魔法石の庭3rd
FC2ブログ

宗教って平和的なもんじゃないの?

 昨日はよく晴れていましたが、風があったせいかだいぶ過ごしやすい天気でした。
 関東だけかな?とも思ったのですが、全国的にそんな感じだったようですね。良いことです。

 私、とにかく暑い時期が苦手で、今年の夏はもう「くっ、殺せ!」って思いました。でも、お盆辺りから段々冷房から扇風機でもマシになり、昨夜などは扇風機付けたまま寝たら、朝方寒すぎて起きる始末。
 暑いよりは寒い方がまだマシだわ~。うちの母もそう言っているので、夏生まれだからかな?と思っていたら父は冬生まれでも「寒いのも嫌だし暑いのも嫌だ」って人でした。生まれ月は関係ないんでしょうか。

 でも、採血されるときは、夏の方がいいや……。注射針って冷たい感じしません?冬だと、ただでさえ寒いのに体感温度がさらに下がる気がします。
 てか、私、採血採血言い過ぎですよね。宣告されて1ヶ月前からオロオロしてしまうのですが。どんだけビビッてるんだか。
 早く、針を使わなくて、痛みも全く感じない、レーザーみたいなのでピッと計れる時代になってほしいものです。あれ?でも、レーザー脱毛って痛いって聞くな?じゃあ、コスメカウンターの肌診断みたいなやつでもいいや。

 さて、仏像フィギュアですが、明日届く予定です。
 天部が最初に届いて、肝心の本格的な仏像の如来は後から届くという不手際ですが、まあ、天部は仏法の守護者ということで、護りを固めておいて如来の降臨を待つ、と思いましょう。
 
 仏像について調べているのですが、いまいちご本尊自体に対する書き込みってあんまりないんですよね……。てか、「ご本尊」っていうと某カルトが引っかかるという。ご本尊って言い方は、仏教用語であり、某カルトも仏教ではあるんですけどそれを某カルト用語と思ってもらったら困るんですよねえ。
 日本人のほとんどが死んだら墓に入る仏教徒なのに、日本人が仏教に対して抵抗があったり、知識がないっていうのはちょっと……って思います。まあ、宗教に対して抵抗があるってのは、ある程度は日本人の国民性としてしょうがないところもあるんですけど、最低限の知識がないっていうのは。

 宗教に対して盲目的すぎるのも考え物ですけどね。現在の過激派とか。
 特に、海外の反応系ブログを読んでいると、ムスリムに寛容な日本社会について「日本人がムスリムに改宗してくれたらなあ」とか書いてあって、「だからお前ら煙たがられるんじゃないの?」って思ったり。
 自分の宗教が一番だと思ってるから、そんな簡単に他の文化の国に対して「改宗」なんて言葉が出てくるわけで。日本人に好意を持ったら、普通、その国の宗教(日本の場合、神道とか仏教だよね)を調べて、その上で改宗うんぬんを語るべきで。ただ闇雲に「うちの宗教は良いんだから、他の国も賛同するべき!」って押しつけた結果が今の中東情勢のような気がしますなあ。

 確かに宗教は心のよりどころだし、それぞれに良いところ沢山あるのに、変に盲目的になるあまりに他の宗教を排除したり無理矢理改宗させたりするのはどうかと思いますよ。
 宗教ってのはもっと平和的なもんだよ。人と人とが仲良くやっていけるようにするのが宗教の始まりだったはず。それが争いを起こしてどうすんの。それは、自分の宗教に対しても冒涜だよ。

 私も、某カルトとか言ってますけど、そのカルトの信者の人でも、強くて優しくて自分の宗教観を押しつけない人はいることはわかっています。
 それならまあ、「ちょっと歴史は浅いけど、良い宗派なのかな?」と思うだけなのですが、一部の過激派のせいでその人たちまで白い目で見られるのは、宗教としてやばいのでは?って思います。
 まあ……それが一部でないのがカルトのカルトたるゆえんですけどね。
 一部なのは、その牧歌的で平和主義な一般のカルト教に入ってる、教義とか押しつけない人たちの方なんですよねえ。
スポンサーサイト

俳句ポスト・踊り

 俳句ポスト、並選頂きました。

提灯が姿照らすや人魂の(お題:踊り)

 この時期の踊りと言えば盆踊りですね。この季語も、「盆踊り」から来ているそうです。
 お盆と言えば、亡くなった方が帰ってくる期間でもあります。盆踊りというのは、賑やかなお祭りなのですが、その賑やかさの中に、人魂となって帰ってきた亡者の姿を、盆踊りの提灯がぼおっと照らしている、そんな句にしました。
 
 正直、後から「踊りじゃなくて提灯にしちゃって、季語は大丈夫かな?」とも思っていたのですが、大丈夫だったみたいですね。

 この俳句ポストを教えてくれた友人と、その彼氏さんも、同じく並選に入選しました。
 俳句ポスト投稿止める、とかtwitterで友人がもめたらしいのですが、無事に元の鞘に収まったようで、ほっとしています。また、twitterで誰よりも早く、私の句を見つけてくれて「初参加の友人も入選していました!」と教えてくれて、感謝感謝です。俳句ポスト、人数多いから見つけるのも大変ですよね。ありがとうございます。

 これから、できるだけ俳句ポストに投稿していこうと思いますので、よろしくお願いしますね。

リボルテックフィギュア:仏像シリーズ

 阿弥陀様だけじゃ寂しいと思って、ここは一つ戦う仏様も欲しくなりました。で、買いました。
 ……仏像だけで2万も使ってどうするんだろう。31日に血液検査でお金飛ぶのに。

 まあ、届くのは土曜日以降ですけどね。
 今回買ったのは、リボルテックといって、いわゆる可動フィギュア。腕とか小物が付け替えができて、腰とか足が動かせるみたいです。
 そう、仏像っていうよりフィギュアなんです。海洋堂(フィギュアの大手)ですしね。

 今は、一体2~3000円程度で売っています。プレミアが付くのは10000円超えてますが。
 阿弥陀様が如来なので、天部(戦う仏様)が良いかな?と思って色々と探していたら、「多聞天(毘沙門天)と増長天を一緒に祀ると、四天王全部の働きをしてくれる」とのことだったので、その二体を買いました。

 基本的に、天部の仏様っていうのは、元はインドの土着教(ヒンズーとか)の神様出身が多いんです。
 仏様の中では、人間を直接叱ったり、人間や仏法を乱す悪霊や鬼と戦ったりします。
 広目天なんかはその中では書記なので、ちょっと知的な感じもしますけどね。でも、元々戦いの仏様なので、武装はしてるんですよ。

 特に好戦的なのが今回の多聞天と増長天。多聞天は、四天王でもソロでやっていけてますね。ソロ名義なのが「毘沙門天」という名前なのです。
 増長天はまだ理性的ではあるのですが、多聞天は同じ仏教の仲間である天部とも喧嘩したりしています。
 でも、信仰自体は多聞天がダントツだという。ヤクザ上がりの警察官みたいな感じですかね。

 この2体に今度来る阿弥陀様を守っていただこうという腹づもりです。
 まあ……阿弥陀様もおとなしく守られるタマじゃないのですが。如来ですしね。姿をちらっと見せたくらいで敵は戦意喪失して逃げると思います。
 
 ちなみに、天部はそれぞれ鬼や妖怪を従えています。やっつけて改心した妖怪が「天部様のお助けをいたします」と眷属になるんですね。
 なので、多聞天はよく妖怪を踏んづけている姿が仏像になるのですが、あれは妖怪を退治したのではなく、多聞天が地上に現れた際に「天部様が直接地面を歩かれるなんて、恐れ多い!ささ、どうぞ私をお踏みください」と眷属自らが踏まれに行っているのです。
 けなげな眷属なのです。

「でも、所詮仏像じゃなくてフィギュアでしょ?」って思うかもしれませんが、製造元はあの海洋堂です。クオリティは高く、「まるで本物の仏像みたいだ」と高評価です。
 
 来るのが楽しみ。このために西側の一角を掃除してお待ちしています。
 あの、片付け嫌い・掃除嫌いの私に掃除させるとは、さすが仏様です。

 確か、「仏様は西に置いて、東向き」でしたっけ。これなら、ちゃんとお祀りすることができそうです。

信仰するのよー!

 仏像を買ったため、もうすぐうちにいる仏様が2体になるのですが……。

 ここから、スピリチュアルな話になるので、苦手な人はごめんなさいね。

 今朝、神棚の天照大神に水をお供えして、部屋に戻ったら、アマテラス様から話しかけられました。
 曰く、「若いのに(もうおばちゃんですが、神様からしたら30代は若いか)神棚もちゃんとして、仏様までお迎えするなんて、感心感心。良いことをするわね」とか。
 思わず、「仏様2体目になるんですけど、良いんですか?」と聞いたら、「何体あったって良いわよ」と言われます。

 で、「あんまり他の神様をお迎えすると、家の神様がヤキモチ焼くって話もありますが」と聞くと、ケラケラ笑って「神仏習合。ヤキモチなんて今更焼くわけないでしょ」と。
 
 また、昨日のテレビで「神棚に祀る神様はいくつあっても良い。お札を重ねて何枚も神棚に入れても大丈夫」との話があったのですが、アマテラス様曰く「そっちの方が助かるわ。一人であれこれするより、色んな神の手助けを借りた方が効率的じゃない?」とのこと。
 神様、まさかの効率厨。(効率厨とは、ゲームなどで効率だけを追い求める人のこと)

 うちのご本尊様(阿弥陀様)にも、「もう一体来ます」と報告すると、「……うむ。わかった」と。
 ご本尊は、あんまり喋ってくれないんですよね。仏様ってそんな感じですけど。

 でも、もう一体来ると言って、嫌な感じはしませんでしたね。神様も仏様も。
 むしろ、喜ばれているような。まあ、人間の信仰心が神様や仏様のご飯になるので、そんなもんでしょう。

 そういえば、お盆中に「家に霊が何体いるか」をやってみたんですけど、仏壇の前、ラッシュアワーみたいになってました。100体はいたような……。そんなに歴史のある家だっけ?たかだか江戸時代くらいに分家した家だって聞いたけど?って思ったのですが、ご先祖のご家族だって同じ墓に入っていますし、本家もあんまりお盆とかやってないって聞いたので、本家の方のご先祖様もだーっと流れてきてるのかも……と考えました。
 
 一応、うちは昔は大きい農家だったので、人を雇ったり田を貸して農作業していたこともあったそうです。
 馬小屋もあったしなあ。で、馬の世話をする人も雇っていたり。

 先の大地震で、お稲荷様が何体か欠けてしまったので、近くの稲荷大社に割れたお稲荷様をお返しして、新しいお稲荷様を買ってきたようです。
 一口に「お稲荷様」って言ってますが、いわゆる本物のお稲荷様であるダキニ天ではなく、その眷属の狐ですね、祀ってるのは。
 狐は五穀豊穣の象徴なので、農家を主に広まったとされています。お金の神様でもあるので、商人が祀っていることもあるそうですね。

 まあ……今は、貧乏は貧乏ですよ。うちも。
 土地を売ったりもしたそうです。でもまあ、まだ持ち家があるから大丈夫だね。
 以前、占いを趣味にしている人に見て貰ったら、父親に「小金持ちの線」があると言われたようです。「お金はそんなに貯まらないけど、困りもしない線」だそうです。
 まあ、困らないならいいやね。

 一応、うちには天照大神・阿弥陀如来・お稲荷様・ショウキ様・大黒様・恵比寿様がおられます。
 神様過多な気もしますが、そんなもんかねえ!(松っちゃん)
 ちなみに、テレビでやってた豆知識なのですが、神棚は東向きか南向きに、仏壇は東を向いて西に置くそうです。
 東と南は太陽が当たるとのことですが、仏壇を西に置くのは、仏教では西側が「西方浄土」といって極楽浄土のある方角が西なのだそうです。

かみな、仏像を買う。

 かみなさん、仏像を買う。
 
 ってことで、昨日の「ぶっちゃけ寺」で仏像の美しさに感銘を受け、勢いでポチってしまいました。一応、自分の家の宗派も調べて(浄土宗)、私の干支の護りである阿弥陀様から始めることにしました。

 しかし、今日来た「納期について」のメールで、「職人休暇のため、正確な納期は18日まで不明です」と書かれており、ちょっとしゅん……としましたよ。
「お急ぎの場合は、キャンセルも受け付けております」って書いてあったのですが、まあ……これも何かの縁ですよね。

 ちなみに、「仏様は家庭に2つあってもいいの?」という話ですが、「仏様が安らげないので1家庭に1つが望ましい」という意見もあれば「うちは仏壇2つありますよ。そういう家庭も多いらしいです」という意見もあり。
 まあ、私は、「神棚も仏壇も共存してるんだから、1つ仏様が増えたくらいでどうこう言ってくる神様・仏様もいないだろ」と思っています。

 調べてみると、仏像のフィギュアとかもあるらしいですね。毘沙門天とか仁王様が人気のようです。
 フィギュアから始めるのもアリかなー……とも思ったのですが、仏像自体そんなにお高くないので(1万円くらいから探せばある)本気で祀るのだったら仏像を買ってしまうのも良いです。
 ネットだと1万円前後の仏像が、仏具店では10万台ってこともあります。だから、ネットで買ってしまう方が安上がりになりますよ。

 あと、神道だと「月のものがある女性はごにょごにょ」とかあるのですが、仏様は「そんなの関係ねー」ってスタンスです。これも、親鸞の教えからなんですからね。
 昔は、仏教でも女性は軽んじられていたのですが、親鸞がとある日、女性信者に「私はそろそろ月のものになりそうですが、仏様に失礼に当たるのではないでしょうか」と言われ、笑って「問題ありません。どうぞお好きなときにおいでください。仏様はそれくらいでお怒りになられたりはいたしません」と言ったところ、その女性が涙を流し、両手を合わせて「ありがたい、ありがたい」と言うので「女性はこんなにも軽んじられていたのか!」と考えたといいます。
 そこで、親鸞が「浄土真宗」を作った際に掲げたのが「女人往生」だったのです。女性もあの世では同じ、阿弥陀様に救っていただける、という教えですね。

 阿弥陀様というと、あの世の仏様というのが一般的ですが、「現世利益」もあるんですよ。
 ただ、阿弥陀様はあくまでサポート。ゲームで言うならヒーラー・バッファーです。「手助けはするけど、実際に道を切り開いていくのはお前たちだよ?」という感じですね。
 
 阿弥陀様をお祀りしている宗派は、多岐にわたります。
 ただ、立像か座像かでも宗派が分かれるので、像を買う場合は宗派を確認してください。……フィギュアの延長として買うのでしたら、お好きな像でも良いんですけどね。
 基本的に如来っていうのは、どっしりと座った形で彫られるのが一般的なのですが、阿弥陀様の場合、「死者と生者を導く」という意味で立ったままの姿で彫られていることもあります。
 絵では、「亡者がちゃんとついてきているか振り返りながらあの世を進む阿弥陀様」というコンセプトの絵もあるんです。阿弥陀様というのは、慈悲の神様なんですねえ。

 もちろん、阿弥陀様以外の仏様が良いのなら、そちらでも問題ないのですが。
 どの仏様に祈っても、功徳は変わりません。その仏様の手に余る願いだったのなら、仏様同士は仕事仲間ですので「この案件、あなた向きだからよろしく」とまた別の仏様への橋渡しになってくださいます。
 
 私も、気合い入れてお祈りしたいと思います。