カテゴリ:芋焼酎 (1/3) | 魔法石の庭3rd
FC2ブログ

芋焼酎の記事 (1/3)

芋焼酎の水割り美味しい

 マッコリ4杯飲んだら頭痛くなりました。
 で、昨夜は初めての水割り芋焼酎。私、今まで焼酎の水割りって飲んでなかったんですよね。どうもウイスキーで、「度数高い酒は水で割っても無駄」って学習していたので。

 そしたら、なんとまあ、飲みやすいでやんの。原液のままだと、芋の香りがほのかに感じられるんですけど、水で割るとそれがなくなる代わりにスッキリしていて美味しい。
 芋焼酎を飲まなくなったのは、アルコール度数が高すぎて辛い、というのが理由だったのですが、これなら美味しく飲めそう。今まで倦厭してて損でした。

 で、おまけに芋焼酎だと何杯飲んでも頭痛くなりません。多分、本格焼酎(お芋と米麹以外使っていない芋焼酎)だから?よく「良い酒は飲んでも後に響かない」と言われていますが、なんとなくわかった気がします。
 日本酒もまだ残ってるんですけど、芋の水割りを知ってから、そればかり飲んでいます。

 なんせ、1:1で割って飲むので、コスパが良いんです。芋も2リットル1400円くらいの安いやつなので。
 お酒のアルコール分がどうもきつくて……という人は、一度、水割りにしてみるといいと思います。美味しいよ。

 指、まだ痛いですけど、この感動を皆に!という気持ちが勝ってしまい、記事にしました。
 そんなん誰でも知ってるわ!という感じかもしれませんが、ホントに感動したのよ。1:1でも2:1でもお好みの割り方を覚えると、焼酎も美味しく飲めると思います。
 割る飲み物も、ジュースとかでも良いかもしれません。水じゃなくても良いのよ。邪道かもしれませんが、私は好きな割り材で飲んだらいいと思います。

 そういえば、昔は芋焼酎は、火薬に用いられていたそうですよ。
「西郷どん」で有名な島津斉彬公が、新式の銃を導入したのですが、それには大量のアルコールが必要でした。当時、九州地方はアルコールを精製するための資金も技術もなく、途方に暮れて斉彬公は、馬に乗って農民たちの姿を見ていました。
 すると、農民たちは畑仕事の合間に瓶に何かを詰めて飲んでいます。斉彬公が「あれは何を飲んでいるのか」とお供に聞いたところ、「農民たちの間で、サツマイモを使った芋焼酎という酒が流行っております」と答えられました。
 そこで、斉彬公ははっと目を見開き、「芋焼酎!これだ!」と早速城で芋焼酎の大量生産に入りました。
 そう、芋焼酎を新式の銃の発火剤に使ったのです。

 こうして、島津は九州を飲み込まんとする大大名となり、他の武将たちもうかつに九州に手を出せないほどの兵力を持つことになりました。
 西郷どん、私は観てないので、このエピソードが描かれたかどうかはわからないのですが、結構有名なエピソードらしいですね。
 私が島津を知ったのは、「ドリフターズ」という漫画で、「ヘルシング」と同じ作者が描いています。ドリフターズの主役が島津豊久という島津の血を引く武者なのです。

 ……まあ、「九州男が強いのは、女がそれよりも強いからだ」とも言われていますね。
 以前、倉田真由美の漫画でも「九州女って熱いから、恋愛でとんでもないババ引いちゃうのよね」と言っていました。どんなダメ男でも熱く愛してしまうという。
 これが沖縄とかになると、皆結構気軽に結婚して、気軽に離婚するので、「日本一離婚が多い県」となっています。
 まあ、離婚してようがいまいが、私は人格にそんなに差はないと思いますね。別に、バツがいくつ付いても良いんじゃないでしょうか。子供がいるとかになると話は別ですが(子供を食わせていくための生活になりますし)、今の世の中、バツイチくらいは普通よ。
スポンサーサイト



健康診断書ファイトという闇のゲーム

 もうすぐで糖尿の上限値に引っかかりそうなワイ、いつ血液検査がくるか震える。
 しかし、世の中には「診断書ファイト」なるゲームがあるそうな。
 やり方は、「健康診断の結果で、『こいつの数値やべえ』ってなった方が勝ち。主に尿酸値、r-なんとか値(肝臓の数値)、中性脂肪、血糖値などの数値を足して、一番やべえやつが勝者、なのだそうです。
 命を賭けてゲームにしてるとか、遊戯王かよ。「さあ、闇のゲームをはじめよう」ってやかましいわ!

 しかし、うちの家系は、じいちゃん・ばあちゃん(ガン)、叔父・父(糖尿病)で、多分どっちかの病気にはかかると思われる……いわば病気のサラブレッド、かの名馬サンデーサイレンスの血を引く者みたいな感じです。
 おまけに私は小児ぜんそく・各種アレルギー・統合失調症持ちで、病気野郎待ったなしの状況。20年後は寝たきりになってもおかしくない。

 でも、失明さえ避けられればいいや、とかは思っています。志低いな!失明したらネットできんやんけ、何言ってんだ、重要事項だろ。
 
 ちなみに……本日関東地方は、こっちの方では20cm近く雪降りました。
 父は雪が本格的に降り始める前に帰ってきたのですが、母は車ですが、30分くらい遅れて帰ってきました。
 父は、その後車庫の辺りを雪かきしたのですが、それでも21時くらいに覗いたら5cmくらい積もってる状態。ほんと、良く降りました……。

 帰宅難民になった人も多かったかと思います。皆さん、お疲れ様。
 しかし、これからが地獄なのです……。夜中、さらに気温が下がって、雪が雨に変わると、今度は夜中に凍り付いてつるつる滑ります。これが危ないんですよね……。皆さんも、運転には気をつけて。

 一応、うちは父の車も母の車も、スタッドレスに交換したらしいです。
 でも、運転するの怖いですよね……。ここ数年稀に見る雪の降り方だったので、庭が雪国っぽくなっていてびびりました。

 さて。
 お酒はまだ飲んでるんですけど、何故か昼酒をする気にはならずにいます。
 お酒は美味しいんですけど、昼酒するとなんか……体が「これ以上アルコールだめよ」って言ってて、体の言うことを聞いてたら、昼酒しなくなりました。

 やっぱ、昼から酒飲んでるってのは体に悪いのかもしれませんね。
 また、セブンで買ってきた「タンの切り落とし」が、食べると胃の辺りがむかむかして、舌がしびれる感じがしたので、全部食べたけどリピートはないな。と思いました。
 何が作用してこうなったのかわかりませんが……セブンって、極力化学添加物なくしてるはずなんですけど、まあ、体に表れたんじゃしょうがないね。とは思います。

 なんか……体が勝手に健康にしたがってる。
 でも、夜中のカップラーメンは止められないのですが、これも体が受け付けなくなったらいよいよやべーんだろうな、とは思います。
 
 今は夜中だし、晩酌はばんばんしていく所存です。
 といっても、1杯と1/2くらいしか飲まないんですけどね。これ以上飲むと、また健忘起こしそうで怖い。
 ほろ酔いぐらいがちょうど良いですよ。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村

セブンプレミアム:芋職人

 昨日買った戦利品。焼酎1800mlを2本で3000円!やっす!
852

 セブンイレブン系列で売ってる、「芋職人」と「赤芋職人」です。
 これね……あんまりレビューがなくて注文するのに迷ったんですけど……はっきり言って「買って良かった!」。
 予想以上の味です。

 芋職人は、どっちかというと「白白波」と同じような味わい。
 アルコールの辛みが先に来て、後から甘みとか芋の香りとかが来るタイプです。
 まあ……正直、私はあまり好みでない味なんですけど、これで1400円はコスパ最強だと思います。でも、以前に「島美人」を買ったときにも「苦手かも……」と化粧品行きにしたかったのですが、島美人は今も飲んでいます。ようやく1/3くらい飲んだかな?
 芋焼酎は、瓶や紙パックの中でもアルコールが蒸発するため、転がしておくと味がマイルドになるんですよね。

 一応、黒麹仕込みですが、味は白白波です。というか、この値段で白波と同じってのが信じられません。白波が好きな人はハマる味だと思います。
 私も、消費しないとね……。買ったからには美味しく飲む!それができないものは手作り化粧品行き!というスタンスです。
 今のところ、化粧品に使っているのがこくいもと白白波ですが。容器の1/3くらい酒を入れて、水で薄めてグリセリン。あとは、ヒアルロン酸入りの化粧水をちょっと入れるだけの簡単化粧水です。

 で、赤芋の方も試飲したんですが……これ美味しい!何より、すごく甘いです。
 こくいもみたいに甲類と乙類混ぜてるのかな?と思うくらい甘いのですが、後ろの原材料名には、サツマイモと米麹だけでした。本格焼酎でこの甘みが出せるの!?とびっくりしたんですけど。
 正直、不二才より甘いよ……。
 味自体は、そんなに濃くありません。まあ、お値段がお値段なので、こんなもんでしょう。
 しかし、常飲するにはとても良い酒だと思います。

 個人的には、赤芋の方が好みなんですが、白波を飲まれる人にとっては、1400円で白波並の焼酎が飲めるってのは大きな収穫だと思います。
 どんな田舎でも、一件くらいはセブンがあると思いますしね……。

 ただ、私が見た限りでは、「芋職人の方はよく売ってるけど、赤芋は扱ってるところと扱ってないところがある」ってことです。
 それが、残念な所かな。

 それと、この他にもセブン独自の焼酎は売っていますが、断然プレミアムのこっちの方が良いです!芋職人でないやつは、甲類と乙類のブレンディッドだと言われていますしね。確かに、他のセブン独自の焼酎は1000円でお釣りが来るのですが、味的には芋職人シリーズを強くおすすめします。

 新しい銘柄を買っても、味の好みがあるから……という人は、小さいパックも売っていますので、それを買ってお試ししてから好みの味を選ぶこともできます。
 また、近くに希望の銘柄が置いていない場合、セブンネットショッピングで取り寄せることもできます。

 コスパ最高の芋職人!「セブンシリーズかあ……」という余計な概念を捨てて、是非一度味わってみてはいかがでしょうか?
 失敗しても1400~1500円くらいですしね。もっと流行れ!そして、私の近くのセブンにも赤芋を置くようになれ!
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村

芋焼酎の作法

 家の近所のミスドが潰れてました……。
 そこでは、中高と仲良くしてた友達が働いてたんですけど、その友達は今どこにいるんだろうな~って思いました。でも、会いには行かなかったんですよねえ。わかるかな……嫌いになったとかじゃなくて、会いに行って余計な気を遣わせてしまうのも嫌だし、ミスド食べたいけど会って話をするっていうのが、苦手で。
 その子のことは、決して嫌いじゃないですよ?以前、「力になりたい」って言ってくれて、本当に嬉しかったので。
 
 まあ、単なる私のわがままってだけです……。
 元気かな、元気だったら良いんだけど、とはそこを通るたびに思います。

 さて。
 なんでも、焼酎って0カロリーらしいです。
 ……いや、サンドウィッチマンのネタじゃなくて。「カステラは平らに潰したらゼロカロリー」とか「揚げ物は、カロリーは熱に弱いのでゼロカロリー」とか。そういうんじゃないです。前にも書いたな、これ。

 酒の中ではダイエットとか今流行のノンカロリー飲料には使えます。
 でも、糖分はどうなんでしょう?私も、血糖値結構高いので気になっているんですが。採血検査の前には飲まない方が良さそうです。
 
 ただ、焼酎はアルコール度数が高いので(普通のビールだと5~6%くらい。ストロングゼロは9~14%、焼酎は25%)、焼酎初心者はまずは割りものをして飲んだ方が良いでしょう。
 お湯割りとかロックとかありますが、好きに飲んだら良いんです。私だってコーヒー割りとか紅茶割りしますからね。
 お湯割りの場合、酒6:お湯4というのが最も焼酎を味わえる比率だと言われています。
 でも、いきなりビールとか缶チューハイから焼酎に来た人は、7:3だって良いんです。好きな割り方をしましょう。

 あとは、「この焼酎、角があって飲みにくい」という場合には、味をまろやかにする技があって、一晩杯に注いでおいた焼酎を飲む、ということもできます。
 一晩寝かせることで、アルコールが良い具合に飛ぶので、辛さとかがマイルドになるんですね。

 確かに、焼酎は「おっさんの飲み物」とか「アル中が行き着く先」とかさんざんな言われしてますけど、逆に「酒飲みが最後に行き着くホーム」とも言われているんですよ?
 また、安い焼酎飲みだと、冒険心とか開拓心が刺激されてうずうずします。安酒でも美味しい酒ありますしね。

 今、焼酎の飲み方で気になるのは「熱燗」です。今の時期、全盛ですよね。
 熱燗できゅっと一杯ね。ああいうの、憧れます。

 でも、やっぱ私がお勧めしたいのは、ストレートでまず味わって貰うことです。
 ストレートっていうのは、焼酎そのものの味ですからね。まずは、アルコール度数が気になる人は、唇に付けてぺろっと舐めるだけでも良いんですよ。そこから焼酎の世界に入って貰うと、焼酎がよくわかると思います。
 栓を開けたら、まず、香りを楽しんで、それから杯に注いでアルコールの辛みと、そこに広がる甘さ、それからわずかに残る芋の風味を味わっていただきたい。 
 
 ワインのティスティングではないので、「そうしなければならない」ということではないのですが、それが私の焼酎を頂くときの作法です。
 こうすると、美味しい気がします。誰にともなく「乾杯」と器を掲げてから飲んだりね。
 
 芋焼酎は、奥深くて楽しい酒です。
 皆さんに美味しい芋焼酎との出会いがありますように!乾杯!
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村

白霧島は辛い?

 昨日は生春巻きとマグロのお刺身だったのですが……。

 生春巻きの皮って難しいのね!水で濡らして戻すのですが、戻し方が教わった今でもよくわかっていません。母は、「少し固いぐらいが戻すコツ」と言っていましたが……わからん。
 あと、巻くのもこれまたわかりません。私が巻いた春巻きは中から具が出ています。どうしてこうなった。
 あの、去年大ブームになった「誰もおまえを愛さない」の元ネタみたいになっています。巻きものは何が何だかわからない。

 さて。
 新しい酒を買って参りました。スーパーで1700円くらい?
851

 いわゆる「白霧島」ですね。
 霧島酒造って、色々とラインナップがあるのですが、この白と黒が今のところの主力製品のようです。赤霧島や茜もあるのですが、それらはほとんどが今はプレミア付いてて、なかなか手に入りにくい状況のようです。

「小遣い2000円問題はどうなった?」というところですが、ふふふ、めでたくただいま6000円が手持ちになりましたよ!1万円もらって、病院代が3000円くらいで、元々あったのが2000円、日用品を買って余り6000円。これで乗り切れる……!

 白霧の味ですが……辛いです!そういえば、私も以前、「白麹の酒は辛い」って書きましたけど、その通り、辛い!しかし、味わいは濃厚で、キレが良いというわけでもありません。味が舌の上に残ります。
 霧島は味が濃いんですよね。同じ白麹の「白波」なんかはまだキレのある辛さなんですけど、霧島はとにかく濃い酒です。
 
 で、「辛いんじゃまた化粧水行きかなー」と思っていたのですが、昼間ちょっと味見して、晩酌で夜中に飲み始めたら、あれ?普通に甘いぞ?と。
 辛さもあるんですけど、ちゃんと甘みも感じられたんですよね。美味しい。でも、芋の味はあまりしません。なので、「芋臭くない芋焼酎」と言われたら、私は白霧島がお勧めです。

 私はガツンと芋の味がする方が好きなんですけど。だから、白霧よりは黒霧の方が好みです。
 まあ、最初に飲んだのが黒霧だったから、そういう好みになったのかもしれません。

 それと、霧島酒造は、ただいま「だれやめキャンペーン」というのをやっています。
 お酒1瓶に鹿児島名産のグルメを付けるというキャンペーンだったのですが、私はめんどくさいから応募してません。1月31日までが応募の期間なので、気になる人はどうぞお早めに霧島商品を買って、ラベルに貼ってある応募用紙をゲットしてください。webでも応募できますが、line登録必須だったり、そもそもweb登録しないとダメだったりして、めんどくさいです。

 ちなみに、「だれやめ」とは、九州の方言で「だれ=疲れ やめ=止まる」を意味しており、「一日の疲れを取る酒」という意味です。
 晩酌の際にぴったりの酒ということですが、じゃあ、昼飲みするのはどうなんだろう……とか思ってしまいます。まあ、「午後の紅茶を午前に飲んでやるぜえ~」って感じだとは思いますけどね。

 私は、白霧より黒霧の方が好きですけどね。
 白麹は、どうも辛さが苦手っぽいです……。黒の方が味的にバランスは良いです。芋の香りもありますしね。
 まあ、これだけはそれぞれの人の舌の好みですから、それを否定することはできません。ただ、私はこっちが好きってことです。

 芋焼酎は、そもそもは白麹が一番先にできたって話ですけど。
 元々は薩摩の特産であるサツマイモを使って酒を造った、という言われなのです。米はなかなか取れなかったので、芋を酒にしてしまおう!俺らならできる!できる!そこだ!頑張れ負けるな!(松岡修造)となってできたのが芋焼酎だという話です。

 まあ、芋焼酎は美味い!ってことで。
 あ……セブンネットで新しい酒も注文済みなのですが、それはまた届いたらで。
 この芋焼酎きたら、財布の残り4000円になるけど……それもまた乙ってことで。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村