2015年05月の記事 (1/6) | 魔法石の庭3rd

2015年05月の記事 (1/6)

アルブカのお言葉通りにしたら・・・

023

「植物の声」の通りに、日の当たるところに置いて管理していたら、しなっていた葉っぱが1日でこんなに元気になりました!
 自分で自分にびっくりです。本当に声が聞こえてるんだ……って。

 ちなみに、後ろにちょっと見える人形は、球体関節人形といって、ちょっと前に私がはまっていた趣味のものです。巫女さん姿とウェディングドレスなんですよー。
 
 あと、ちょっと細かいところでは、うっかりアップロードした写真を消してしまっていたので、貼り直しました。これで大丈夫……なはず。
 
 さて、アルブカですが、なかなか良い解説サイトに行き会いません。
 まだまだマイナーな植物なんですかね……。確かに、多肉とも言えませんし、とあるサイトでは「大型のホームセンターですらなかなか流通しない」というレアな種類らしいですけど。

 後ろの緑は、半日陰組です。姫緑は、「お日様暑くてたまらんわ~」と言うので、こっちに移動しました。どうせ、ランプランツが来たら窓辺に置きますしね……。
 ランプランツも日光好きなんですよ。形状がちょっと変わっているので、苦手な人には苦手かも……ランプランツを貼るときは、注意書きしようかな?と思います。

 てか、多肉趣味持ってる人間で、他の多肉きもいとか面と向かって言う奴いねーよ、と思われるかもしれませんが。でも、私も未だにリトープス画像が出ると「わ~お(マリリンモンロー的な)」と思うので。

 ちなみに、アルブカの本体は球根。くるくるの葉っぱと良い匂いの花は、あんまり重要じゃないらしいです。
 もっと言えば、球根さえ無事ならなんとでもなるのがアルブカらしいですねえ。たまに、球根がちょっとだけ顔を出しているデザインで植えられているアルブカもあるそうですが、その場合は全部埋めた方が良いそうです。
 なんでも、アルブカは寒さに弱いので、土に埋めて保温するとか。あんまり冷える場所に置くぐらいなら、土に直に植えた方が保温に優れ、冬を越すのに最適とも言われています。

 そして、今、アルブカは楽天では1800円くらいします!高い!
 多肉趣味に走った頃は、「皆安いなあ。これじゃ貯金もできちゃうかも」とか思っていたのが嘘のようです。アルブカ高え!
 でも、他にも見ていると、1000円台のものもあって、そこら辺は手が出せそうな気がしますね。1000円でも、送料込みだと2000円になりますが。
 植物の送料、ホントに高いです。でも、石趣味やってた頃よりはお金減りません。良かった!

 さて、アルブカのくるくるですが、それが乱れることがあります。
 そういうときは、花芽が出てきた時、そして日光不足の時らしいです。

 このアルブカの注意書きに書いてあったのですが、「今シーズンは花は見られません。秋か、来年の春にご期待を」とのことだったので、休眠期には花芽も枯れてしまうのかな?と思います。

 ていうか、私が多肉趣味してること、家族には話していないのですが、コレ見たらどう思うでしょうね?
 ばあちゃん辺りは、「ネットでの買い物は危ない!」と叱られそうですが、母なんかはもう「草花在中って書いてあるわよ」と言っていたので、気づいてはいる様子。
 でも、まさかホムセンを定期的に見張っていることは知るまい……ククク。

 今の私は、「戦闘妖精雪風」の深井零です。多肉を愛でることで心身の安定を図っています。
 多肉癒やされるわ-。多肉、めっちゃ好きだわ-。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

地震!地震!

 一昨日もそうでしたが、昨日も大きめの地震がありましたね。
 皆様のところは大丈夫でしょうか……?こんなに地震が続くと、何かあるのではないかと心配してしまいます。

 ちなみに、災害などの時に、のんきに行動していて結局逃げ遅れる人とかいますけど、あれも人間の防衛本能の一種なのだそうです。
 以前の御嶽山噴火の時などにも、のんきに写メ撮っていて逃げ遅れた人が犠牲になったりもしましたが、あれは「今は私は緊急の事態ではない」と本能で錯覚を起こしているらしいですよ。だから、よくある話だそうです。

 昨日の地震の時も、母は棚を抑えていて(危ない!潰されたらどうすんの!)、私は「多肉たち!」と急いで二階に移動して多肉を抑えていました。
 今思えば、二階に移動している時点で大きな揺れが来て階段から落ちたらどうすんの!と思うのですが、その時はそれしか頭になかったのです。
 ……後で、母に「なんであんな時に階段上がるのよ!」と叱られましたが。自分の命より多肉が大事か、私。

 以前の東北の震災の時に、とある動画がアップされました。
 それは、被災地の震災の時の動画で、まさに震源地に住む人がFPS(要するに戦争ゲーム)やってて「こんなに揺れてるのにFPS止めれないんだけどwww」という名言を残しました。
 その後、その人は自分で「不謹慎な動画を上げてしまいました」と消したのですが、「これ観て、うちも震源地だったけど頑張ろうと思った」とか「この動画に励まされた」という人が多く、有志の人の手によって復活しています。

 確かに、私の家の方も、食器棚が壊滅したり、屋根の瓦が落ちたりして結構な被害に遭ったのですが(後で、役所の人が被害の写真を撮りに来て、義援金か何かを貰ったそうです)、その後もずーっとテレビで津波とか被災地の様子とかやってて、ようやくテレ東が「激うまラーメン特集」で復活しているのを観て、「ああ良かった」とほっとしました。

 もうね、テレビの情報はあんまり要らんのです。
 阪神大震災の時も、サイレントタイムといって一切声を出さずに生き埋めになった被害者の声を探す時に、ヘリ飛ばしまくって救えなかった命も沢山あったといいますし。
 東北大震災の時だって、津波のシーンばかり流していたりで、ホントテレビって使えなくなったなーと思います。ネットの方が、「うわ、これヤバいじゃん!」という生の声があふれていて、情報はネットで仕入れる時代になったな、と。

 たとえば、デパートの屋上に避難して、「危ない!逃げて-!」と皆で叫んでいる動画とか。
 津波が自宅の2階付近にまで押し寄せて、「これやばいじゃん!お父さん、隣の人が流されてる!ロープロープ!」と慌てている動画とか(これも、動画を撮り続けることで少しでも安心感を取り戻そうとする本能でしょうね)。

 うちの母方の叔母が福島の人で、一人は津波被害に遭い、2階に逃げて浮かんできた畳につかまって屋根に逃げて助かったとか、そこのおじいさんは農作業の途中に被害に遭い、背の高い一番大きな木に登って助かったとか。
 また、福島の違う所の叔母も、原発でぽぽぽぽーんしてしまい、避難生活をせざるを得なかったとか。

「まさか身内が……まさか自分の家が……」ということは、今の時代ではあり得ない状態になっています。
 うちも、震災の後に懐中電灯の予備を買ったり、ランタンを買ったり、非常食を準備したりしています。
 皆さんも、自然災害による被害が増えています。どうか、今一度、「非常用の装備」の支度をしてみてください。「備えあれば憂いなし」ということわざもあります。

 それと、地震の時ですが、一番安全な場所というのがすぐにわかるといいます。
 それは、神社。神社や国宝の建物などの古い建物のある場所は、今まで災害に遭っていない目印です。実際、東北大震災の時に、津波が来た沿岸線に沿って神社が建てられていたそうです。
 どうぞ、雑学として知っておいて頂きたいですね。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

アルブカという植物

 アルブカ到着。
 そして、ランプランツをポチッたアホがいますよ。

 ……ここにいます。もうね、せめて皆様に、「他人の散財で飯が美味い」してもらえたら、もうそれでいい気がしてきました。
 この……ダメ人間!!福本ワールドのキャラたちが、次々と自分に思えてくる最近の私です。

 はいはい、で、アルブカですよ。
021

 葉っぱの先がくるくるっと。ついでに、根元の方から花芽も出ています。
 ただし、アルブカは夏は休眠するので、1回全部枯れるらしいですね。それと、窓際なのは、十分な日光がないと葉っぱのくるくるが上手に巻けましたー!にならないからです。
 休眠中も、2週間に1回くらいのペースで水をあげていると、秋に再び活動を始めた時に良い状態になるとか。

 ただ、このアルブカは根腐れしやすいそうなので、あんまりじゃぶじゃぶあげてると枯らします。そこのところ、注意したいですね。

 アルブカって多肉植物なの?という疑問もありますが、どうも「球根の中に水分を蓄えているので、多肉植物に分類されることも多い」そうです。元々はユリ科なんですけどね。植物界って色んな種類があるからわからん……。
 でも、うちでは多肉扱いします。

 ところでこのアルブカなんですけど、色んなサイトの写真とかを見ていると、背が低くて、もっと密度の高いアルブカがよく見られます。
 このアルブカ、種類が違うのか……?と思って調べてみたところ、これはフリズルシズルというメキシコ辺りで交配された新種らしいんですよね。
 でも、フリズルシズルの写真見ても、こんなににょろっと伸びてませんし……。多肉で言う、徒長じゃなければ良いんですけどね。

 ちなみに、葉っぱが倒れています。水切れなのか長旅で疲れたのか日光不足なのかよくわかりません。
 本人に聞いて見ても、「疲れたし、お日様もほしい」とのことで、水はまだ、あげないでも良さそうです。
 多肉って、自分の生まれたところの環境ががらっと変わってしまうと、元気がなくなったりするそうです。意外に、多肉って繊細なところがあるんですよ。

 ところで、このくるくる、見てると眠くなるんですけど私だけですかね?なんか、催眠術みたいにくるくるーっと。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

サボテンが咲いたよ(ばあちゃんの園芸)

 うちの祖母が年単位で育てた、大きいサボテンに……
020

 お花が咲きました~!
 薄いピンクの巨大な花。なんでも、祖母が言うに、「他にも何本も蕾が付いてたけど、適当に剪定した」らしいです。
 で、5本ずつ咲かせたとか。

 何故か、うちの家族はこれを「月下美人」と呼んでいるのですが、月下美人とはまた違いますよね……。
 まあ、サボテンも多肉だよね!ということで。
 しかし、サボテンの花は派手だなあ。他の多肉の花はちっちゃいのに。まあ、ここまで大きくするのに7年くらいかかったと記憶していますけどね。

 ちなみに、昨日書いた、「オブツーサの子株っていつ出るの?」という話ですが、ちょっと調べてみたら、「1年で出ることもあれば10年経っても出ないこともある」らしく、一概にいつ出る、という確信はないとのこと。
 気長に育てるしかないですね。

 しかし、サボテンの花って綺麗ですよねえ……。
 あんまり綺麗なので、撮ってしまいました。毎年花を付けますが、サボテンが咲くと「そろそろ夏か……」と思ってきます。

 それと。
 全然植物とは関係ないのですが、鳩がまた、同じ場所に巣を作り始めたそうです。
 玄関脇の樹木の葉っぱの中に突っ込んでいって、ガサガサしているので、巣作りはもう始まっているかと。
 ちなみに、ツバメなんかは「人間は守ってくれる」と知っているので、わざと人通りの多い場所に巣を作るとか。

 以前の鳩さんは、1羽しか孵化しなかったらしいですけど。今度は何羽孵化するでしょうかねえ。以前は、ずーっと卵を温めていると思っていたら、どうやら孵化した雛を隠していたらしく、親鳩が巣を離れるようになった頃にはもう、成長した雛がいました。鳩さん頑張れ!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

最近の多肉たち

 多肉に水やり終わって、ぼーっとしてます。
 しかし、室内栽培の困るところは、多肉に必要な「底から水があふれるほどに与える」ということがちょっと困難なところにあります。全部の鉢に受け皿用意してませんし……。

 そもそも、何故多肉の水やりはそうなのかというと、水やりと同時に、土の中にある雑菌などを洗い流すためらしいんですよね。
 これはシダ類の人の話なのですが、「室内なんかで植物を育てる時は、下に新聞紙を敷いて水をやる。すると、新聞紙が水を吸収してくれるので実に良い」だそうです。やってみようかな、新聞紙。

 それと、「マサイの矢」がなんか、立ち上がってきました。買ってきた当初はぴたっと土に張り付く感じだったのが、今は立ち上がっています。
 水やりは、今日初めてしたので、徒長とも違うような。日光のガンガン当たる窓辺に置いてありますし。
 マサイの矢って普段はこんな感じなんでしょうかね。

 あと、マサイの矢が何かに似てる……と思ったら、あれです。時計草!あれに似てます。
 ちなみに時計草はドラゴンフルーツの花でもあるので、花が終わっても放っておくと、美味しいドラゴンフルーツがなります。日本も亜熱帯化しているので、ドラゴンフルーツとかアボカドとかも自家栽培が可能だそうです。アボカドなんかは、種を取ったら、お尻の方を土に適当に植えておくと、根っこが出てきてアボカドの苗が一丁上がりなようです。

 しかし、最近暑いですね。
 多肉たちも、そろそろ休眠の合図を出しているのもいます。
 たとえば、美空鉾は、葉っぱが下向きになってきていて、虹の玉なんかは、気根が勝手に枯れてきています。
 これが休眠時ってことなんでしょうか。白牡丹なんかはまだ元気なんですけど。

 なんでも、多肉の休眠というのは、一番大事な茎を守るために、エケベリアなんかはぎゅっと縮むようです。
 多肉って、根がだめになっても茎さえ生きていれば何とかなることも多いので。
 でも、赤鬼城なんかは、日光が足りないのか、太陽の方向に向かって伸びています。もうちょっと明るいところに置いてもいいのかな?でも、明るいところ、皆ネックレス類が占拠してる……。

 ネックレスは元気です。ピーチネックレスなんかは、新芽がどんどん出ています。元気がなかったグリーンネックレスも、新芽が出てきて、元気になっている様子。

 ところで、ハオルチアは花芽が咲き終わった後に子株を吹くと言いますが、どれくらいで子株出てくるんでしょうかね?
 私のオブツーサは、まだその気配すら見せません。そういえば、オブツーサの中心に葉っぱが出てきてるような?とは思うのですが、これ、子株じゃないですよね。

 レインボーファンも、元気です。
 レインボーファンの表面の青色ですが、水を吹きかけると普通の緑に戻ります。不思議。
 今は、ちょっと日陰くらいの場所で育てているのですが、特に不都合はないような。なんでも、会社のデスク上に飾っている人もいるらしく、それくらいの日光でも育つらしいですね。
 
 ここからはちょっとスピリチュアルになるんですが……。
 レインボーファンが、「えー、嘘」「できるよ」とひそひそしていたので、何かと思って「何?」と聞いて見たら、「きゃー!(英語で言うoh my god!くらいのテンション)」と。なんでも、「かみなは本当に私たちと話ができるのか」ということについて話していたそうです。
 黒法師が何も言わずに根腐れしていったのは、多分寝ていたから。人間と同じで、寝ていると言葉もあまりわからなくなるようです。

 根腐れがわからないのは困るなあ……と思うのですが、まあ、人間だって、寝ている時に何か言われてもわからないのと同じですし、こればかりは経験とか勘でやるしかないですね。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

水を飲む初夏のRIKACO

 ……タイトルは、「細かすぎて~」からです。あのシリーズ大好き。
 一番好きなのは阿佐ヶ谷姉妹なのですが。

 本当に、レインボーファンは水を好みます。葉水してあげても、1時間で乾いてしまうほど。まあ、シダですから。

 でも、レインボーファンって、かなりマイナーらしいですね。シダ植物の掲示板を見ていても、ぽつぽつとしか話題に出ません。ちなみに、2chで検索をかける時は、シダじゃなくて羊歯とかけた方が見つけやすいです。私は専用ブラウザ持ちなので、専ブラでしか見てないんですけど。

 ちょっとお話ししますと、専ブラはものすごく便利です。
 今まで追いかけていたスレが過去ログになってしまっても、読み込んでさえいればいつでも読み返せますし。検索も簡単ですし。2chが「人大杉」になっている時も、専ブラなら読み込めることも多いです。
 種類も豊富ですが、私はjane使っています。なんか、読み込みにエラー出るな?って時は、新規アップデートが来ている時なので、アップデートしてください。

 さて、マイナーなレインボーファンですが、どうも、うちのレインボーにランナーが付いています。
 ランナーというのは、苺とか蔦とかの這うように伸びるやつですね。そこから根が出て、また独立した個体になります。
 こりゃ、野生化して群生するはずだわ……と。繁殖力が強すぎる。

 それと、繁殖する時期になると、レインボーファンも胞子を出すそうですねえ。
 キノコとかと一緒の繁殖の仕方なようです。でも、今でさえごちゃごちゃしてるのに、これ以上生えるところないよ……。

 で、シダ植物のスレをちょっと覗いてみたんですけど……。
 専門用語多すぎて、何のこと言ってるんだかよくわかりません。
 専門用語っていうか、名前ですね。たとえば、レインボーファンは流通名で、和名のコンテリクラマゴケで統一されている感じ。他のシダの名前なんてわかりませんよ~。

 あと、シダ愛好家は、あんまり統一性がない感じです。
 多肉だとエケベリアとか黒法師とかが人気ですが、シダはそれぞれが好きなシダがあんまり被らないですね。
 
 ちなみに私の情報収集先は、まずグーグルで調べたい植物名で検索して、ざっと育て方を調べます。
 そして、2chとかmixiで雑学を拾ってきます。
 そんな感じですかねえ。あんまり自分から質問することはないです。だって、調べた方が早いですもん。まあ、ブログで写真載せて「これ、何ですか?」とは、やったことありますが、ブログはあくまで私のホームですしねえ。

 まあ、質問してくれる人がいるから、私も「あ、それ聞きたい」と思うこともあり。ちゃんとその場所のルールを守って質問しているのなら、問題はないと思います。ただ、マルチポスト(色んな所で同じ質問をすること)とかmixiなんかで質問スレがあるのに単独で質問スレを立てたりするのは嫌われますけどね。mixiだと優しい人が答えてくれる場合もありますが、2chだと「マルチポスト乙」とか「質問スレ重複すんな糞」とかしか言われません。「初心者だから」というのが通じないのが2chです。

 でも、2chだって、皆口は悪いし、下品だけど、良いところもあるんですよ。
 ちゃんとローカルルールを守っているのなら、言葉は厳しいけど丁寧に教えてくれたり。皆、なんだかんだ言って世話焼きが好きです。ただ、言葉が天の邪鬼だったりするだけです。

 そういえば、「2chで確実に質問の答えが得られる方法」というのがありまして、それは、間違った知識を「偉そうに」ひけらかすことだそうです。
 すると、「偉そうにして間違ってるのかよwwwここはこうだろwww」と、住人が勝手に答えを教えてくれるそうです。
 なるほど、天の邪鬼ですね。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

点数至上主義に別れを告げて。

 んー。多肉全然関係ないんですけど。

 今までの私がしてきた勉強法っていうのは、実はすごく間違ってたんだなあと思わされました。

 今までの私は、多くの人がそうであるように、テストの成績が良ければそれで良い。点数を見て、だいたい合ってたら良かった~と思うぐらいでした。
 で、その後の先生の解説とか、塾に行っていた頃は塾の先生にテストを見せて解説してもらうとか、その時間が何のためにあるんだかわからなかったのですよね。はい、あほたれです。
 なんで?点数出たからもういいじゃんって。

 でも、テストって、結果じゃないんだな、って今更考え直しています。
 テストっていうのは、その子がどこを間違って、どこを考え直したら良いのかを計るものさしみたいなもんで。そのものさし自体を「神様!」とは崇めないでしょう。
 入試試験だって、下手に自分の実力より上の学校を選ぶ必要もあまりないわけで。
 もちろん、「これを学びたい!」っていう使命があるのなら、そうした方が良いとは思いますが、入試テストってのはそもそもが「これぐらいの学力ならこの高校・大学の授業についていけますよ」っていう、まさにものさしなわけで、それに落ちたのなら、「ああそうか、私はこれぐらいの実力だったんだなあ」と滑り止めなりの学校に行けば良いのです。

 まあ、確かに、学力と人間性ってのはある意味比例するところもありますけどね。
 実際、私の職場の近くには学校が3つあり、2つが小学校で、そのうちの一つが私立高、一つが公立。そして、1つはこの辺で一番学力の高い高校です。

 で、私立校の方ですが、必ず子供たちがすれ違う人に対して「こんにちは!」と挨拶するんですね。
 うちの方は田舎で、ある意味建物より田んぼの方が多い地域なのですが、それでも、わざわざ挨拶を心がけている。どうも、仏教系の学校らしいのですが。
 公立校の小学生は、まさに小学生。キーキーうるさいですけど、まあ、それが子供だよね、という感じです。

 そして、学力の高い高校ですが、その生徒たちはほぼ全員が、後ろから自転車(私)が来ると、さっと端に寄るんです。複数人で帰っていても。
 で、その保護者のお母様たちが、逆に始業式なんかで集まっていると、邪魔になっているっていう……。子供は親の背中を見て育つと言いますが、邪魔になってるお母様たちの背中は見てなかったんですね。良かったです。

 そもそも自転車が歩道を走るなってことになりますが、言い訳をすると、そこの道は結構車の通りが激しく、また、トラックなどの大型車も多く通る場所なんです。
 だから、自転車で車道を走るのが困難な場所で。私も、高校生が複数人一緒に帰っている時は、車道を走りますが、普段は危ないので歩道を走っています。

 学力と人間性って言うのが必ずしも比例するとは思わないのですが、行動なんかを見ていると、ちゃんとしているのはある程度の学力のある子だってことです。

 さて、テストがものさしだって話ですが。
 学生なんてとうの昔に辞めてしまった私が、最近気づいたことなのです。……今まで気づかなかったのです。
 今、塾講師の人とメールのやりとりをしているのですが、その人曰く、「最近の子は、ちゃんとテストの答え合わせをしない。間違っていた箇所の解説すら読まない」とか。

 で、私は「そうだったのかー!!」と衝撃を受けたのです。
 テストの点数は、ものさしでしかない。そこに神聖性を求めるのなら、それは点数ではなく、間違っている箇所を教えてくれた参考書とか先生の解説にあるのではないかと。
 点数至上主義ってのは、教える側からしたら鼻で笑っちゃうようなことなんだと。

 そうだったのかそうだったのか!点数さえ良ければいいんじゃないんだ!重要なのは、どこを間違って、どこを理解しているかだったんだ!
 そんな、当たり前のことを、学生を離れて数十年経った今、学びました。おっそいですよね!すみません、私が馬鹿だったのです。

マサイの矢

 ううっ……あかん。わいは……わいはダメな人間や……。

 ということで、レインボーファン到着した次の日にもう次の注文をしてしまった私です。
 この……ダメ人間!!

 今回注文したのは、アルブカ。
 レインボーファンといいアルブカといい、影響されているのは花うさぎさん。クレジットカードを持っているとか、振り込みがめんどくさくない、という人は、こちらはネットショップもやっているので、いかがですか?
 って、別にお金貰って宣伝しているわけじゃないです。ホント、ここでは新しい、珍しい植物を教えていただいて、その感謝の気持ちです。

 アルブカ、といっても聞き慣れないという人も多いと思います。
 アルブカは多肉の一種で、注目すべきはその葉っぱ!ひょろひょろと伸びて、先っぽがくるんと丸まっています。お花も咲くそうで、ジャスミンのような芳香を放つとも。

 まあ、あんまりネタバレすると、到着した時に「書くことない!」とわめくので止めておきましょう。

 さて……そんな私は、近所のホームセンターに行ってきました。
 そしたら、うちのルビーネックレスほどではないですが、ルビーネックレスが売ってるじゃないですか!悔しいです!
 さすがに狩り(ひぐらしで言うところのお持ち帰りぃ♪)はしなかったのですが……うちで、送料込みで1400円くらいしたのに、250円ですよ。悔しいです(ザブングルのあの顔)!

 で、ホームセンターに行ったら……買っちゃうよねー。

019


「マサイの矢」といいます。
 葉っぱが丸まって、ギザギザになって、矢尻のようになってるんですねー。

 ちなみにこの「マサイの矢」、日光大好きです。育てるコツは、とにかく日光に当てること。そして、雨に当てないことだそうです。
 室内の薄暗い明かりの下で育てていて、急に日光に出したりすると葉焼けの原因になります。そういう場合は、たとえば朝にだけ太陽の元に出して、夕方には取り込む……と、少しずつ慣らしていくと良いそうです。

 基本的に強健なので、あんまり心配しなくて大丈夫。
 しかし、葉挿しには向いていないとか。葉っぱが特殊な形だからでしょうかね。
 死亡した黒法師の分まで強く生きて欲しいです。くう……(まだ引きずってる)。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

レインボーファンリベンジ!

 シダ植物の2ちゃ……ごほごほ、掲示板を見ていたらですね、「なんか野生化してるシダがあったんですが」という言葉と共に、画像が。
 ……どう見てもレインボーファンです。ありがとうございました。
 確か、以前、レインボーファンを待っている間に色々調べていた時も、とあるブログに「野生化しているレインボーファンが……」という記事を見ました。

 レインボーファン、色んな所で野生化してるんですね。
 実際、犬猫と同じように、外来種の植物の放棄が問題になっていまして。そこに元々生えている植物っていうのが、外来種によって乗っ取られているという事態も起こっているのです。放棄するなら、自分の土地だけにしておいて欲しいものですねえ。自分の土地以外では、不法投棄になるので、下手したら警察に「はい、罰金ね」と声を掛けられることだってあるのですよ。
 ちなみに、パワーストーンやお守りなんかもそれに当たるので、変な言葉を吹き込まれて、神社に勝手に埋めたりするのは止めましょう。

 そうそう、レインボーファンの正式な和名は「コンテリクラマゴケ」というそうです。漢字にすると、紺照鞍馬苔。その名の通り、青く光る葉っぱが目印です。

 で、昨日のレインボーファンの写真があんまりだったので、リベンジしてきました。
018

 うーん……やっぱり、元の色の感じは出ない、か。
 ちなみに、光っているところが青いのです。照明を特別に当てているわけじゃなくて、もっと青が濃い光を放つ、なんとも不思議な植物なんですよ。

 横に置いてある薬瓶は……メラトニンです。私、睡眠障害を持っているので、精神科を受診する前に買ったもの。つまり、7年は経ってるってことですな。もうとっくに湿気って使い物にならないでしょうけど……。
 使い心地はというと、「普通~初期の睡眠障害には効くかもしれない」、つまり、私はあんまり効きませんでした。
 今は、レンドルミン2錠とサイレース1錠でぐっすりです。

 私の薬話なんかはどうでもいいですね。
 さて、友人に譲る予定の虹の玉たちですが……今はこんな感じ。
017

 葉っぱのお尻の方にちょろっと緑が出てるのが、新芽です。根っこはもう土の中。
 ちょっと見切れてるのが、今日、「白牡丹(これもコメントで教えていただきました)の鉢ですが、白いのは固まるやつじゃないですか?固まるやつは、運搬用の砂なので、外した方が良いです」とのことで、もう出なくなったボールペンでガリガリ削っていたらもげた、白牡丹の葉っぱです。これも根付くかな?と思いまして、置いてあります。

 ホント、初心者もドが付く初心者なので、こういうコメントとかありがたいです。というか、コメント自体ほぼ全てありがたいですけどね。
 ポチもしてくださっている人がいるようで、本当にありがとうございます!超MK(マジ感謝)です!何故ギャル語入れた。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

黒法師、死す:レインボーファンが届いたよ!

 まず、良いニュースと悪いニュースがあります。

 悪い方から。
 黒法師が……お亡くなりになりました。チーン(33-4)。なんでや!阪神関係ないやろ!

 いやー、数日前から、緑の幹の部分が濁ってきたなー……でも、これから成長するのかな?と楽観していましたが、今日見てみたら、幹がぶよぶよで指でつまむと汁がにじむほど。葉っぱも元気がなく、引っこ抜いてみたら、下の方が完全に根腐れしていましたよ……。やっぱ休眠期なのに水あげちゃだめですかねー……。
 
 で、再起不能っぽかったので、引っこ抜きました。残念。
 グリーンネックレスが持ち直して、黒法師が枯れて、一勝一敗ってところですかね。

 私の「赤い手(植物を枯らす手)」はまだまだ健在でしたね!って、無理にでもテンション上げてないと、結構落ち込むのでバイブスブチあげ(訳:テンションめちゃくちゃ上げ)でいきますよ!

 それに、まだ良いニュースがあるのです。
 レインボーファンが届きました-!やったー!
 暗い所で見たら、普通のシダっぽくてちょっと焦りましたが、明るいところで見たら、ちゃんと青い光が出ていました。

016

 この青い光(写真の下の方)、カメラの光線の具合とかじゃないですよ?天然でこういう光り方するんです。
 本当は、もっと青々しく光っているのですが、カメラを向けると、どうしても肉眼で見る色とは違ってしまいます……。一眼レフとかだったら綺麗に映るのかな?私のカメラは、パナソニック・lumixの9000円くらいの安物です。今まであんまり写り方とか気にしていなかったのですが、レインボーファンの綺麗な青が皆様にお伝えできないのが悔しくもあり……。

 さて、レインボーファンは、シダ類です。
 到着した時に、十分に土は湿っていたのですが、どうも葉っぱの先が乾燥しているような。
 なので、一応霧吹きで水をあげました。……ら、すぐ乾いてしまう始末。喉渇いてたんだねえ。

 しかし、レインボーファンは葉水(直接葉っぱに水をかける方法)だけでは育ちません。ちゃんと、水を一日に一回は与えます。シダなので、多肉とは違い、明るい室内の直射日光が当たらない場所で、湿り気を好みます。
 熱気も苦手なので、私は薄暗いところで管理することにしました。……元々、レインボーファンの和名はクラマゴケ。鞍馬山の木々の根っこ辺りに繁殖していたそうです。

 しかし、レインボーファンは、当時はあまり注目されていませんでした。
 その美しさが認められたのは、海外だといいます。で、まさに逆輸入の形で、現在クラマゴケはレインボーファンとしてひっそりと好事家たちに愛されています。

 シダなので、何かメインの植物の根元を隠すためにも使われます。
 私が買ったのは、400円くらいの、楽天で「レインボーファン」と検索して出てきたショップで購入しました。
 興味のある人は、前回の記事にリンクを貼っているので、そこから飛んでください。

 それと、レインボーファンの青色ですが、直射日光を当てすぎると、消えてしまうといいます。
 レインボーファンの一番生育に適している場所は、明るい室内だといいます。
 耐寒性もありますが、室内の暖房のある場所に置くと、冬でも育つそうです。

 そうそう、もう一つ、良いニュースがあります。
 リアルの友人が、虹の玉の苗を貰ってくれることになりました!嫁ぎ先が決まったよ!
 これで、安心して増やせるというものです。後は、枯らせないように育てるだけですね……。それは気をつけないと。黒法師枯らしたですし……(いかん、まだ引きずってる)。

 でも、虹の玉は比較的強い多肉ですし、大丈夫でしょう。立派に成長してお嫁に行けよ!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村