魔法石の庭3rd

ラブラドライト育成中

 ラブラドライトのブレスレット、ラブラドだけで作り直しました。
 これで、完全にこんにゃくブレスです。
 ……そういえば、過去のパワストスレのまとめを読み直していたら、「あまりにもラブラドがこんにゃくと言われているので、筑前煮ブレスを作った」という人が。
 そういうのもアリか……。ブレスレットは自由ですからね。
892

 作り直したラブラドブレス。うん……こんにゃくですね。
 でも、ちらちらラブラドレッセンス(ラブラドライト特有の、様々な色のシラー)が見えて面白いです。しかし、今のままだと「地味だけど面白い特徴を持っている石」でしかありません。しかし、ラブラドライトが今現在、パワーストーンとして人気を誇っているのは、グレードの高い、最初から綺麗な石だけでなく、低グレードの石が育っていく、という特徴もあるのです。

 このブレスを組んだ後、「こんなもんかー。じゃ、風呂入るかな」とラブラドを浴槽の縁に置いて、お風呂タイム。その後、タオルで軽く石たちを拭いてあげていると……なんと、ラブラドレッセンスが複数出ているではありませんか!
 なんで!?今まで君ら、こんにゃくだったじゃん!と思ったのですが、「ラブラドは育つ」と言われている通り、思いっきり育っています。

 思えば、ダイヤモンドも原石では地味な石なのです。それをカットして研磨して、手間をかけて磨き上げることで、ダイヤは美しく輝くことができます。
 ラブラドも同じなんじゃないかなーと。石の下女たる私が、「お風呂は?浄化は?」とへこへこすればするほど、旦那様に拾われたラブラドライトはどんどん美しく輝かんばかりになるのです。

 育つ石、ラブラドライト。
 この石に魅了される人が多いのもうなずけますね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

不思議のメダイ・・・2年ぶり?

 さむさむ。この時期は急に暑くなったり寒くなったりするので、服に困ります。
 まあ……部屋にいるのなら、暑いと脱いだりしてますけどね。裸族!こういうデリカシーというか羞恥心のなさが彼氏できない理由なのでは……?とか思いました。
 実際、夫の前で着替える時に、隠しながら着替える人の方が、結婚生活うまくいくというデータもあるそうです。

 さて。
 定期的にこの話題来るな……不思議のメダイです。
 2年ぶりくらい?ロザリオも、ニッケルアレルギーになってしまってから全然付けてなかったのですが。
891

 そういえばメダイの表と裏の写真なかったな、と思うので、「こんな感じだよ~」ってことで。
 左が表。聖母マリアのお姿と、それを囲む祈りの言葉、足下の地球にはメダイを作ったカタリナ・ラブレにお姿を現した年号と悪の象徴である蛇を踏んでいます。
 そして、地球には、マリア様の指から慈愛と恵み、そして祈りの光が注がれています。

 裏は、十二使徒の星と、十字架にマリア様のMの文字。その下にマリア様とイエスの御心が表されています。

 メダイは、どの宗教に属していても身につけることができます。
 信徒、非信者は関係ありません。教会では、「マリア様をより身近に感じることができるように、非信者の方が身につけても全く問題ありません」とされています。
 私も、非信者ですしね……。キリスト教はあんまり好きじゃないのですが、こういう宗教モチーフのものは好きで。また、シスターや神父様のひたむきな信仰の姿を見るのは好きなんです。

 でも、信徒の人からすると、「せめて一日に一回、マリア様に祈りを捧げることはしてほしい」とか。
 祈りの言葉は、「おお、無原罪の聖母マリア、あなたを頼る我らのために祈りたまえ」という短いものです。ロザリオと違って、メダイは祈りのカウンターではないので、唱えるのは一回でも何回でも構いません。

 ちなみに、信徒の人が、『花婿が花嫁を迎えるように、神も我ら人間を愛してくださる』ということを書いていました。
「だから、神様の方から人間にプロポーズしているんですよ。もちろん、人間にも断る権利があるので、プロポーズに『ノー』と言っても構いません。神は、『そうか。でも、これからもお前を愛し続けよう』とおっしゃるだけです。神は何度人間が裏切っても、間違いを犯しても、変わらずに愛し続けてくださいます」とのこと。
 
 この不思議のメダイですが、身につけていると様々な奇跡が起こるとされています。
 大抵は、「非キリスト教徒が洗礼を受けて信徒に」というものですが、中には「メダイを付けたら、病気が治った」とか「一週間で彼氏ができた」なんて現世利益の奇跡もあります。
 まー、我々の生きてる世界は現世ですからね。そりゃ、そこでお恵みがあるのなら、それに越したことはないでしょ。

 これを見てメダイに興味を持った人がいたら、教会からの通販で購入することをお勧めします。別に、アクセサリーショップとかでも良いんですけど、教会のお店の方が安価です。
 ドン・ボスコ社とか、女子パウロ会とかですね。教会のオンラインショップは、信徒でなくても利用できます。都市部にいるのなら、大きめの教会なら中にお店があることも。教会で買うと、そのまま神父様に祝別してもらうこともできます。
 しかし、注意すべきは、その教会の宗派です。マリア信仰や偶像崇拝が許されているのはカトリックだけなので、その教会がプロテスタントでは聖具はありません。
 必ず、事前に下調べをして、カトリックの教会であることを確認しましょう。

ルースとかの話

 腰が痛いです……。多分、ベッドが狭くて(物が色々と置いてある)変な寝方をしているので、腰に負担がかかったものと思われます。
 でも、ここ何週間の話じゃなくて、一年くらい前からベッドは狭くなってるの!なんで今更腰をやらかすのだ。
 他にも、詰め物が取れた奥歯が痛いなーと思っていたら、それは同じく変な寝相で顎をやらかしたからだった……とか。多少は片付けたんですけどねえ。多少じゃだめか。

 さて、ラブラドライトのシラーがちょっとだけ見えたので、撮っておきました。
889

 ご覧の通り、ピンクシラーです。この色、なにげにレアらしいですけど……このラブラドは、一連600円くらいでした。
 アクセサリー専用の手芸屋さんのなので、普通の一連ではなく、多分1/4連とかでしょうけど。
 合成オパールの方は、200円でした。

 で、その近くの、いつも行ってる石屋さんでは、グレードは違いますがブレスレット1本3000円くらい……?
 うちの近くの手芸屋さんは潰れてしまったようなので、今度からはそこの手芸屋さんに通うかもしれません。

 さて、ラブラドの色ですが、青とか緑はまあまあ。ピンクと黄色がレア。そして、紫が激レアなのだそうです。
 オパールの色とはまた違うみたいですね。オパールの場合、青と赤が激レアだったと思います。
 ちなみに、ダイヤモンドは赤が他の色を凌駕して高いらしく、ルース(宝石の石だけ)カタログでレッドダイヤモンドの10ctとかが載っているのを見て、インド人宝石商のカピルさんが「え!?レッドダイヤ出たの!?」と興奮してそこのページを見ていましたから。

 それと、宝石の場合、ルースにしてあるのは理由があります。
 1つは、アクセサリーにするほどの価値がない石。
 もう1つは、価値がないどころか、価値がありすぎてアクセサリー加工するとプラチナでも値段が追いつかなくて逆に価値が下がってしまう石のことなのだとか。
 以前ドラマで、「忘却探偵」というのがやっていて、一度眠ってしまうと全てを忘れてしまう女探偵と、不幸に愛された助手役の男性の話なのですが、助手役が展覧会の警備をしていると、最初はそこにやってきた探偵は「この絵は一千万円の価値がありますね」と言い、次の日にそこにやってきた探偵が絵を素通りするので、助手役が「何故今日はこの絵を見ないんですか?」と聞いたところ、「だって、この絵って5万円くらいですよね?」とあっけらかんと言うのです。
 で、その謎解きをするのですが、結論から言うと、「探偵が見ていたのは、絵ではなく額縁の値段だった」という。
 
 それだけ、額縁……つまり、アクセサリーで言う地金も大事になるのです。
 実際、ものすごいお値段のダイヤモンドのルースを、アクセサリーに仕立てようとしたら、宝石商の人に「こんなに良い物を……本当に良いんですか!?」と聞かれた人もいるとか。
 ルースはルースのままで保管した方が良い宝石もあるということですね。
 
 まあ、大抵はルースはアクセサリーよりもお手軽な値段で買えます。
 都市にいる人は、多分何らかの宝石即売会(ミネラルショーとかミネラルマルシェとか)が行われていると思いますので、そこでルースがお安く手に入ります。原石もそこそこ安く手に入るのですが、ルースよりかさばるので、初心者はルースの方が良いのかな?とも思います。
 やけに高い値段を付けられていても、それは応交渉という合図だったりもします。「こんなもんか」という値段でも、交渉すると安くなったりするそうですが。特に、アジア系や中東系の外人さんが店主の場合、交渉が普通のお国柄だったりもするので、交渉しないと損をしたりするそうです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
にほんブログ村

クチナシは毎年買ってしまう

 今年もクチナシを買いました。
 ……去年のクチナシは、アブラムシパニックによって葉っぱがどんどん落ちて、結果お亡くなりに……。アブラムシと葉ダニは絶滅しろ。
 
 で、もう既に花が3つほど咲いています。クチナシって5、6月頃に咲くんですけど、ちょっと早いですね。
890

 なんか、毎年、花が付く頃にクチナシ買って、夏にダメにしてる気がします。
 クチナシはもう、一年草ってことでいいんじゃないでしょうか?(よくない)
 おかしい……植物サイトでは、「栽培は初心者向け」とされてたのに。私は初心者以下なのか!?

 でも、何回ダメにしても、挑戦したくなる、麻薬みたいな花です、クチナシ。
 アングラの世界では「葉っぱ」「草」は大麻の隠語なのですが(かなり昔の話。今は知らん)、大麻ジャンキーの人は「草食動物」とか言われていました。
 ああ~たまらんわ~。なんぼクチナシの匂い嗅いでても、警察には捕まらんからなあ~。ならええがなw(笑う犬)

 もちろん、クチナシにはそういう成分は含まれておりませんので、お子様からお年寄りまで安全に栽培を楽しむことができます。……というか、クチナシの実は漢方薬でもあるんですよね。一輪咲きのものでしか採れないので、このクチナシは八重咲きで、実はなりません。
 強いていうなら、アブラムシとかオオスカシバの幼虫とか、虫にモテモテってだけですが。特に、オオスカシバはクチナシの木を丸裸になるまで食害するので、注意ですね。

 私にとっては、バラとかユリよりもクチナシの香りが好きです。花の香りの中で一番好きかも……。
 これが「臭い」っていう人もいると思いますがね。匂いが強烈な花は、好き好きですから。
 花も、まさに「気品」と「清楚」の花言葉にふさわしい純白ですし。
 
 ボケの花がもう終わってしまったので、今度はクチナシの花を楽しめたらいいなあ、と思っています。
 ちなみに、クチナシは、今の時期~6月上旬まで、ホームセンターや花屋に売っています。ネットで買っても良いと思いますが、鉢植えは送料が高いのでね。
 ホームセンターで買うと、300円くらいです。花が咲ききる季節は、160円まで値下がりしていたと思います。
 
 あと、虫かご水槽を新調しました。また虫かごですけど。
 私の場合、メダカ6匹で大きさは中の虫かごでちょうど良い感じです。
 虫かごっていっても、カブトムシとか飼うやつね。そこに水入れてメダカ入れて飼っています。掃除は、1~2週間に1回。これで、1年ほど保ちます。

 植物もメダカも、一応メンテナンスしてますよ。もう、趣味の手を広げすぎて何が何だかわからなくなってますが。所さんとかタモさんの域にまで行ったら、趣味もたいしたもんだと思えるようになるのかもしれませんが。
 ……そういえば、お二方とも私と同じ獅子座なんですよね。獅子座って凝り性なのかなあ。まあ、月星座とか、趣味や仕事だと水星星座とかも関係してくるのかもしれません。
 最後に、タモさんの趣味人における名言を。
「まじめにやれ!仕事じゃねーんだぞ!」
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

こんにゃくブレスレット

 またまたハンドメイド。ちなみに私、ブレスレット作りの用具はワイヤー(4cmくらいに切って、半分に折って、ゴムを通すときに使う)、はさみ、小さい段ボール箱(石がどっかに転がらないように、作業はこの中で)、オベロンゴム、主な石(私は一連ずつ買っています)、これぐらいしか用意しません。
 ブレスレットメーカーとか、あると便利だとは思うのですが、なくても別に大丈夫です。自分の使うブレスレットですからね。私が使うのは主に8mm玉なので、8mm玉だと大体22個くらいがベストサイズと覚えています。自分の腕が何センチとか忘れた。
 
 さて、今日も作ってみました。「こんにゃくウォーターブレスレット」!
 だから、その気の抜けたタイトルはどうにかならんのか。
888

 普通のこんにゃくみたいな石は、ラブラドライト。低グレードなのでこんなもんです。
 でも、ラブラドは、使っていくうちに色が変わるらしいので、ちょっと楽しみ。

 ブルーに発光しているように見えるのが、合成オパール。オパールの合成品って、ちゃんと遊色効果(オパールのキラキラ)が見えるのって結構お値段します。でも、普通のビーズで売ってる合成オパールは、こんなもん。でも、ライトの下で色が変わって見えたりして、綺麗ですよ。
 
 そういえば、ラブラドもオパールも、「育てる石」だと言います。
 石が育てるのではなく、石を育てる。その名の通り、身につけているうちに、石が違う色味を見せるようになるのだそうです。
 それはまあ、理論的には、汗による水分や、皮脂が染みこんで、色を変えるということなんですけど、パワーストーン界では「石が持ち主に同調して持ち主の色に変わる」のだそうです。そっちの方が面白いからオッケー。
 
 ラブラドは、「縁を引き寄せる石」だと言われていますが、「不必要な縁を切る石」でもあるのだと。
 実際、ラブラドを持ってから、変な人にまとわりつかれて困っていたのが、びしっと断ることができて、それが良い方に。という効果もパワストスレ内で起こっています。
 
 さて……。職場で、友人が一人、復帰しました。おかえり!
 詳しい話は、聞くのも野暮かな~と思って聞いていませんが。でも、共通の友人が、別の同僚と付き合っているという噂の真偽をその子に確かめたら、「うーん……」と黙ってしまったので、悪いことを聞いたかと思って謝ると、「いえ。私は良いんですけど、本人たちはどう思うかなって」と、もっともなことを言われました。……そうだよね。聞くなら又聞きじゃなくて、本人に直接聞けって話ですよね。

 でも、その後本人たちに確認したら、「付き合ってます」と。
 特に気分を害した様子がなかったので、「よかったね、おめでとう!」と言えました。
 ちなみに、私の今のところの友人、全員彼氏持ちに……。ちょ、ちょっと寂しいかな!
 
 叶恭子お姉様が言っている通り、「恋愛は、必ずしもしなくてはならないものではありません」という価値観で私は生きていますが、こう取り残されると、ちょっと寂寥感。
 でも、焦って誰でも良いから彼氏作る!となると今までろくな目に遭わなかったので、まあいいです。ご縁があるならそのうち来るさ~。

 ちなみに、このラブラドの石に、2カ所ほどピンクのシラーが出ていました。
 ピンクラブラドライトは、貴重というか、珍しいとのことです。
 何か、面白い縁を運んでくれたらいいなと思っています。「自分で動かなきゃ縁なんてこないよ」って考えの人もいるようですが、私は「あがけばあがくほど悪縁を呼び込むこともあるし、人間一人がどう動いたってどうにもならない時もある。一瞬のひらめきで事態が打開することもあるし、人生、一旦立ち止まることも必要」だと考えています。