれるわけではありません。
 まず、「本当に身に覚えがないのか」ということをしつこく聞かれます。そして、対応も、「振り込め詐欺」より断然悪いそうです。「○○円じゃ良いんじゃないの?」とすら言われるほどの危機感のなさもあるとか。

 そう。送りつけ詐欺は、大抵数千円~数万円の間の、微妙なラインを攻めてくるのです。
 だから、「数千円なら勉強代……」と、和を重んじる日本人なら思ってしまうところですが、そこが詐欺会社の思うつぼ。たとえ一人が数千円でも、何十と送ればその代金はこっちのもの。一人数千円が、数万、数十万になるのです。

「送りつけ詐欺」で重要なのは、届いた荷物は絶対に開封しないことです。
 開封してしまうと、業者は「使ったんでしょ?なら、代金を払って当然」となります。警察の対応も「開けちゃったらねえ……」となるので、身に覚えのない荷物が届いたら絶対に開封しないでください。

 それから、運輸会社に直接「身に覚えのない荷物なので取りに来てください」と連絡する手段もありますが、これは、代引きだった場合、お金を取り戻せるかは微妙です。それぞれの運輸会社によって対応が違ってくるからです。
 
 消費者センターに連絡する手もありますが、仮名の会社だと、立証は難しいでしょう。
 
 ちなみに、代金を振り込む方の詐欺だった場合、14日間経てば、勝手に契約が切れます。
 なので、送られてきた荷物も自分の好きにできます。詐欺会社が何と言ってきても、「でも、14日経ってますよね?」と押し通せば、司法的には何の問題もありません。
 ただ、荷物の中身がなんなのかは開けてみるまでわからないので、やはり警察なり運輸会社なりに連絡して引き取って貰うことが重要です。

 よく宅配便を利用する……という皆さんは、それが正しい荷物なのかを気をつけてください!
 身に覚えのない荷物は、受け取らない。また、家族の間でも、荷物が来る場合はちゃんと伝えておく。それ以外は受け取らない、ということが大切です。

ムラサキシキブの花芽が付かなかった理由

 ムラサキシキブの花芽が作られなかった……もしくは終わった花が取られてしまった検証をしていたところ……おや?
129

 これ、花芽じゃない?枯れてますけど。
 そうか。水分不足で枯れたのかもなあ……と、思います。
 ホームセンターという過酷な環境下にあったムラサキシキブが、養分を花芽まで持って行けなかったのかもなあ、と。

 他に、ムラサキシキブが咲かない原因として、剪定時期の見誤りがあります。
 ムラサキシキブは1~3月に剪定を終えなければ、その後、花芽の赤ちゃんが作られるので、それを超えてしまうと花芽まで切ってしまうことに。
 これ、他の盆栽から入った人は、大抵やらかしちゃうんじゃないでしょうか?特に、夏にわさわさになってしまうと、「ちょっと切るか」ってなってしまうのでは?

 私も、シュート(来年の枝)を切ってしまいました。まあ、シュートを切っても本体にも花芽は付くそうですが、数は少なくなると。あー……やっちまったなあ。

 とりあえず、今年のムラサキシキブは花も実もゼロ!ということになりました。
 わはは~……むなしい。希望は、まだ新芽が伸びてきてるってことだ。
 新芽が伸びているということは、樹木自体は枯れていないということで、樹木本体さえ無事なら、来年、再来年と花を咲かせてくれることもありましょう。

 幸い、うちには他の盆栽たちもありますし、葉っぱを愛でるのも一興。
 来年までに、元気に育てて、一つだけでも花芽ができるように頑張ります!

 と、ここで、友人兼同僚である女性を紹介しておきましょう。友人自慢です。えへへ。

 彼女は、南雲風花さんというハンドルネームでネットで活躍しています。
 主にtwitterで創作俳句をやっている人なのですが、人としても、女性としても、見習うべきところのある人です。
 彼女は一見、クール系の美人さんなのですが、心の中はとても柔らかく、女性の優しさにあふれた人です。

 ただし、その優しさにつけこまれて、損なことをしているのが気になります。
 元彼から「訴えるぞ」と脅されたり。しかし、聡明な彼女は、訴えられる前に自分から警察に出向き、「こういう脅迫を受けています」と相談することで元彼を黙らせました。
 というか、元彼さん、ブログに降臨するとか言っていて、その後音沙汰ないですね。ヘイヘイ、釈明するんじゃなかったのー?(煽っていくスタイル)

 このように、いざというときの行動力や知性も見習いたい人です。
 俳句も、ほぼ毎日更新されていますよ(現在はゲーム中につき、なかなか更新の時間が取れないようですがwそういうところもチャーミングです)。
 よかったら、twitterの南雲風花で検索してみてください。彼女の俳句に触れられますよ!

 というか、俳句といい、盆栽といい、私たち、なかなか渋いところにばかり行ってますねw
 でも、俳句も盆栽も、若い人もやってるんですよ。これらを「じいちゃんばあちゃんの趣味」で片付けてしまうにはもったいない!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村