カテゴリ:酒日記 (1/24) | 魔法石の庭3rd
FC2ブログ

酒日記の記事 (1/24)

バランタインファイネスト



 久しぶりに、ウイスキー沼に帰ってきました。


 といっても、今飲んでいるのは、ティーチャーズ(通称、先生)とバランタインファイネスト(略称、バラファイ)ですが。

 3年くらい前に、ウイスキー沼にはまったときは、もっと色々な銘柄を飲んでいました。でも、いまいち忘れてしまいましたなあ……。


 さて、一昨日辺り、イオンのプライベートブランドの焼酎を飲みきりました。

 ……が、残念ながら、この焼酎は美味しいとは言いがたかったですね。半ば、無理矢理飲んでいましたので。それに、サイダーと混ぜてチューハイにして飲んでいるのですが、グラスに1:4混ぜて飲んでも、3杯目くらいで既に頭痛がしてくるのでした。


 昨日、バラファイを、コーヒー割りとハイボールで飲んだのですが、今朝、起きても頭痛などは全くありません。

「良い酒を飲むと二日酔いにならない」と言われていますが、バラファイは「良い酒」の範疇に入るようです。


 さて、バラファイですが、お値段は900円前後。定価は1300円くらいなのですが、大抵は900円くらいで売られていることが多いようです。

 また、割とどこでも手に入るのが良いですね。スーパーや酒屋はともかく、ドンキホーテなどの量販店でも目にすることができるようです。


 また、バラファイは、900円台でも、しっかりとしたスコッチウイスキーの味を覚える、というのが特徴でもあります。

 他の、特にウイスキーブームで乱立しているジャパニーズウイスキー(というか、大抵こういった安いジャパニーズは、スピリッツが添加されている。しかも不味い)が600円台~販売されていることを考えても、ウイスキー初心者は、まずバラファイをお勧めする、と言われているほど。


 ……ちなみに、「買ってはいけない」ウイスキーは、イオントップバリュ・凜があります。他にも、不味いウイスキーいっぱいあるので、ウイスキーを買う際には、軽く下調べをした後に、それから手に取る、という方法をおすすめしますね。


 私は、ブラックニッカクリアが初ウイスキーだったのですが、そこそこ美味しくて、値段も700円程度だったので、「もっと色んなウイスキーを飲んでみたい!」という情熱に灯がともりました。

 しかし、後から「ブラックニッカは味としては不味いウイスキーに入る」と言われ、「そうだったのかー!?」と衝撃を受けました。


 そんなに悪くないですよ?ブラックニッカ。でも、ウイスキー評論家の間では、「ピリピリとしたアルコールの辛みが激しく、混ぜ物にしないと飲めない」と言われています。

 ……まあ、私は、コーヒーとかに混ぜちゃうので、辛みが和らいでいたのかもしれません。


 というのも、私は、ウイスキーはストレートでは飲みません!というか、飲めません!

 ウイスキーはアルコール度数、30度とか40度以上なんて銘柄もありまして、下手すると舌や口内だけでなく、喉や胃などの粘膜が全部ピリピリされてしまいます。

 酒飲みに多い死因は、食道癌や胃癌などがあり、それも、強い酒を長期間にわたって飲み続けていることが原因の一つとも。

 もちろん、その前に肝臓がやられることの方が多いのですが、その後、検査すると口内や喉、胃の異常が見つかることも多いのだそうです。


 スーパーテイスターと呼ばれる、一流の舌を持つ人々は、以外と野菜嫌いが多いのだそうです。

 というのも、野菜には苦みや辛み、酸味が含まれていることが多く、普通の人が気付かないような、それらの雑味を強く感じてしまうため、テイスターは野菜を食べないというそうです。

 それだけ、苦みや辛みという味は、邪魔だということですね。


 アルコールにもそれはよく言われており、ウイスキーの熟成物がもてはやされるのも、時間をかけて高い度数のアルコールも、角が取れてまろやかな甘みを感じることができるようになるからだとか。

 逆に、若いウイスキーのアルコールの刺激は、テイスターの中でも苦手にする人が多いのだそうです。


 そんな中で、バランタインファイネストは、1000円ウイスキーの中では、非常に優秀なウイスキーとして、初心者にも中級者にも、そして上級者にもお勧めできる銘柄と言われています。

 深い味わいと、香りのコク。私が、飲んでいて感じたのは、その2つでした。

 私は素人ですし、テイスターでもないので、「フルーツ香」とか「バニラのような~」とかはよくわからないのですが、それでも、「美味しいウイスキー」だということはわかります。


 また、ストレートやロックではなく、混ぜ物としてハイボールにしたりしても、美味しく飲めると思いました。実際、ハイボールで2杯ほど飲んだのですが、美味しかったです。


 冬も深まってきました。ウイスキーの美味しい季節でもあるので、これを機に、ウイスキーデビューしてみるのもよろしいかと思われます。


 では、今夜も、乾杯。
スポンサーサイト



割り材次第でどんな味にもなる甲類焼酎!

 まだ「宝20度」と「イオンPB25度」が残っているのに、バンバン4リットル焼酎を買ってきてしまいます。

 いやー、飲んでみたい銘柄が多いんですよ……。今日は、スーパーのPBブランドの焼酎を手にとって、会計に並んでいたのですが、ふと「今、飲みたいもの飲まないと後悔するぞ!」という天啓がひらめきまして、「宝極上25度」を買ってきてしまいました。税抜き2200円という結構なお値段だったのですが、味見してみて納得。まるで芋焼酎のような深みのある味わいでした。


 三ツ矢サイダーで割ってみると、このこくのある味わいがさらに引き立ちます。炭酸の一粒一粒にお酒の薄衣をまとっているよう。非常に美味しいです。

 芋焼酎のような味なのに、芋焼酎特有のあの匂いがしないというのもポイント高いですね。芋焼酎の匂いがダメという人も多いので。


 私は、1年前は芋焼酎を飲んでいました。そして、そこから日本酒・ワイン・チューハイ缶と移り移ってきて、この「アル中の最後の楽園」と称される甲類焼酎にたどり着きました。


 一応、毎日晩酌はしていますが、味見以外は昼間からは飲みません。お酒の消費量は、3週間で4リットル1本空ける計算になります。

 アル中ではないかもしれませんが、それには極めて近いと自負しています。


 でも、たとえアル中になったとしても、お酒そのものを敵視してしまうのは何か間違ってる……と思います。

 よく、アルコール依存症の人が、「こんなものを作っている酒蔵が憎い」とか「お酒さえ売っていなければ……」と言っていますが、私はこれらの意見には反対です。というか、甘えてるんじゃないかと実際に思います。


 アル症(自分のことはアル中とは言って良いが、アル中と書くと傷つく人がいるらしいので、こう書きます)の人は、他の依存症にもかなり近いと思います。むしろ、他の依存症を合併していたり、アル中を辞めたら他の依存症になる人も多いのではないかと。


 そんな中で、「お酒をどこでも売っている今の日本が間違っている」と一席ぶりたいのはわかりますが、それもちょっと違うと思います。


 どこでお酒を売ろうが、アル症の人はどんな困難を乗り越えても酒飲みたさに酒を手に入れて、飲んでしまうのがアル症だと思います。それほどの情熱がなければ、アル症ではないかと。

 故に、「どこでも手に入るのが悪い」ってわけではありません。全ては自己責任です。お酒を飲めるということは、20歳を超えた成人なのですから、そんなとんがった高校生みたいなことを言うのはやめましょう。見苦しいです。


 ちなみに、全ての酒を鑑みて、一番コスパの良い酒は、ホワイトリカーだそうです。梅酒の季節によく売ってるあれですね。今は、一年中売っていることもあるので、コスパだけを考えたらホワイトリカー飲んでるのが良いそうです。あれは、醸造アルコールのみのお酒なので。


 そうそう、「大樹氷」という甲類焼酎も買いました。

 これは、4リットル税込み1600円くらいですかね。大樹氷も美味しいと前評判であったのですが、これは宝焼酎に味が非常によく似ています。極上まで……とはいきませんが、宝の普通の4リットルペットボトルの味にはそっくりです。


 宝20度が、一本1800円くらいですから、大樹氷の1600円は約200円お得ですね。それで、宝20度くらいの味ですから、より安く、宝焼酎の味を再現したい人は良いかもしれません。


「甲類焼酎に味の変化なんてあるのか」って話ですが、はい、あります。

 少なくとも、私が飲んだ限りでは、PBの安い酒と、宝極上では全然違うと思います。美味しいお酒を飲みたいのなら、宝極上を買えばよろしいかと。


 あと、甲類焼酎は臭みや味が薄いので、割り材としても優秀です。というか、缶チューハイを何本も飲む場合、4リットル焼酎と割り材のジュースや炭酸水を買えば、そっちの方がお得でもありますね。


 今の季節では、風邪予防に甲類焼酎に梅干し入れて耐熱容器でお湯割り、というのも温まって良いそうです。これは、ブログの読者さんから教えて頂きました。


 あと、ジュース類で割る場合、飲みやすさを考えたら、炭酸入りがはかどります。炭酸の絶妙な刺激が、アルコールのぴりっとした辛みを消してくれます。

 飲みやすい反面、ぐいぐいいけちゃうので、飲み過ぎには注意ですけどね……。1週間で4リットル焼酎を空ける人もいるそうなので、そこまですると立派なアル症ですが。


 焼酎スレでは、ブドウジュースを割るとあま~いワインになるとも言われています。皆さんが文学作品などで「甘くて美味しそう」と思った葡萄酒の味に近いそうですよ。本当のワインは銘柄によって飲みにくかったりもしますしね……。


 甲類焼酎は、割り材によって無限の可能性があるのが強みですね。コスパ的には、安いジンを買って割った方が良いそうですが……甲類焼酎は甲類焼酎で良いところありますからね!


 今日も、乾杯!

自宅でチューハイが作れちゃう!?甲類焼酎の勧め

 甲類焼酎で代表格である、宝焼酎を買ってきました!
 といっても、ネットで注文して、ケースで買ったのです。4リットル×4本 で、約18kgだそうです。でも、普通に廊下ずりずり引きずって、6畳の納戸だけ持ち上げて運んだら、普通に運べました。
 
 うちの母が、「あれ、どうするの?玄関に置いておけないじゃない!」と勝手に怒っていたので、「もう納戸に持っていったよ」と答えたら、「あれを持って行けたの!?」と驚いていました。正直、うちの作業所の、洗濯物(濡れてる)を持っていくよりはマシな重さでしたよ。

 甲類焼酎愛好家の中で、とにかく「宝は間違いない」と言われていたので、飲んで見たのですが……うーん……病院臭はしないけど、癖が結構あります。原材料を見てみると、トウキビ蜜・トウモロコシ・大麦 とあります。いつも飲んでる4リットル1600円くらいの焼酎は、癖がない分、飲みやすいんですよね。その焼酎はトウキビしか入っていないので、宝の別の原材料が癖を生んでいるのだと思われます。

 あと、甲類焼酎を飲みたいと思っている人で、「でも、4リットルペットボトルを持っていくのが恥ずかしい」という人もいるようです。
 ……私は正直、「人目気にしてる時点で、人目>>>飲みたい欲 なのだから、飲まなくて良いんじゃないの?」と思うのですが、それを言っちゃおしまいなので、いくつか案を出させて頂きます。

・ネット通販で買う(これなら、女性でも4リットル×4本とか、大量に購入しても、自宅まで届けてくれることになります。ただし、送料とか手数料がかかるので、実際に店舗で買うのと同じくらいか、それ以上ののお金がかかったりも)
・小瓶から買う(焼酎は、小分けして売っている場合もあります。特に、ちょっとだけ試飲してみたいという人は、小瓶で買って味を確かめる方が経済的ですし、大きな失敗をせずに済みます。また、キンミヤのように、青いラベルでオシャレな小瓶に詰められているものもあります)
・自分に必死に「夫が飲むものだから」と言い聞かせて、自己暗示をかける(夫がいなくても、エア夫でオッケー。ついでに頼まれたの、という顔で堂々と4リットル買いましょう)
・恥ずかしい?そんなこと考えたことねーぜ!(アル中の鑑ですね。私もこのタイプだったので、一献酌み交わしたいところです)

 こんなところでしょうかね?
 また、甲類焼酎はとにかく癖がないのが特徴なので、割り材によって皆さんのお好きな味に仕立て上げる楽しみもあります。
 
 私がお勧めなのは、「バヤリースアップル」「くちどけ もも」「イオンのジンジャーエールかソーダ」辺りですね。
 甘いのが好きな人にはたまらないと思います。というか、そもそも「缶チューハイ」として売られている商品が、何の略かご存じでしょうか?
 「缶焼酎ハイボール」が本来の名前なのです。つまり、チューハイは焼酎を割った物。なので、「好きな味がない」とか「もっとアルコール度数が高ければor低ければ良いのに」というワガママにも答えられてしまうのが、焼酎と割り材なのです。

 好きな割り材(ジュースやお茶など)と、焼酎があれば、ものすごく効率的にチューハイができてしまいます。
 私の場合は、4:1くらいで割って飲んでいますね。4が割り材で、1が焼酎です。
 ただ、炭酸が入っていると、結構グイグイいけてしまうので、酔いすぎ・飲み過ぎにはご注意を。

 節度を守って、美味しいお酒ライフを送りましょうね!

甲類焼酎が止められない

 4リットル焼酎、2本目買っちゃったのです。
 今度は、イオンのプライベートブランドなんですけど、度数を上げて25度のを選びました。

 試飲してみると……病院臭すごい。工業用アルコールの匂いがします。
 味は、普通ですね。芋焼酎のような癖はありません。焼酎は、芋しか飲んだことないので、麦とか黒糖とかと比べることができないのですが、アルコールのガツンとした味はありますが、全く癖は感じません。

 しかし、甲類焼酎は、空いたペットボトルも捨てやすいです。綺麗にシールが剥がれるようになっているので、一見すれば普通のペットボトル。酒っぽさはないですね。
 ストロング缶飲んでた時は、空き缶捨てるのに罪悪感ありましたし、親からも「あまり酒を飲むな」と釘を刺されたので、なんかなー……と思っていたのですが、これは捨てやすい!甲類焼酎なんて飲んでる人は、そもそもがアル中なので、一見お酒に見えず、捨てやすいっていうのは大きなポイントだと思います。

 そういえば、アル中に対して「酒を飲むな」というのは良くはないそうですね。「酒を飲むな」と忠告すると、今度は隠れて飲むようになるからだそうです。飲まなくなる訳ではないので、酒飲むなって言っても、一時的に飲まなくなった(ように見える)だけで、今度は家族に隠れて飲むだけだそうで。

 あと、コンビニのパック酒にストロー付いてくる理由が怖すぎました。
 パック酒にストローが付いているのは、アル中で手の震えが止まらない人が、酒をこぼさずに飲むため、だそうです。
 じゃあ、カップ酒はどうなのって話ですが、カップ酒飲んでる人は、まだマシなのかなーと思います。

 職場のアル中(自称だけど、他の人が見てもアル中らしい)の人は、「どれくらい割って飲んでます?」と聞いたら、「1:1」と言っていました。
 私は、1:3か1:4くらいで割っているのですが、1:1はびびりますね。しかも、それを毎日コップ4杯飲むそうです。
 東北出身の人だそうで、体質的にはアルコールに強いんだろうなとは思いますけど。同じ東北出身の同僚は、「酒もタバコも止めた」という鉄のハートを持つ人です。「離脱症状とかなかった」と豪語しているので。

 遺伝子的に酒が強いのは、東北人と九州・沖縄人が多いそうですね。
 私は関東人ですが、母が東北出身です。でも、母方の祖父は、お酒を全く飲まなかった人だそうです。祖父の兄がアル中で、周りに迷惑をかけまくっていたので、それが嫌で飲まなくなったとか。

 私自身も、あまり酒には強くないです。ストロングゼロとか飲んでましたが、ロング缶半分とかでしたしね。
 焼酎も、1:3か1:4くらいに割っています。割り材は、コーヒーとか紅茶が多いです。

 でも、8月に血液検査で肝臓の数値も計りましたが……18でした。
 18って!生娘のような数値しやがって!

 あと、お酒をストロング缶や焼酎に変えて、糖質ゼロにしたら、「かみなさん、痩せたでしょ?」とか、祖母にも「えらい痩せたなあ!」と驚かれたりもしました。
 日本酒とか梅酒飲んでましたしね……やっぱ糖質がアカンのか。

 でも、コーヒーにも紅茶にも、砂糖は入れています。大体スプーン1/2くらいの量を入れて飲んでますね。砂糖入れないと飲めないので……。

 一応、今もバイシクルクランチとプランクはやっていますが、確かにウエストがくびれてきたのは感じます。筋トレもあなどれないですね。
 酒と筋肉は裏切らない!そんな感じでやっていけたらと思いますよ。

甲類焼酎に手を出した

 ついに、甲類焼酎に手を出しました。

「甲類焼酎って?」と思う人も居るかもしれませんが、いわゆる「ペットボトルの大容量で売られてる例のあれ」です。別名、「アル中の最後の住処」。
 
 今まではストロングゼロ飲んでたんですけど、人工甘味料が翌朝まで続くんですよねー……。翌朝、口の中が甘ったるい感じになって、しかも二日酔いがががっが。
 で、「ストロングゼロのウオッカとは、純粋なアルコール」=「だったら甲類でいいだろ!」というアル中によくある思考で、甲類焼酎を買ってきてしまいました。

 以前、私は芋焼酎にはまっていたことがあります。
 そのときは、もちろん好きで飲んでいたのですが、とにかく癖が強く、割り材には向きませんでした。
 一応、余っていた芋焼酎をコーヒーで割ってみたのですが、あのつーんとくる芋焼酎独特の匂いがだめになってしまい。「これきっついな!」と思ってしまった次第です。

 いきなり4リットル入りを買ってしまい、軽く後悔しているのですが、まずは味見をしてみると、あら、意外とあっさり。そして、不思議と原材料の糖蜜のほのかな甘さを感じます。
 コーヒーで割って飲むと、「あ、入れすぎた」ってくらいに入れて飲んでしまったのですが、芋焼酎のように鼻につーんとくる感じはありません。
 というか、「酒が入ってる!」って主張しない味です。アルコール臭は多少するのですが、それだけ。

 しかし、飲んでからしばらくして、体がポカポカ温まってくるのを感じました。
 これからの季節、ホットの飲み物で焼酎を割ると、ちょうど良いのかもしれません。

 何より、甲類焼酎は安い!!4リットルで1600円程度でした。
 ……ワインなんて2.5リットルそれくらいしたよ……。
 ちなみに、2リットルのペットボトルもよく置いてあるので、焼酎の味を確かめたい人は、少量でもいいと思います。2リットルだと1200円くらいですね。

 甲類焼酎にも色々ありますが、私が買っているのは底辺オブ底辺の、スーパーのプライベートブランド商品です。特別美味しいってわけじゃないのですが、不味くもないと思います。
 宝とかキンミヤとかだと、もっと値段は張りますが、味は美味しいらしいです。

 まあ、私は割り材にしちゃうので、味はあんまり気にしませんねえ。

 でも、安くて、手軽に酔えて、(ストロング系よりは)次の日に持ち越さない、という利点があるのは事実です。
 味に癖がないので、水割りでもいけるかもしれませんね。ストレートだと、喉に「かあ~っ!」ときます。度数20度ですから、割らないときついかもしれません。
 確か、25度っていうのもあったのですが、100円くらい値段が高かったので、20度でも十分だろ……と思って20度を買ってきました。

 とにかく、癖がなくて飲みやすいので、裏を返せばこれといって特徴のない味だとも言えます。
 美味しいか不味いかは、割り材次第って感じですね。割り材が美味しければ、美味しく飲める酒だと思います。

 久しぶりの更新となってしまいました。今はなろう小説の方にかかりっきりになってしまっていたのですが、情熱が冷めるまで、お待ちください。きっとそのうち急に冷める。
 そう、このお酒みたいにねw