2015年06月の記事 (2/7) | 魔法石の庭3rd

2015年06月の記事 (2/7)

花が好き=清楚 んなわけあるか!

 なんか、前回のパンツ記事が結構不評だったらしいのですが……。
 
 ……園芸してる女子が皆、清楚で女の子らしいってのは幻だよ!と言いたいです。
 というか、ホントに清楚な子は、園芸なんかやりません。そういう子は今頃、家庭を持って子育てに一生懸命です。そして、本当に清楚で世間知らずの子なんてずーっと前から絶滅危惧種です!
 私が1000人以上の女子たちと関わりを持ってきて、「本当にこの子、清楚で性格良いな」と思ったのは1000人に3人です。

 2人はうちの高校の漫研の先輩で、ふくよかな体格をしているのですが、ホント癒やし系のお二人でした。
 そして、最後の1人は私が何か突っ込んでも「もう……」としか言わない子です。教室内では、その子と同じく純粋培養の男子とをくっつける動きが合ったのですが、私はなんか、一種のからかいに見えて、不快でした。

 逆に、「一部の男子にだけは清楚」という子なら腐るほど見ました。
 そういう子は、クラスで孤立してるグループ(私です)で、教師から「どこかのグループに入れて貰って」と言われたときに、「一緒にやってくれませんか?」と声を掛けたところ、「え……」と気まずそうに空気が流れ、もう一人の子が「入れて貰えないみたいだね」と捨て台詞を吐いて、私たちは不良学生と化しました。

 後から、ギャルの子たちのグループに「入れてください」と言ったら、快く「いいよ~」と言われ、拍子抜けしました。ギャルの方が優しいじゃん!

 だから、実は派手に見える子の方が性格良いっていうのはあると思います。
 後から、教師に「なんで入れてもらえないの?授業が進まないんだけど」と叱られ、理不尽な思いをしました。あんた、本当に全体を見回してるの!?って。
 入れてもらえないって、そりゃそうだよ!私たち仲間はずれ組なんだから。これで、「この先生は個人個人のケアより、全体が上手くいってる方が重要なんだな」と感じました。

 だから、園芸してる=優しくてつくしてくれるタイプ と誤解するのは止めて頂きたい。
 私は少なくとも尽くすタイプではないですし、好きでやってることですから!「男子にモテたい!」って始めたことじゃないから!
 どうも、それって、男性が趣味を始めることとの差があるみたいなんですね。

 既婚男性はどうかわかりませんけど、独身男性はギターとかバイクとかを始めるのは、「かっこいいから」とか「あわよくばモテるんじゃないか」とかが根底にあると思うんですよね……。
 変わって女性は、あくまで「癒やしとか、オサレな空間を演出するための観葉植物」って感じの入り方だと思います。女性と男性の趣味の違いって、そんなもんなんですよねえ。

 はっきり言って、私が見たところ、園芸やってる女性は本当に植物が好きか、「植物が好きな自分が好き」というナルシストタイプにわけられると思います。私はナルシストタイプなので、ぶっちゃけた話、「綺麗な写真ですね」と言われると、「いや~そうでもないですよ~」と言いながらも嬉しいです。だって、植物に自分を当てはめているナルシストですから。
 以前、同じ植物を育てている友人が、「友達が来るのを知っていて、わざと窓際に植物を並べた」とかいう話を聞いて、私は「ん?」と違和感を感じたのです。

 まあ、それで育つのなら、植物にとってはどっちでもいい話でしょうけどね。「水と日光さえくれえればいいや」という。あなたの彼女は本当に清楚タイプですか?それともナルシストタイプでしょうか?
 女性のサインを見逃さず、ちゃんと見分ける洞察力が必要になってきますね、男性方は。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

霊感は嗅覚にも表れる

 私には、どうやら「スピリチュアル的なものは見えないけど、香りで判断することができる」という能力があるらしいです。

 ということを知ったのも、つい最近の話なんですが。自分にとって害のあるもの・もしくは相性の合わないものは変な臭いがします。
 逆に、好意的なもの・相性の良いものとは花のような果物のような良い香りがするのです。

 私は元々、アレルギー性の鼻炎を持っていまして、それは大人になってからはだいぶ良くなったのですが、それでも今も鼻が詰まることが他人より多くて、よく鼻をかみます。
 強盗に口ふさがれたら酸欠で死ぬな、という感じですね。幼い頃はとにかく年中鼻が出ている状態で、耳鼻科に通院していても、一向に良くならないといった感じでした。

 でも、母親はすごく香りに敏感で、すぐ「あ、臭い。隣が何か燃やしてる」とか気づく人です。

 そんな人が、小学生の頃、私が通っていた塾の送り迎えをたまに(仕事熱心な人なので、ほとんど送り迎えは祖父がしていました)していたのですが、私がいつもある特定の場所を通ると、「あ、臭い」と気づくのです。
 で、母に「ねえねえ、あそこ通るといつも臭いよね?なんか、青臭いっていうか……」と言ったところ、母は何故そんなことを言い出すのかわからない、という表情で「そうかしら?」と言うのです。
 私はびっくりして、「嘘。だっていつも臭いじゃん」と言いつのるのですが、母は「別に何も感じないわよ?」と言うのです。

 私はてっきり、母が気づいていないだけかと思って納得したのですが……20年くらい経った今、それを思い返してみると、「いやいやいや。あの母が気づかないわけないって」と思うのです。

 で、「そっか。あれって霊感の一種だったんだ」と考えています。
 でも、何故いつも送り迎えをする祖父の時は何も感じないのに、母とは感じるのか?と思ったところ、どうも霊感というものは、霊感の強い人と一緒にいると、上がるらしいのです。
 母も、ちょっとした霊感持ちで、幽霊の声を聞いたり、初めて行ったルーブル美術館のモナリザのありかをわかっていたと聞きます(母曰く、「あんなにオーラのある絵なんだから、誰にでもわかるわよ、とか。自分の能力を認めていないようです)。

 聞いてみると、母方の祖母が強い霊感持ちで、そういう直感?のようなものがすごく当たる人だったそうです。父と母が結婚したのも、その祖母が「あの人(父)はすごく良い人だから、結婚した方が良い」と猛プッシュしたそうで。同時期に、とある男性からアプローチを受けていた母ですが、その人は後から聞くと祖母と一緒にいたくて母にアプローチしていたそうで。……そっちに行かなくて良かったね、と思いました。

 ちなみに、母方の祖父はそういうものをまったく信じないリアリストで、父と母が結婚した際には、三日間寝込み、母が関東から東北に帰省しても(運転は父なので、自動的に父もついてくる)、父とは一言も会話をしなかったそうです。私が生まれてから、ようやく会話らしい会話をするようになったとか。

 というわけで、私には霊感があるのかないのかわかりませんが、とりあえず匂いで何かはわかります。
 観葉植物でも、ガジュマルにはスパイスっぽい匂いがします。一番良い香りなのは梅で、これは梅の花みたいなすごく良い香りがするんです。梅にも精霊が住んでるのかも。
 あとはまあ、その場の空気?みたいなのに左右されやすい体質で、神社とかお寺とか行っても、本当にダメなところはダメです。場あたりっていうんでしょうか。気持ち悪くなったりめまいがしたりします。

 特に、朝廷系の神社はダメです。これは、私が古代の土着神に縁があるせいかもしれませんけど(鬼とかもそうらしいです)。
 まあ、朝廷系でも、産土神の八幡神社は平気でした。寂れてますし、そんなに力が強くないからかもしれませんが。
 実は大学も、皇室に縁のある大学(学習院とかではない)だったのですが、そこもなんだか空気が無理でした。なんか、柔らかくて女性らしい空気なんですけど、私にとってはダメでしたねえ。

 申し訳程度の多肉報告。
 アーモンドネックレス……ダメでした。溶かしました。
 昨日の午後見てみると、黄色い部分が全体に広がっていて、ポットから根っこを出して見てみたら、根っこが全部黒くなっていましたよ。根腐れだったのか!
 原因は水のあげすぎだったようで、水やりを止めるタイミングが遅すぎたのでしょう。他のネックレス系も、しわしわになっている葉っぱがあったりで、これからは水を止めます。

 ……あと、梅ときたら桜でしょ!ということで桜の盆栽を買いました。今は、葉桜ですね。
 桜の盆栽って、盆栽家たちはあまり興味を惹かれないらしいですね。花が一期しか咲かないので。でも、葉っぱも植物のうちだと思うので、私は好きです。害虫が付きやすいとのことで、ちょっと心配ですけどね……。今度は溶かさない!今度は……。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

パンツとかナプキンの話とかお下品なトーク

 つる性ガジュマル、シャングリラ・フィカスが順調に伸びてきています。
 のび~。
065

 ……で、思ったんですけど、これ、大きくなったらどこに置こう?です。
 机の上には置いておけないし……「つる性」っていうぐらいだから、薔薇みたいに紐でくくって誘引してあげるとか?

 ……あ、この写真、おパンツ見えて~ら。でもどうでもいいか。わしで抜けるものはおらんか!わしで抜けるものはおらんか!「……ごめんなさい」 ってぐらいの容姿と性格だからなあ。

 私はこういう、パンツ見えてたりすることには無頓着で、生理用ナプキンなんかも「なんで隠さなきゃいけないのかわからない」という感じでした。
 だから、ブログでも普通に「生理です」とか書いたりしますし、小学生の頃、「女の子だけの授業」で、ナプキンを貰って男子から
「それなに?」と聞かれたときに元気よく「生理ナプ……」まで言って友人に口をふさがれたりしました。

 生理が禁忌だって知ったのは、その時かなあ……。中学生になってからは、なんとなく生理って隠さなきゃならないワードだと知って、隠すようにはしてましたが。
 でも、うちの中学、そういう性とかにあっけらかんというかオープンというかだったので、リア充グループは大声で「生理生理!誰かナプキン貸して~」「あいよ~」「サンキュ~♪」というやりとりをよくしていました。

 今は、一応ナプキンをポーチに入れて隠してはあります。
 ……今はってことは、前まではそのまま入れてたってことです。病院の受付にも、ナプキンが書類に挟まって提出したことがあります(その時は、受付の人が「こちらは……」と言葉を濁して返してくれた)。

 だって、それまで引きこもりだったもんよ。ナプキンを持ち歩くことなんてなかったもんよ。
 でも、生理ともあと30年に少し足りないくらいでお別れですねえ。いっつも生理の度に死んでる私としては(寝込んでるとも言う)それが待ち遠しくもあり、少し物足りなくもあり。子供は元々望んでないので良いんですけど。出産怖すぎわろた。
 子供は、いざとなったら養子とかでも全然問題ないです。……でも、ネグレクトとかしそうで怖い。「ダメよ~○○く~ん」とか言いながら視線はパソコン、みたいな。救えねえ。

 男性方は不思議でしょうけど、「なんで死ぬほど痛い経験をしてるのに女性は何度も子供を産むの?」って話ですが、女性って、痛みに対して忘れるという能力があるのですよ。
 だから、DV被害者なんかも暴力を振るわれてもその後の「ハネムーン期」と呼ばれる、優しくしてくれる時期になると「私が悪いのかしら」とか思っちゃうわけです。痛みを忘れてしまうわけですからね。
 なので、一人目を産んだ後にすぐ「可愛いな。もう一人欲しいな」と思ったりするわけで。で、いざ二人目というときになって「痛い痛い痛い!そうだ、忘れてた!すごい痛いんだった!痛い痛い!!」となるわけです。

 最近、植物本体に対するコメントがない?いやいや、そんなことないですよお~(目を泳がせながら)。
 ……でも、ぶっちゃけ、もう植物に対してのコメントは散々述べましたよね。だから、ネタってネタがないんですけど。成長の観察記録はこれからも付けていきたいですけどね~。長文で語るのは無理っぽよ。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

農業系女子高生だった頃

 アーモンドネックレスですが……「病気」という可能性も出てきました。新芽は元気なんだけどなー……。

064

 こんなになってます。黄色いですよね。
 で、更に、葉っぱが2本ほどしおれて黒くなっていたので、取り除きました。なんだろう……。
「蒸れ」とか、今の季節だとそういうのもあるのかもしれませんが。特に、多肉は葉っぱに水分を蓄えているので、梅雨の時期は弱った株だと腐ったりカビが生えたりすると言われていますが。

 でも、新芽がまだ元気に芽吹いているので、大丈夫だとは思うんですけどね。

 他のネックレス系も、とりあえず成長は止まっています。ネックレスって夏も活動するって聞いてたんですが、「微妙に成長する」の間違いなんでしょうかね。水もあまり要らないようですし。

 逆に、ハートカズラがむくむく成長していて若干困ります。新芽もどんどん出てきていますし、ハートカズラって夏の多肉?と思ってしまいます。
 確かに、多肉っぽくない多肉なんですけどね。今、一瞬「多肉ぴっぴ」と打とうとしていていました。何故にギャル語?
 あ、ついでに言うと、今のギャルってマジ?って言わないらしいですよ。マ?って言うらしいです。どこまで略するんでしょう……。
 私の青春時代は、「マジだ!?」とか「マジか」が主流だったんですけどねー。

 そうそう、うちの高校の教師陣ですが、農業高校だからか、普通の農家のじいちゃんみたいな先生が多かったです。
 私たちも先生も、実習の時は作業着を着るのですが、それがまたダサくてですねー……。開き直って、友達の間で「バリコレ(バリバリイケてるコレクション)」と言って、作業着姿でモデルウォークしてポージングするのが一瞬流行りました。ギャルもギャル男も農業科の生徒は全員これを着ます。「着ない」という選択肢などありません。だから、首から上だけギャルでも首から下はワークマンという子が多かったです。

 更に、じいちゃん先生が教える植物学みたいなのがまた面白くてですね。
 何せ、農家のじいちゃんが「なんとか、リンネ(植物の学名には必ずリンネが付く)」とか教えるので、私たちは授業中、「やばいよ、農家のじいちゃんがリンネとか使いこなしてるよ」と笑いをこらえていました。

 もちろん、学名の発音は、日本語発音です。ネイティブなわけないじゃないですか。
 私たちの世代では、英語の授業も日本語発音の先生とかがまだまかり通っていたのです。そういう時代でした、現在30代以降の英語なんて。

 ちなみに、ド田舎のじいちゃん先生なので、言葉はなまっています。私たちがふざけて「~だべ?」と今の中居君みたいに言うのとは格が違います。ずっとなまってきた世代ですから。
 男女差別はいたしません。女だろうと何だろうと丸太もビニールハウス用のビニール(これが丸太より重いんだ……)も担がせます。嫌とか無理です、とかは言わせません、言いません。なにか指示されたら「はい」しか返事は認めません。

 ビニール担がされたのもきつかったのですが、精神的にきつかったのは、ヤスデ(ムカデの小さいのみたいな虫)がうようよしているアスパラ畑を素手で掘らされたことです。もちろん、私たち生徒に決定権はないので、皆「うわー」とか「ぎゃっ」とか言いながらも掘ります。そのうち、ヤスデを素手で掴んでも何も思わなくなります。無の境地。これって仏教の修行の一つにできませんか?という感じになってきます。

 ……なんか、書いてると、農業高校っていうよりは自衛隊とかそういう類いに思えてくるのですが、実際、それできつくて辞めていく生徒も多かったです。クラスの1/4くらいはそれで辞めていきます。残された精鋭たちは、高卒で仕事に就いたり、さらにクラスに5人くらいは大学に進学したりしました。
 実際、私の当時の親友も、大学へ行きました。まあ、頭の良い子だったのでね。高校辞めても何回かプライベートで会ったのですが、漫画研究会を部に昇格させたり、大学に入ったり、ろくでもない男と付き合ったりという話をしてだらだらと時間を過ごしました。
 今は、多分結婚してるんじゃないですかね-。私ぐらいの年だと。……少なくとも、私のようなニートでないことは確かです。

 いかんですね、昔話をすると。高校辞めてー高卒試験受けてー大学行ってー授業に一回も出ずに辞めてーそれから極貧生活送って、精神病患者でニートぉー……。
 ほんと、どうしようもない人生だ。酷い。でも、これで家族からの期待がなくなったので、今は楽です。期待されないって、こんなに楽だったんだ、って思います。もっと早く気づけば、きっとバカのふりもできたのだろうと思います。高校生の頃の私には、「よく頑張った!でも、次からは変に親に期待されるような結果は残すなよ!」と助言したいです。

 期待されるより、諦めて貰った方がお互いに楽ですよ。ホントに。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

ビタミンのお話し

 私の家は農家なのと、祖母と母が野菜大好きなので、野菜類は沢山採っています。
 ……でも、最近、それでも「ビタミン不足っぽいな」と思うことがありまして。5~6年前のビタミン剤を飲むと元気になるからなんですが。

 ということで、ビタミン剤を新しく買ってきました!
 今日買ったのは、DHCの「ビタミンC」です。30日分で450円くらい。
 
 というのも、昨日辺りに「ビタミンCは美白・シミやソバカスの軽減・ニキビ跡にも効く万能サプリ」とのことで、ちょうどそういう効果が欲しかった私は今日、買ってきてしまいました。
 美白とかはよく言われていますが、どうやらコラーゲン生成にも関わっているようですよ。コラーゲンは肌からだと吸収されないので、最近たるみが……とかいうお悩みには、ビタミンCを採ると良いらしいです。

 また、ビタミンCは非常に壊れやすく、野菜でも熱を加えると壊れたり、せっかくビタミンを採ってもタバコやストレスで壊れるとされています。
 だから、サプリで補充すると良いとか。

 なんでこんなにビタミンが必要なのかというと、ヒトは自力でビタミンを体内で生成できないからなのです。他の動物は、できるんですよ。
 ヒトも、ビタミンDだったかな?は日光に当たることで生成されるのですが、その他のビタミンは作れないので、野菜を食べたりサプリを飲んだりすることが大事なんですねえ。

 猫なんかは典型的で、日光を浴びると毛にビタミンが生成されるので、それを舐めて補充しているといいます。
 猫が日光浴後に毛繕いをするのは、実は理にかなっている仕草なのです。

 ビタミン不足になると、肌がくすんだり、シミやソバカスができたり、もっと行くと、壊血病になったりします。
 壊血病は、船の上で何日も新鮮な野菜を食べられない暮らしをしていると、なる病気です。私の過去世(魔女の弟子)でも、おそらくこの病で成人する前に死んでいます。
 現代日本でもそれは他人事ではなく、レトルトや惣菜のお弁当などを主食にしていると、脚気といって末端機能障害を起こすことがあります。これは、現代病の一つで、麦飯から白米に食生活を変えたことで起こると言われています。
 脚気は、ビタミンBですけどね。不足しているのは。

 ちなみに、ビタミン過剰というのは……ビタミンAなどの脂溶性ビタミン以外は、尿となって流れていきます。
 サプリメントに含まれているビタミンはほぼ全てが水溶性ですので、吸収しきれなかった分は尿と一緒に排出されます。ただし、あまり過剰に採りすぎると、今度は肝臓を悪くすることがありますので、きちんと用法用量は守って飲むことが肝心です。

 私は、美白効果(最近日光が厳しいですしね)とシミの抑止を狙って飲んでいます。
 特に、シミなんです!30超えてから、肌にシミらしきものができてですね。聞いたところによると、シミっていうのは加齢と共に若い頃に浴びた日光のシミができてくるっていうじゃないですか!怖い!
 あと、一応日焼け止めは塗って仕事に行ったりするんですけど、そうすると日焼け止めの油の部分が焼けている感じがするんですよねえ。ちょっとでも美肌になりたくて、ビタミン飲みます!目指せ、40代でも若い肌!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

農業高校の実態は?

 ミクロフィラの枝に~新芽が~ついた~~~!!
063

 今日は写真ボケてませんよ!
 ミクロフィラ、全体像は撮るの難しいですけど、一部を撮るのは大丈夫かも……。
 枝が細くて、葉っぱも小さいので、全体を撮ると背景に同化してしまうんですよねえ。

 あ、今日は11時間寝ました。途中、8時くらいに起きたらしく、アクセス解析に跡が残っていましたが、その後も爆睡です。この、「長時間眠れる」ってのはなんでしょうね?

 さて。ちょっと昔の話をします。園芸にも関係あることなので、こっちで書いてもいいかなと。

 私は、農業高校に通っていました。まあ、農業だけじゃなくて、クラスで商業・農業に別れていたんですけど。
 でも、私が高校に行って、学んだことは、培養地の作り方でも稲の育て方でもなく、灌水(水やり)の際はシャワーホースを上に向けて、植物に当たる水滴を和らげる。これだけ!

 だって、1年2年しかいなかったので、専門的なことを学ぶ前に辞めてしまったのです。
 まあ、実習が辛いからじゃないのですが。人間関係的なことでね。ちょうど、それで悩んでいた時に、田口ランディさんの著書に「いじめというのは、それぞれがシーツを持っていて、そのシーツがよれた子をいじめるようなもの。そんなの馬鹿馬鹿しい。シーツを放しても生きていける」とか中村うさぎさんの著書に「人には色んな道がある。正道でだめだったら、レッツゴー獣道だ」とかいう言葉がありまして、私はそれで「高校を辞める」ことを決意しました。

 まあ、それは前にも書いたからいいや。
 とにかく、1年生2年生ってのは、先輩である3年生の使い走りみたいなもんでして。3年生が研究とか、作物の作り方を指導している時に、1年2年は黙って当て振られた地味な作業をしている……というようなもので。
 あー、あと、どう勉強したらいいのかわからない、「作物や樹木の見分け方コンテスト」みたいなのを1年に1回やりました。それで成績が上位になると、県大会なんかに行けるらしいのですが、私はこれが苦手で、いつも適当なことを書いていました。だって、教科書もないし、どう勉強して良いかわからないんですもん。成績上位組は、いつも農家の仕事を手伝っているという子が多かったですね。

 私は何故か、その成績上位組の子に好かれていて、「ご飯を食べているときに、『何で今、かみなさんがいないんだろう』『かみなさんどうしてるかな?』って思ってた」と言われ、嬉し恥ずかしでした。ちなみに、その子は女の子です。ピアスも開けてますし、茶髪で校則違反のセーターも着ていましたが、中身はすごく真面目な子でしたねえ。ヤンキーにも真面目ヤンキーっていますよ。

 で、2年になって、ようやく私の農業高に入った「バイオ研究」が始まったのですが、ここでもまた、3年生の下働き。培養液を作ったり(その行程は忘れた……)、3年生の作った植物がちゃんと育っているかを調べたり。
 一応、培養地に細胞を植えることも教えて貰ったのですが……なにせ1年で水やったり丸太運んだり枯れ葉の掃除したり男子が堆肥(牛の糞)をぶつけ合っていてそれから逃げることしかしなかったので、どうやるかは忘れました~!あははん。

 他にも、勉強では「学名」とか「野菜の育ち方」とかやって、そこそこ良い点取っていたのですが、それも全部忘れましたよ。
 ホント、覚えてるのは水のやり方だけ。救えねえ。

 何のために高校行ったのかな……(遠い目)。まあ、農業高ってそんなもんだよ、ということで、これから農業高に行こうとしている学生諸君に言っておきます。農業高っていっても、実際はそんなもんよ。やることいっぱいあるし、朝6時から夜5時くらいまで拘束されますし、どこのブラック企業だって感じですけど、それを楽しめるのなら農業の道に進むことも考えて良いと思います。ご参考までに。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

農業高校で学んだことはこれだけ!

062

 夜中でも眠気が来ないので更新しちゃうぜ。
 これが、今の長寿梅のお姿です。……なんか、家に来たときより荒ぶってるような。
 あと、ピント外れててごめんなさい。私の写真の腕なんてそんなもんだよ!期待しないでくださいね。

 よーく見ると、微妙に葉っぱが黄色くなっているのがおわかりでしょうか?
 多分、水不足ですけど。梅は(ボケですが)水を好むと言いますしね。この後、水をあげようと思います。

 ……てか、見栄えを気にする盆栽で、グランドカバーのコケを取り除いちゃうってどうなの?という感じですが。私は実用性に生きる女ですのでね(キリッ)やったーかっこいいー。

 だって、富士山みたいに盛ってあるコケ、水あげる時に邪魔なんですもん。山をイメージしてるからか、水がこぼれて行っちゃうんですよ。確かに、大量生産なんかでハウスでじょうろ使って水あげている状態だと、コケも気にならんなあと思います。

 この失敗を踏まえて、富士山みたいになってる盆栽には手を出しません。水やりめんどい。少量ずつちょろちょろあげるのめんどくさい。私はもっとどばっとあげたいんだよ!と思って水やりに適した土むき出しという道を選びました。盆栽が、「自然を切り取った芸術品」と思っている人からすると「それを剥がすなんてとんでもない」と言うかも知れませんが、これが私の生きる道。

 ちなみに、ハウス栽培なんかをやっている人は、どうぞじょうろやシャワーホースの水を上に向けて、できるだけ植物に優しく水が当たるようにしてください。植物って、ジャージャー掛けられるとストレスになるのです。
 私が2年間農業系の高校で教えて貰ったことはこれだけ!というか、覚えているのがこれだけ!でも、学年ですごく厳しい先生に、「基本に忠実にできてるね」と褒めて貰ったことはあります。皆やってるんじゃないの?とは思いますけど。

 その先生には、どうやら気に入られたようで(そういえば昔から先生うけは良かったな……)当番に遅刻しても、「寝坊した?」とだけ言われて、怒られませんでした。てか、私、その先生に怒られたことなかったな……。2年で中退したので、教わっていたのはほんの少しだったんですけど。

 私のいたところはヤンキー校だったのですが、私がうけているいじめは他学科の人たちからだったので、農作業は苦痛ではありませんでした。「めんどくさい」とはよく思いましたが、それでもしっかり働いたつもりです。
 でも、クラスの中でも、スカートは膝丈、ピアスなどはなし、勉強も気が向いたらちゃんとする(でも、課題出さなくても成績上位には食い込んでたな……」という集団で浮いていたのは確かです。

 あと、「真面目」だと思われると、仕事を押しつけられることもあり、その上、違う子に「仕上げて貰っちゃってごめんね」といわれ、その子が「私、やってないよ?」と言って、一斉に隣にいた私に視線が向いて、「右川さん、ごめんね、ごめんね」と言ってきたのですが、私の机の上に並べて、そのまま放置しておいて、「ごめんね」はないだろ!と理不尽さにいらつきました。

 そういう、「真面目は損をする」という社会の荒波に、ぽっきり心が折れてしまい(他にも理不尽ないじめとかあったのですが)、中退へ。でも、中退を決めた残り数日は楽しかったです。思いっきり校則を破って短いスカートを履き、禁止されていたセーターを着て、はっちゃけました。あの数日間が一番楽しかったなあ……。

 水やりの話から飛びましたね。
 水やりは、農業用語では灌水といいます。いや、ホントそれだけのことなんですけど。
 全部の植物に共通するのは、「鉢の土が乾いたら、たっぷりと水をあげる。ちまちまあげてる方が植物に悪い」とのこと。……私、ちまちまあげてます。

 あと、話題は変わるのですが、ハートカズラがまた新芽を何本も出しています。このハートカズラはネックレスと同じように水をあげているのですが、成長は早いですね。おかげで、机の下に付くぐらいの長さがあります。成長が早すぎだよ!
 ともかく、ハートカズラとコーカサスキリンソウは元気に水を欲しがるようです。コーカサスはセダムですし、水を好むのですが、ハートカズラもそうだったとはね……。これ、夏は休眠しないんでしょうか。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

コーヒーの木、残機1

 ちょっと寝て、元気が出てきました。
 職場は……休みましたけど。この状態じゃ使い物にならないのはわかってますし。
 金曜!金曜は行く!だって金曜行けば3日休みだもん……(週2勤務で贅沢な)。

 さて。
 コーヒーの木、ついに1本まで減らしましたよ!
061

 大丈夫かと思っていたら、黒いところが広がってきたので、また植え替えしました。もう一本は……植えるところがないので、ポイ。まあ、そこはドライに考えないと、庭なんてすぐ植物で埋まってしまいますよ。

 右端の葉っぱの先が黒いのがおわかりでしょうか?こんなふうに黒くなってくるんです。
 原因は、「水涸れ・水多すぎ・根詰まり」だそうで。てっきり前回は水涸れだと思ったのですが、今日、鉢を持ち上げてみたら、下から水がポトポトと垂れていたので、水は十分のようです。
 ……ってことは、また根詰まりか!?と思って、植え替え……となったわけです。

 根っこをほぐしてみたところ、根詰まりって感じではなかったんですけどね……まあ、どうせ一本に絞るつもりだったので、葉っぱにダメージの少ない方を選んで一本植えに。
 観葉植物としては貧相になってしまいましたが、普通こんなもんよ。2本も3本も植えてある方が厄介なのです。

 でも、このコーヒーの木、すぐ葉っぱが破れてしまいます。
 さっきも、部屋に運んで窓辺に置いたら、その際に隣のアロエに引っかかって、葉っぱがびりっと……。あんたは、うちのカーテンか!!(カーテンの寿命が来て、ビリビリに破れてる)

 まあ、まだ幼苗なので仕方ないといえば仕方ないのですが。写真の下の茎の部分が段々茶色くなっていますよね?これが、木質化といって、幼苗から成苗になるところらしいです。
 まだ、幹の幅も2mmといったところなので、これからどう成長するのか楽しみです。

 コーヒー、採れるようになるかなあ……?mixiなんかで皆さんの写真を見ていると、「おお、こんなに成長するのか!」とわくわくします。
 枯れちゃったら……まあ、それも運命ですね。なるべく枯らさないように育てようと思いますけど。その時はごめん、コーヒーの木(枯らす前提で謝っちゃったよ)。

 先ほど、「黒くなった部分は切り取った方が良い」とのことで、切ってきました。でも、黒くなっていると墨のようにぽろぽろ勝手に取れるので、ハサミ要らなかったかも。
 まあ、元気に育ってくれれば、それでオッケーです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

他人の経験に学ぶ

 眠いのです。今日は11時間寝ました。相変わらずとんでもない時間寝てるぜ。
 そういえば、夏におみまいされました。アーモンドネックレスがあ~!

060

 この写真だとよくわかりませんが、端っこの葉が黄色くなっています。調べてみると、「葉焼け、水のやりすぎ」だそうで。葉焼けは、日陰に置いてあるので心配ないかと思いますが、多分水のあげすぎでしょうなあ……。

 そういえば、私が参考にしていたブログさんでも、「春・秋は2日に1回の水やりでもいいけど、夏・冬は水を控えめに。葉っぱがしわしわになってからでも大丈夫」と書いてありました。
 そっか……植物の中では、もう夏なんですね。

 ということで、多肉の水やりは一旦止めます。そういえば、黄色くなってきた場所って、水の当たる位置だったし。もう水は要らないってことなのですね。

 で、コーヒーの木も、また葉先が黒くなってきていまして、今度こそ水涸れだろうと。
 というのも、私、底から水が出るのが嫌なので、目分量しか水をあげないのです。コーヒーの木は、夏場も生育するので、水を欲しがるようですね。

 長寿梅も、葉っぱが黄色くなってきました。
 でもまあ、この品種は年に何回か、葉っぱを落とすことがあるそうですが、そのうちまた生えてくるので気にしなくていいとのこと。確かに、水は一日一回、とされているのに、面倒で2日に1回にしちゃってたんですけどね。用土が乾いてない……と思っていたら、元々色の濃い用土だったらしく、やっぱ1日に1回水をあげないとだめみたいです。

 多肉は夏場は水をあげちゃダメで、観葉植物は水をあげた方が良い。ややこしいですけど、ざっくばらんに言うとそうなんですね。
 あと、ダバリアが葉っぱが黄色くなってきているのですが、これは多分エアコンの風です。直撃とはいかないまでも、風の当たる場所なのですが……置くところないので、まあ、仕方ないですね。

 相手は生き物なので、色んなケースが考えられますけど、そのたびに学んで行ければな、と思います。
 以前私がタイトルに付けた「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」という言葉ですが、それには続きがあって、「だが、私は他人の経験から学びたい」という言葉が付け加えられています。
 ネット上には、色んな情報があふれています。その中で、必要な情報を取捨選択し、自分の事象と照らし合わせて学んでいく。そういう生き方が、現代人の生き方だと思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

樹木に宿る妖精

 なんか、ブログ村の表示が変ですね?メンテ来るか?

 さて、私は……今まで寝ていました。約10時間。なんで?
 でも、まだ眠いです……。また寝るかも。明日仕事ですけど。できればサイクル作っておきたいんですけど。

 あと、ブログ村の方のプロフィール画像、登録しました。
「多肉ブログの中で一つだけno imageだったのが見つけやすかったのに」とかいう異論は……受け付けています!バンバン異論を唱えてください。
 ちなみに、あれ、逆光で失敗してる写真じゃなくて、一応逆光でかっこいい植物たちのポーズ!というイメージで撮りました。

 それと、ブログ村にイメージ写真を載せる場合ですけど。
 写真の大きさとか解像度とかも影響するんですけど、それ以前に、なんと「過去にブログ村に記事などで載せた写真は反映されない」とかいう話も聞きました。
 最初、私も過去の画像から取ってきて載せたんですけど、確かに何時間経っても反映されなかったような。どうなんでしょうね。

 さて、植物たちの様子ですが、特にこれといって変わりはなく……。
 相変わらず白牡丹は徒長してますし、アーモンドネックレスは傷が付いちゃいましたし、植物の置き場所はないし、色々とトラブルはありますが、まあ、それも多分、どうでもいいことでしょうし。

 強いて言うなら、昨日、キジムナーの足音を聞きました。
 私はお風呂の時間まで寝ていて、ピピピとかけておいたアラームが鳴ったのですが、完全に覚醒している状態で、なんだか猫ぐらいの大きさの動物が歩いている音がしたのです。
 最初、「猫が入ってきて歩いてるのかな?」と思ったのですが、見渡してみても何もおらず。で、次に「まさか、泥棒?」と思ったのですが、やっぱり誰もいない。

 で、「キジムナーか!」と思い当たって、多分キジムナーの仕業だろうと勝手に思っています。
 そう考えた方が楽しいからです。キジムナー、あんなに大きかったっけ?とも思うんですけど。
 最近、キジムナー出てこないな?と思ってたら、私が寝た後に出てきてたのか……なるほどな、と思いました。今度は姿が見れたらいいなあ……。でも、私の能力だと、姿は別次元からアクセスしないと見えない(何を言ってるかわからないと思いますが、私も書いててよくわかっていません)ですし。

 別次元っていうのも、どう説明したらいいのか……。そうですね。このブログを昔から知ってる人はわかると思いますけど、以前私は「スピリット界」というヘミシンカーでいう「非物質界」にアクセスして、その模様をブログに書いていました。
 その、非物質界にアクセスしているのと似ている波長で、現実で目を開けていると見える、というか。幽霊なんかはこの方法だと見えないのですが、多分、元人間である幽霊とはまたアクセスする場所が違うのでしょう。

 私は、どうやら妖怪とかガイドとかの「人間以外のもの」と波長が合うらしいのです。
 こういうところの詳しい話は、別館のスピリチュアル館でしているのですが……あ、やっぱダメ。今見ちゃダメ。かなり恥ずかしい記事が最新に出てますから。

 ともかく、キジムナーの足音は現実で聞けたので、私は「妖怪はいる!」と思いますね。
 まだ、キジムナーかどうかはわからないですし、他の植物の妖精かもしれないんですけど……。妖精って、羽が生えてて飛んでるやつでしょ?と思うかもしれませんが、地面を歩く妖精の方が多いらしいです。今の妖精のイメージってティンカーベルみたいなのですが、普通に「小さいおっさん」の妖精の方が多いのです。

 ノームとかコボルトとかがその代表格でしょうかね。ノームは鉱山に住む妖精で、鉱物のありかを人間に教えてくれると言います。
 あと、悪い妖精ってのもいて、レッドキャップとかは人間に害を与えます。でもまあ、普通の妖精は、普通に暮らしている、人間とあまり変わらない種族だといいますけどね。

 なんで妖精の話になったんでしたっけ……そうそう、キジムナー。
 キジムナーも良い妖精ですが、人間に友好的だからといってキジムナーやガジュマルを粗末に扱うと怒って仕返しをします。まあ、普通に暮らしていれば、一緒に暮らせる良い妖精だと思いますけどね。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村